Japanese Living Bible

申命記 34

モーセの死

1モーセはモアブ平原から、エリコの向かいにあるネボ山に登り、ピスガの頂に立ちました。主に示されるままに約束の地を眺めると、ギルアデのずっと向こう、はるかかなたのダンまで見渡せます。 北から、ナフタリの領地、エフライムとマナセの領地、ユダの領地と続き、西は地中海まで広がっています。 ネゲブ、ヨルダン渓谷、なつめやしの町エリコ、それにツォアルも見えます。

主はモーセに語りました。「これが約束の地、いつか子孫にこの地を与えると、アブラハム、イサク、ヤコブに約束した地だ。あなたは今ようやくその国を見た。しかし、入ることは絶対に許されない。」

モーセは生涯、神に忠実に仕え、主が言われたとおりモアブの国で死にました。 主はモーセをモアブのベテ・ペオルの近くの谷に葬りましたが、その正確な場所を知る者はいません。 その時、モーセは百二十歳でしたが、まだ視力は衰えず、体力も若者のようでした。 イスラエル人は三十日間、モアブ平原でモーセのために喪に服しました。

ヌンの子ヨシュアは、知恵のあるりっぱな指導者でした。モーセがかつて、彼の頭に手を置いて任命したからです。そこで、人々はヨシュアの指導に従い、主がモーセに与えた戒めをそのとおり守りました。 10 モーセのような預言者はもう二度と現れませんでした。実に主が、面と向かって彼と話したのです。 11-12 神の命令で、モーセは目をみはるような奇跡を行いました。あれほどの奇跡は、その後なされたことはありません。彼は、エジプトでは王と宮廷の人々の前で、荒野ではイスラエル人の見ている前で、神の力を示すために驚くべき奇跡を行いました。