Bibelen på hverdagsdansk

Joels Bog 2:1-27

Græshoppeplagen ses som et tegn på og forvarsel om Guds dom

1Blæs i vædderhornet fra Zion. Lad præsterne sende signal fra Herrens hellige bjerg. Alle mennesker vil skælve, for dommens dag er nær.

2Det bliver en mørk og dyster dag med kulsorte skyer på himlen. Som morgenlyset breder sig over bjergene, bevæger en mægtig fjendehær sig frem. Aldrig før har man set så vældig en hær, og aldrig siden skal man se dens lige. 3Den stormer frem som en steppebrand. Foran den ligger landet grønt og frugtbart som Edens have, bagved den er landet øde som en ørken. Intet undslipper. 4Det ligner en hær af heste, som stormer frem til angreb. 5De springer hen over bjergene med en larm som stridsvogne i fuld fart. Man hører en knitren som en stubmark, der brænder. De rykker frem som en mægtig hær i kampformation. 6Folkeslag gribes af frygt for dem, og alle ansigter bliver ligblege.

7De stormer frem som veltrænede soldater og forcerer enhver forhindring. De styrer lige mod målet uden at komme ud af kurs. 8De går ikke i vejen for hinanden, men holder retningen. De trænger frem gennem en regn af spyd, og lader sig ikke standse. 9De kaster sig over byen. De løber oven på bymuren. De trænger ind i husene. De klatrer gennem vinduerne, som var de tyve. 10Jorden skælver foran dem, og himlens kræfter rystes. Solen og månen formørkes, og stjernerne holder op med at skinne.

11Herren fører an med et højt kommandoråb, for det er hans mægtige, talløse hær. En enorm skare står parat til at udføre hans ordrer. Det bliver en frygtelig dag, når Herren fælder sin dom. Hvem kan udholde den dag?

Et kald til omvendelse

12Herren siger: „Vend om til mig, mens der endnu er tid! Søg mig af hele jeres hjerte med anger, gråd og faste. 13Sønderriv jeres hjerter, ikke jeres tøj.”2,13 Det var skik dengang at sønderrive sin yderkjortel som tegn på sorg og fortvivlelse.

Vend om til Herren, jeres Gud, for han er nådig og barmhjertig. Der skal meget til, før han bliver vred, og han omslutter jer med sin trofaste kærlighed. Han er parat til at eftergive straffen. 14Hvem ved? Det kan være, han standser straffen og velsigner jer i stedet, så der igen kan bringes afgrødeofre og drikofre til Herren, jeres Gud.

15Blæs nu I vædderhornet fra Zions bjerg! Kald folket sammen til faste og bod. 16Alle skal samles, både gamle og børn, ja selv spædbørn. Lad brudepar afbryde deres fest for at komme herhen.

17Guds tjenere, præsterne, skal stille sig op mellem indgangen til templet og alteret, så de grædende kan gå i forbøn for landet. „Herre, skån dit folk,” skal de bede. „Lad ikke de andre folkeslag håne os og sige: ‚Hvor er jeres Gud, som skulle hjælpe jer?’ ”

Herren griber ind

18Da de havde gjort det, fik Herren medlidenhed med sit folk, og viste sin nidkærhed for det land, han havde givet dem. 19Han svarede på sit folks bøn og sagde: „Jeg vil give jer korn, olivenolie og vin, så der er rigeligt til alle. I skal ikke længere hånes af de andre folkeslag. 20Jeg vil fjerne hæren af græshopper fra nord. Størsteparten drives ud i ørkenen, mens fortropperne drukner i Det Døde Hav og bagtropperne i Middelhavet. Der bliver en voldsom stank af død.”

Herren har gjort store ting! 21Nu skal alle glæde og fryde sig, for Herren har gjort store ting for os. 22Dyrene glæder sig, for græsset bliver grønt, og træerne bærer frugt. Figentræer og vinstokke giver igen en rigelig høst.

23Jerusalem, fryd dig over Herren, din Gud, for regnen, han sender, er et tegn på hans godhed. Han sender rigeligt med efterårsregn og forårsregn som før. 24Tærskepladsen skal fyldes med korn, persekarret flyde over med druesaft og olivenpressen med olie.

25Herren siger: „Jeg vil erstatte det, I mistede i de år, da græshopperne åd jeres afgrøder. Det var mig, der sendte den store hær imod jer. 26-27Men nu skal I spise og blive mætte, og I skal takke og lovprise mig for den store nåde, jeg har vist jer. Aldrig igen skal mit folk opleve en lignende katastrofe. I skal få at se, at jeg er midt iblandt mit folk, Israel, og at jeg alene er Herren, jeres Gud.

