Japanese Living Bible

箴言 知恵の泉 26

1愚か者がほめられるとしたら、真夏に雪が降り、
太陽が西から昇っても不思議はありません。
雀やつばめが、すいすい飛び回っている限り
だれにも害を与えないように、
理由もなく人にのろわれることはありません。
ろばはくつわをかけることによって、
馬や、反対ばかりする者は、
むちで打つことによって言うことを聞かせます。
4-5 反対する者と議論するときは、
相手のペースに乗せられないように気をつけなさい。
そうでないと、同じような愚か者になります。
愚かなことを言う相手には、
わざととぼけた返事をして、
うぬぼれさせないようにしなさい。
反対する者を信用してことづけを頼むのは、
自分で足を切り、毒を飲むように愚かなことです。
どんなにもっともらしく語っても、
愚か者の言うことは、
しびれた足のように役立ちません。
反対する者に高い地位を与えるのは、
銃に弾をこめるように危険です。
酔っぱらいがいばらを握っても痛さを感じないように、
反対する者が教訓を語っても、少しも心に訴えません。
10 腕は良くても言うことを聞かない工員より、
新人の工員のほうが良い仕事をすることがあります。
11 犬が自分の吐いた物をまた食べるように、
愚か者は何度でも愚かなことをします。
12 愚か者より始末の悪いのはうぬぼれが強い者です。
13 怠け者は仕事にも出かけず、
「外にライオンがいるかもしれない」
と言いわけします。
14 彼はちょうどドアがちょうつがいで回るように、
寝床でごろごろしています。
15 皿から口に食べ物を運ぶことさえ面倒くさがります。
16 それでいて自分は、
知恵ある人を七人束にしたより利口だと
うぬぼれるのです。
17 関係もないことに口出しするのは、
犬の耳を引っ張るのと同じくらいばかげています。
18-19 人をだましておきながら、
「ちょっとからかっただけだ」としらばくれる者は、
手当たりしだい物を投げつける
気がおかしくなった人のように危険です。
20 たきぎがなければ火は消え、
うわさがやめば争いもなくなります。
21 マッチ一本で簡単に火がつくように、
争い好きな人はすぐにけんかを始めます。
22 うわさ話は、おいしいごちそうのように
食欲をそそります。
23 素焼きの土器でも、
きれいな上薬をかければ上等に見えるように、
お世辞がうまいと悪意を隠せます。
24-26 憎しみを抱く者も、
表面は愉快そうにしています。
でも信じてはいけません。
うまいことを言われても油断しないようにしなさい。
心の中では、あなたをのろっているからです。
どんなに親切そうにしても憎しみは隠せません。
27 罠をしかければ自分がかかり、
人に向かって石をころがすと、
石が戻ってきて、その下敷きになります。
28 お世辞は憎しみが形を変えただけで、
人をひどく傷つけます。

New International Version

Proverbs 26

1Like snow in summer or rain in harvest,
    honor is not fitting for a fool.
Like a fluttering sparrow or a darting swallow,
    an undeserved curse does not come to rest.
A whip for the horse, a bridle for the donkey,
    and a rod for the backs of fools!
Do not answer a fool according to his folly,
    or you yourself will be just like him.
Answer a fool according to his folly,
    or he will be wise in his own eyes.
Sending a message by the hands of a fool
    is like cutting off one’s feet or drinking poison.
Like the useless legs of one who is lame
    is a proverb in the mouth of a fool.
Like tying a stone in a sling
    is the giving of honor to a fool.
Like a thornbush in a drunkard’s hand
    is a proverb in the mouth of a fool.
10 Like an archer who wounds at random
    is one who hires a fool or any passer-by.
11 As a dog returns to its vomit,
    so fools repeat their folly.
12 Do you see a person wise in their own eyes?
    There is more hope for a fool than for them.

13 A sluggard says, “There’s a lion in the road,
    a fierce lion roaming the streets!”
14 As a door turns on its hinges,
    so a sluggard turns on his bed.
15 A sluggard buries his hand in the dish;
    he is too lazy to bring it back to his mouth.
16 A sluggard is wiser in his own eyes
    than seven people who answer discreetly.

17 Like one who grabs a stray dog by the ears
    is someone who rushes into a quarrel not their own.

18 Like a maniac shooting
    flaming arrows of death
19 is one who deceives their neighbor
    and says, “I was only joking!”

20 Without wood a fire goes out;
    without a gossip a quarrel dies down.
21 As charcoal to embers and as wood to fire,
    so is a quarrelsome person for kindling strife.
22 The words of a gossip are like choice morsels;
    they go down to the inmost parts.

23 Like a coating of silver dross on earthenware
    are fervent[a] lips with an evil heart.
24 Enemies disguise themselves with their lips,
    but in their hearts they harbor deceit.
25 Though their speech is charming, do not believe them,
    for seven abominations fill their hearts.
26 Their malice may be concealed by deception,
    but their wickedness will be exposed in the assembly.
27 Whoever digs a pit will fall into it;
    if someone rolls a stone, it will roll back on them.
28 A lying tongue hates those it hurts,
    and a flattering mouth works ruin.

Footnotes

  1. Proverbs 26:23 Hebrew; Septuagint smooth