Japanese Living Bible

申命記 32

モーセの歌

1天よ、地よ、じっと耳をすませ、私のことばに。
こぬか雨や露のように静かに、
若草をぬらす雨のように心地よく、
山腹を駆ける夕立のように激しく、
私のことばは下る。
さあ、主の偉大さを告げよう。
主は、この上なくすばらしい方。
岩のように堅く、なさることはみな完全で正しく、
何事にも公平で忠実な方。
主はいつも潔白な方。
しかし、イスラエルは堕落し、罪に汚れてしまった。
強情で曲がったことばかりする。
もはや神の民ではない。
これが主への恩返しか。
愚かな民よ。
神は父親ではなかったか。
あなたの造り主ではなかったか。
あなたを強く育て上げた方ではなかったか。
昔を思い出せ。
父や老人に聞けば、すべてがはっきりするだろう。
世界を造られた時、
神は天使を遣わし、国々を監督させた。
だが、イスラエルは特別だ。
神ご自身のものだからだ。
10 獣の遠ぼえの聞こえる寂しい荒野を行く時、
神はまるで自分の目のようにイスラエルを守られた。
11 わしが翼を広げ、ひなを乗せて飛ぶように、
神はその国民を、翼に乗せて運ばれる。
12 主だけがイスラエルを指導し、
国民が外国の神々を知らずにいた時、
13 丘は豊かな実りを約束し、
ゆるやかに起伏する畑は肥えていた。
岩からはちみつが、石地からオリーブ油が採れた。
14 ほかにも、乳と肉、バシャンの極上の雄羊と雄やぎ、
最良の小麦、あわ立つぶどう酒と、
何でも欲しいだけあった。
15 イスラエルはじきに満腹し、丸々と太った。
ぜいたくに慣れて高慢になり、
自分を造った神を捨て、
救いの岩を軽んじた。
16 イスラエルは外国の神々のあとを追い、
神の激しい怒りを燃えさせた。
17 あろうことか、外国の神々、
それまで拝んだこともない神々に
いけにえをささげた。
18 生みの親である岩をけとばし、
いのちを与えてくれた神を忘れるとは。
19 神は憎しみに燃えた。
自分の息子、娘たちに侮辱されたのだ。
20 ついに神は言われた。
「強情で不信仰な者ども、
もうわたしは知らない。
どんなことになるか見ているがいい。
21 恨みを買ってでも、まやかし物の偶像を拝みたいのか。
ならば報いを与えよう。
あなたを捨て、
無知な異教の諸国民に救いを与えるから、
さんざん恨みごとを言うがいい。
22 わたしの怒りの炎は燃え上がり、
地とその産物を焼き尽くし、
山々をなめ尽くす。
23 息つくまもなく災いを下し、
次々と矢を放ち、射倒そう。
24 飢えと熱病と不治の病で痛めつけてもかまわない。
滅ぼしてしまおう。
野獣が彼らを八つ裂きにし、
毒蛇は獲物を求めて地をはい回る。
25 外には敵の剣、内には恐れ。
老人も若者も、乳飲み子さえも逃れられない。
26 あげくは、遠い国へ散り散りに追いやる。
そこに彼らがいたことさえ忘れさせるために。
27 だが、それでは敵の思うつぼだ。
『われわれがイスラエルを滅ぼした。
主なんかじゃない』と大言壮語させることになる。」

28 イスラエルは愚かな国、知恵のない、わからず屋。

29 ああ、少しでも知恵があり、ものわかりがよかったら、

自分の末路を見きわめることもできたろうに。
30 彼らの岩である主が見捨てず、
滅ぼそうとされなかったら、
一人の敵が千人を追い散らし、
二人が万人を敗走させることもなかったろうに。
31 この岩にまさる岩はどこにもない。
敵も、神々への祈りがむなしいことを知っている。
32 彼らの行いは、ソドム、ゴモラの人たちと同じで、
苦々しい毒がある。
33 彼らの飲むぶどう酒はまむしの毒液だ。
34 「だがイスラエルは、わたしの取っておきの国民、
倉に納めた宝だ。
35 復讐はわたしの務め、
イスラエルの敵には罰を下す。
判決はすでに下った。」
36 神はイスラエルをさばき、
彼らの失敗を優しくかばわれる。
奴隷も自由人も力が衰えていくのを見て、
37 こう言われる。
「ほかの神々はどこへ行った。
頼みの岩はどうしたのだ。
38 あぶら身やぶどう酒をささげた神々はどうなったのか。
さあ、神々を奮い立たせて助けてもらうがいい。
39 どうだ、よくわかったか。
ほんとうの神はわたしだけなのだ。
殺すも生かすも、
傷つけるのも癒やすのも、思いのまま。
わたしの手から救い出せる者はいない。
40-41 手を天に差し伸べ、わたしの存在をかけて誓おう。
きらめく剣をとぎすまし、敵に刑罰を下す。
42 矢は血に酔いしれ、剣は肉と血をむさぼる。
刺し殺され、捕らわれた者の肉と血を。
敵の頭は血にまみれる。」
43 異教の国民よ、神の国民をたたえよ。
神は彼らのかたきを討ち、
御国と民をきよめられたから。

44-45 モーセはヨシュアとともにこの歌を歌い終えると、 46 人々に命じました。「今日与えた律法をすべて心に留め、子どもたちに教えなさい。 47 この律法は、ただ意味もなくことばを並べてあるのではありません。あなたがたのいのちそのものです。この律法を守れば、ヨルダン川の向こうの、これから占領する地で、長く生きることができる。」

48 同じ日、主はモーセに告げて語りました。 49 「エリコに向かい合った、モアブのアバリム高地にあるネボ山に登りなさい。頂上から、わたしがイスラエル人に与えるカナンの国を見渡すのだ。 50 兄のアロンがホル山で死に、先祖の仲間入りをしたように、あなたもその国を見たら、先祖の仲間入りをしなければならない。 51 ツィンの荒野のメリバテ・カデシュの泉でしたことの報いだ。あの時あなたは、わたしの神聖さを人々に示さなかった。 52 だから、約束の地を目の前にしながら、入って行くことはできない。」