New International Version – UK

Song of Songs 6:1-13

Friends

1Where has your beloved gone,

most beautiful of women?

Which way did your beloved turn,

that we may look for him with you?

She

2My beloved has gone down to his garden,

to the beds of spices,

to browse in the gardens

and to gather lilies.

3I am my beloved’s and my beloved is mine;

he browses among the lilies.

He

4You are as beautiful as Tirzah, my darling,

as lovely as Jerusalem,

as majestic as troops with banners.

5Turn your eyes from me;

they overwhelm me.

Your hair is like a flock of goats

descending from Gilead.

6Your teeth are like a flock of sheep

coming up from the washing.

Each has its twin,

not one of them is missing.

7Your temples behind your veil

are like the halves of a pomegranate.

8Sixty queens there may be,

and eighty concubines,

and virgins beyond number;

9but my dove, my perfect one, is unique,

the only daughter of her mother,

the favourite of the one who bore her.

The young women saw her and called her blessed;

the queens and concubines praised her.

Friends

10Who is this that appears like the dawn,

fair as the moon, bright as the sun,

majestic as the stars in procession?

He

11I went down to the grove of nut trees

to look at the new growth in the valley,

to see if the vines had budded

or the pomegranates were in bloom.

12Before I realised it,

my desire set me among the royal chariots of my people.6:12 Or among the chariots of Amminadab; or among the chariots of the people of the prince

Friends

13Come back, come back, O Shulammite;

come back, come back, that we may gaze on you!

He

Why would you gaze on the Shulammite

as on the dance of Mahanaim?6:13 In Hebrew texts this verse (6:13) is numbered 7:1.

Japanese Contemporary Bible

雅歌 6:1-13

6

エルサレムの娘たち

1だれよりも美しい人よ。

あなたの愛する人はどこへ行ったのですか。

その方を捜してあげましょう。」

おとめ

2あの方は、ご自分の庭園、香料の花壇へ行きました。

羊の群れを飼い、ゆりの花を集めるためです。

3私は愛する方のもの、愛する方は私のもの。

あの方は、ゆりの花の間で羊の群れを飼っています。」

ソロモン王

4愛する人よ。

あなたは眺めのよいティルツァ(サマリヤの東にある町)のように美しく、

エルサレムのように愛らしい。

あなたは私をとりこにした。

5そんなに見つめないでくれ。

あなたの目に、吸い込まれてしまいそうだ。

あなたの顔にゆれる髪は、

ギルアデの山腹を跳びはねて降りて来る

やぎの群れのようだ。

6歯は、体を洗い流したばかりの雌羊のように、

真っ白で、きれいな歯ならびだ。

7髪の毛のかかる頬はなんともかわいらしい。

8私には、王妃が六十人、そばめは八十人、

おとめたちは数知れずいる。

9だが、あなたのような完全な女性は、

ただの一人もいない。

エルサレムの女たちは、あなたを見て歓声を上げた。

王妃やそばめたちでさえ、あなたをほめそやした。

10『夜明けのように上ってきて、

月のようにおしとやかな、太陽のように明るい、

私たちを魅了してしまうこの方は、

いったいだれですか』と。」

おとめ

11私はくるみ林と谷へ行ってみました。

春の訪れを知りたかったからです。

ぶどうの木が芽を吹いたか、

もう、ざくろの花が咲いたかを見に。

12でも、いつしか生まれ故郷がたまらなく恋しくなり、

帰りたくなりました。」

エルサレムの娘たち

13シュラムの娘さん、帰って来てください。

私たちのところへ戻って来てください。

もう一度、あなたの顔を見たいのです。」

おとめ

「どうして、ただのシュラムの女を、

そんなに見たいのですか。」

ソロモン王

「それは、あなたが見事な舞を見せるからだ。」