Japanese Living Bible

雅歌 4

愛する人よ。あなたはなんと美しいのだろう。
私は全く心を奪われてしまっている。
その鳩のような目がきれいだ。
あなたの顔にかかる髪は、
ギルアデの山腹を跳ね回るやぎの群れのようだ。
あなたの歯は、
毛を刈って体を洗ってもらったばかりの
羊の群れのように真っ白で、きれいな歯ならびだ。
くちびるは赤い糸のようで、
かわいらしい口もとが魅力的だ。
巻き毛のかかる頬は愛らしく、ふくよかだ。
首は、千人の英雄の盾で飾られた
ダビデのやぐらのようにしっかりしている。
二つの乳房は、ゆりの間で草を食べている
ふたごの子鹿のようだ。
夜が明け、影が消えるまでに、
私は没薬の山、香料の丘に行っていよう。
愛する人よ。あなたのすべてが美しい。
あなたには何の汚れもない。
花嫁よ、私といっしょにレバノンから来なさい。
山の頂上から、ヘルモン山の頂から見下ろしてみよう。
そこにはライオンのほら穴があり、
ひょうがうろついている。
美しい花嫁よ。あなたは私をとりこにしてしまった。
あなたのただ一度のまなざしと、
首飾りのただ一つの宝石で、
私はすっかり心を奪われてしまった。
10 いとしい花嫁よ。あなたの愛はなんと甘いことか。
ぶどう酒も比べものにならない。
あなたの愛の香水は、
最高の香料よりかぐわしい香りを放っている。
11 いとしい人よ。
あなたのくちびるは、はちみつでできている。
舌の裏にはみつとクリームがある。
あなたの服は山やレバノン杉の香りがする。
12 私のいとしい花嫁は、ほかの人の入れない庭園、
私だけの泉だ。
13-14 あなたはまるで最高の実の取れる、
すばらしい果樹園のようだ。
そこでは、ナルド、サフラン、しょうぶ、
シナモン、没薬、アロエをはじめ、
さまざまな最上の香料が取れる。
15 あなたは庭園の泉、湧き水の井戸で、
レバノンの山々から流れ落ちる冷たい水のように、
私をさわやかな気分にしてくれる。」

おとめ

16 北風よ、さあ吹いておくれ。
南風よ、私の庭に吹いて、
愛する方のもとに香りを届けておくれ。
あの方がご自分の庭に来て、
最上の実を召し上がるように。」

ソロモン王