Japanese Contemporary Bible

ヨエル書 2:1-32

2

いなごの軍隊

1さあ、エルサレムに警報を鳴らせ。

わたしの聖なる山に警告の角笛を響かせよ。

すべての者よ、恐れおののけ。

主のさばきの日が近づいているからだ。

2それは陰うつな暗闇の日、暗雲の重く垂れ込めた日。

なんという大軍か。

山々を夜のように覆い尽くしている。

なんと大きく、何と強力な「民」であることか。

このような民は、

世界が始まって以来見たこともないし、

これから見ることもないだろう。

3その行く先々に火の手が上がり、回りにも広がる。

前には、エデンの園のように美しい地が

広がっているが、彼らはそれを根こそぎ破壊する。

4まるで小馬のように、すばやく駆け回る。

5山々の頂を跳びはねる様子を見よ。

そのざわめきに耳を傾けよ。

まるで戦車の押し寄せる響きか、

野原をなめ尽くす炎の音のよう、

また、戦場に突入する強大な軍隊のようである。

6迎える民は、恐怖のあまり青ざめる。

7その「兵士」は歩兵のように突撃し、

えり抜きの精兵のように城壁をよじ登る。

列を乱すことなく、まっすぐに進む。

8互いに群がることもなく、整然と行進する。

どんな武器も、彼らを止めることができない。

9たちまち町に殺到し、城壁をよじ登る。

窓から押し入る強盗のように、家々の壁をもよじ登る。

10彼らの前で、地は揺れ動き、天も震え上がる。

太陽と月は光を失い、星も姿を消す。

11主はひと声で、彼らを指揮する。

これは主の大軍で、主の命令に従う。

主のさばきの日は実に恐ろしい。

だれが、それに耐えることができるだろうか。

心を引き裂きなさい

12だから、主はこう言うのです。

「まだ間に合ううちに、今、わたしのところに戻れ。

心をすべてわたしに向けよ。

断食し、嘆き悲しみながら来なさい。

13悪かったと心底から認め、衣を引き裂くのではなく、

心を引き裂け。」

あなたがたの神、主のもとに戻りなさい。

主は恵み深く、あわれみに富んでいるからだ。

親切で、すぐに怒ることはなく、

あなたがたを何とか罰しないでおこうとしている。

14だれが知るだろう。

もしかすると、主はあなたがたをそのままにして、

恐ろしいのろいをやめて祝福を下さるかもしれない。

以前と変わらず、

主に穀物とぶどう酒をささげることができるように、

たくさん与えてくださるかもしれない。

15シオンで角笛を吹き鳴らせ。

断食を呼びかけ、民を聖なる集会のために集めなさい。

16老人も子どもも赤ん坊も、

みな連れて来なさい。

花婿を寝室から、花嫁をその部屋から呼び出しなさい。

17神に仕える祭司たちは、民と祭壇の間に立って、

泣きながら祈るがいい。

「神様、あなたの民をお救いください。

あなたに属する者たちなのですから、

異教徒の支配下に置かないでください。

『彼らの神はどこにいるのか。

きっと弱くて、何もできないのだろう』と、

異教徒にあざけられないようにしてください。」

主からの答え

18すると主は民をかわいそうに思い、

ご自分の地の名誉が傷つけられることに憤慨します。

19主はこのように答えます。

「さあ、おまえたちが不自由しないように、

たくさんの穀物とぶどう酒と油を送ろう。

もう決しておまえたちを、

諸国の物笑いの種にはさせない。

20北からのこの軍隊を立ち退かせ、遠くへ追いやる。

からからに乾いた荒れ地に退かせ、彼らはそこで死ぬ。

半分は死海に追いやられ、

残りは地中海に押しやられる。

それからその死体の悪臭がこの地に満ちる。

主はあなたがたのために、

すばらしい奇跡を行われたのだ。」

21私の民よ、恐れるな。

さあ、楽しみ喜べ。

主が驚くべきことをしてくださったのだから。

22羊や牛の群れに、飢えを忘れさせよ。

牧場は再び緑に覆われる。

木々は実をつけ、

いちじくやぶどうも再び豊かな実りをもたらす。

23喜べ、エルサレムの民よ。

あなたがたの神、主を喜べ。

神が送る雨は、赦しの確かなしるしだ。

春に雨が降るように、秋にもまた雨が降る。

24脱穀場の床には再び小麦がうず高く積まれ、

圧搾機からはオリーブ油とぶどう酒があふれ出る。

25「わたしは、いなご――あなたがたを滅ぼすために

送り込んだ軍勢――が食い尽くした作物を返そう。

26再び、欲しいだけ食物を手に入れることができる。

このような奇跡を行った主を、ほめたたえよ。

わたしの民は、再びこのような災いに会わない。

27そしてあなたがたは、わたしの民イスラエルの中に

わたしが確かにいることを、また、わたしだけが

あなたがたの神、主であることを知る。

わたしの民は、

再びこのような打撃をこうむることはない。

主の日

28わたしは再び雨を注いだあと、

わたしはあなたがたすべてにわたしの霊を注ぐ。

その時、あなたがたの息子、娘は預言し、

老人は夢を見、若者は幻を見る。

29奴隷にさえも、男にも女にも同じように、

わたしの霊を注ぐ。

30地上にも大空にも、

不思議なしるし、血と火と煙の柱を置く。

31主の大いなる恐るべき日がくる前に、

太陽は暗くなり、月は血に変わる。

32主の名を呼び求める者はみな、救われる。

主が約束したように、

エルサレムにも幾人か難を逃れる者がいる。

主が幾人かを選んで、生き残るようにしたからだ。」