ルカの福音書 2:1-20

イエスの誕生

そのころ、皇帝アウグストが全ローマ帝国の住民登録をせよと命じました。 これは、クレニオがシリヤの総督だった時に行われた最初の住民登録でした。 登録のため、国中の者がそれぞれ先祖の故郷へ帰りました。 ヨセフは王家の血筋だったので、ガリラヤ地方のナザレから、ダビデ王の出身地ユダヤのベツレヘムまで行かなければなりません。 婚約者のマリヤも連れて行きましたが、この時にはもう、マリヤのお腹は目立つほどになっていました。 そして、ベツレヘムにいる間に、 マリヤは初めての子を産みました。男の子です。彼女はその子を布でくるみ、飼葉おけに寝かせました。宿屋が満員で、泊めてもらえなかったからです。

その夜、町はずれの野原では、羊飼いが数人、羊の番をしていました。 そこへ突然、天使が現れ、主の栄光があたり一面をさっと照らしたのです。これを見た羊飼いたちは恐ろしさのあまり震え上がりました。 天使は言いました。「こわがることはありません。これまで聞いたこともない、すばらしい出来事を知らせてあげましょう。すべての人への喜びの知らせです。 今夜、ダビデの町(ベツレヘム)で救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。 布にくるまれ、飼葉おけに寝かされている幼子、それが目じるしです。」 するとたちまち、さらに大ぜいの天使たちが現れ、神をほめたたえました。

「天では、神に栄光があるように。
地上では、平和が、
神に喜ばれる人々にあるように。」

天使の大軍が天に帰ると、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださった、すばらしい出来事を見てこようではないか」と、互いに言い合いました。 羊飼いたちは息せき切って町まで駆けて行き、ようやくヨセフとマリヤとを捜しあてました。飼葉おけには幼子が寝ていました。 何もかも天使の言ったとおりです。羊飼いたちはこのことをほかの人に話して聞かせました。 それを聞いた人たちはみなひどく驚きましたが、 マリヤはこれらのことをすべて心に納めて思い巡らしていました。 羊飼いたちは、天使が語ったとおり幼子に会えたので、神を賛美しながら帰って行きました。

Read More of ルカの福音書 2