New Amharic Standard Version

ምሳሌ 26:1-28

1በረዶ በበጋ፣ ዝናብ በመከር እንደማያስፈልግ ሁሉ፣

ክብርም ለተላላ አይገባውም።

2ክንፎቿን እንደምታርገበግብ ድንቢጥ ወይም ቱር እንደምትል ጨረባ፣

ከንቱ ርግማንም በማንም ላይ አይደርስም።

3ለፈረስ አለንጋ፣ ለአህያ መሸበቢያ፣

ለተላላ ጀርባም በትር ይገባዋል።

4ቂልን እንደ ቂልነቱ አትመልስለት፤

አለዚያ አንተም ራስህ እንደ እርሱ ትሆናለህ።

5ቂልን እንደ ቂልነቱ መልስለት፤

አለዚያ ጠቢብ የሆነ ይመስለዋል።

6በተላላ እጅ መልእክትን መላክ፣

የገዛ እግርን እንደ መቊረጥ ወይም ዐመፃን እንደ መጋት ነው።

7በቂል አንደበት የሚነገር ምሳሌ፣

ሰላላ የሽባ ሰው እግር ነው።

8ለተላላ ክብር መስጠት፣

በወንጭፍ ላይ ድንጋይ እንደ ማሰር ነው።

9በአላዋቂ አንደበት የሚነገር ምሳሌ፣

በሰካራም እጅ እንዳለ እሾኽ ነው።

10ቂልን ወይም የትኛውንም ዐላፊ አግዳሚ የሚቀጥር፣

ፍላጻውን በነሲብ እየወረወረ ወገኖቹን እንደሚያቈስል ቀስተኛ ነው።

11ውሻ ወደ ትፋቱ እንደሚመለስ ሁሉ፣

ተላላም ቂልነቱን ይደጋግማል።

12ራሱን እንደ ጠቢብ የሚቈጥረውን ሰው አይተሃልን?

ከእርሱ ይልቅ ለተላላ ተስፋ አለው።

13ሰነፍ፣ “በመንገድ ላይ አንበሳ አለ፤

አስፈሪ አንበሳ በአውራ ጐዳና ላይ ይጐማለላል” ይላል።

14መዝጊያ በማጠፊያው ላይ እንደሚዞር፣

ሰነፍም በዐልጋው ላይ ይገላበጣል።

15ሰነፍ እጁን ወጭት ውስጥ ያጠልቃል፤

ወደ አፉ ለመመለስ ግን እጅግ ይታክታል።

16በማስተዋል መልስ ከሚሰጡ ከሰባት ሰዎች ይልቅ፣

ሰነፍ ራሱን ጠቢብ አድርጎ ይቈጥራል።

17በሌሎች ጠብ ጥልቅ የሚል መንገደኛ፣

የውሻ ጆሮ እንደሚይዝ ሰው ነው።

18ትንታግ ወይም የሚገድል ፍላጻ እንደሚወረውር ዕብድ፣

19“ቀልዴን እኮ ነው” እያለ

ባልንጀራውን የሚያታልል ሰውም እንደዚሁ ነው።

20ዕንጨት ከሌለ እሳት ይጠፋል፤

አሾክሻኪ ከሌለም ጠብ ይበርዳል።

21ከሰል ፍምን፣ ዕንጨትም እሳትን እንደሚያቀጣጥል፣

አዋኪ ሰውም ጠብን ያባብሳል።

22የሐሜተኛ ቃል እንደ ጣፋጭ ጒርሻ ነው፤

ወደ ሰው ውስጠኛው ክፍል ዘልቆ ይገባል።

23ክፋትን በልብ ቋጥሮ ለስላሳ ቃል የሚናገር ከንፈር፣

በብር ፈሳሽ26፥23 ወይም በሚያብለጨልጭ ነገር እንደ ተለበጠ የሸክላ ዕቃ ነው።

24ተንኰለኛ በከንፈሩ ይሸነግላል፤

በልቡ ግን ክፋትን ይቋጥራል።

25ንግግሩ ማራኪ ቢሆንም አትመነው፤

ሰባት ርኵሰት ልቡን ሞልቶታልና።

26ተንኰሉ በሽንገላው ይሸፈን ይሆናል፤

ነገር ግን ክፋቱ በጉባኤ ይገለጣል።

27ጒድጓድ የሚምስ ራሱ ይገባበታል፤

ድንጋይ የሚያንከባልልም ተመልሶ በላዩ ላይ ይገለበጥበታል።

28ሐሰተኛ ምላስ የጐዳቻቸውን ትጠላለች፤

ሸንጋይ አንደበትም ጥፋትን ታመጣለች።

Japanese Contemporary Bible

箴言 知恵の泉 26:1-28

26

1愚か者がほめられるとしたら、真夏に雪が降り、

太陽が西から昇っても不思議はありません。

2雀やつばめが、すいすい飛び回っている限り

だれにも害を与えないように、

理由もなく人にのろわれることはありません。

3ろばはくつわをかけることによって、

馬や、反対ばかりする者は、

むちで打つことによって言うことを聞かせます。

4-5反対する者と議論するときは、

相手のペースに乗せられないように気をつけなさい。

そうでないと、同じような愚か者になります。

愚かなことを言う相手には、

わざととぼけた返事をして、

うぬぼれさせないようにしなさい。

6反対する者を信用してことづけを頼むのは、

自分で足を切り、毒を飲むように愚かなことです。

7どんなにもっともらしく語っても、

愚か者の言うことは、

しびれた足のように役立ちません。

8反対する者に高い地位を与えるのは、

銃に弾をこめるように危険です。

9酔っぱらいがいばらを握っても痛さを感じないように、

反対する者が教訓を語っても、少しも心に訴えません。

10腕は良くても言うことを聞かない工員より、

新人の工員のほうが良い仕事をすることがあります。

11犬が自分の吐いた物をまた食べるように、

愚か者は何度でも愚かなことをします。

12愚か者より始末の悪いのはうぬぼれが強い者です。

13怠け者は仕事にも出かけず、

「外にライオンがいるかもしれない」

と言いわけします。

14彼はちょうどドアがちょうつがいで回るように、

寝床でごろごろしています。

15皿から口に食べ物を運ぶことさえ面倒くさがります。

16それでいて自分は、

知恵ある人を七人束にしたより利口だと

うぬぼれるのです。

17関係もないことに口出しするのは、

犬の耳を引っ張るのと同じくらいばかげています。

18-19人をだましておきながら、

「ちょっとからかっただけだ」としらばくれる者は、

手当たりしだい物を投げつける

気がおかしくなった人のように危険です。

20たきぎがなければ火は消え、

うわさがやめば争いもなくなります。

21マッチ一本で簡単に火がつくように、

争い好きな人はすぐにけんかを始めます。

22うわさ話は、おいしいごちそうのように

食欲をそそります。

23素焼きの土器でも、

きれいな上薬をかければ上等に見えるように、

お世辞がうまいと悪意を隠せます。

24-26憎しみを抱く者も、

表面は愉快そうにしています。

でも信じてはいけません。

うまいことを言われても油断しないようにしなさい。

心の中では、あなたをのろっているからです。

どんなに親切そうにしても憎しみは隠せません。

27罠をしかければ自分がかかり、

人に向かって石をころがすと、

石が戻ってきて、その下敷きになります。

28お世辞は憎しみが形を変えただけで、

人をひどく傷つけます。