Japanese Living Bible

民数記 15

ささげ物についての追加規定

11-2 主はモーセに命じて、人々にこう言わせました。「あなたがたの子が、ついにわたしの与える地に住み、 3-5 わたしを喜ばせるために、焼き尽くすいけにえをはじめ、火で焼くいけにえをささげる場合には、次のようにしなさい。いけにえは羊かやぎ、あるいは牛にし、普通のものも、誓願を果たすためのものも、自分から進んでささげるものも、年ごとの祭りのときにささげるものも、それぞれ穀物の供え物、飲み物の供え物といっしょにささげなさい。子羊をささげるときは、〇・九五リットルの油で混ぜた上等の小麦粉二・三リットルを、〇・九五リットルのぶどう酒といっしょにささげなさい。

雄羊の時は、一・三リットルの油で混ぜた上等の小麦粉四・六リットル、 さらに、わたしへのなだめの香りとして、ぶどう酒一・三リットルをささげなさい。

8-10 若い牛のときは、一・九リットルの油で混ぜた上等の小麦粉六・九リットルとぶどう酒一・九リットル。これを火で焼くと、とても良い香りがする。

11-12 以上が牛、雄羊、子羊、子やぎのいけにえといっしょにささげる物についての決まりである。 13-14 火で焼くささげ物をしてわたしを喜ばせようと思う者は、イスラエル人でも、在留外国人でも、みなこの決められたことを守らなければならない。 15-16 おきてはだれに対しても同じであり、このことは代々にわたって変わらない。わたしの前では、すべての人が平等だから、すべての人が同じおきてを守らなければならない。」

17-18 主はさらにモーセに告げて言いました。「人々にこう教えなさい。『約束の国に着いたら、 19-21 毎年、収穫の一部を主にささげなさい。ささげるときはこうする。小麦の初物の粗びき粉でドーナツ型のパンを焼き、それを祭壇の前で前後に揺り動かしてささげる。これが小麦粉のささげ方で、代々このように行わなければならない。

22 うっかりして、わたしが教えた指示を守らなかったり、 23-24 命じられた日から、命令を一つでも守らなかった場合、失敗を素直に認め、民が無知ゆえに守らなかったのなら、焼き尽くすいけにえとして若い雄牛を一頭ささげなさい。わたしはその香りを受け入れる。また、いつもの穀物の供え物、飲み物の供え物といっしょに、罪の赦しのためのいけにえとして、雄のやぎを一頭ささげなさい。

25 それから、祭司が民全体の罪を償う儀式をすれば、彼らは赦される。この場合は、間違って罪を犯したのだから、神に、火で焼くいけにえと罪の赦しのためのいけにえをささげることによって償うことができる。 26 民全体の罪は、在留外国人も含めて、このようにして赦される。

27 また個人が過って罪を犯した場合は、一歳の雌やぎを一頭、罪の赦しのためのいけにえとしてささげなさい。 28 祭司はその者が赦されるように、罪を償う儀式をする。 29 在留外国人の場合も同じである。

30 しかし、イスラエル人でも在留外国人でも、故意に罪を犯した者は神を冒瀆する者で、殺されなければならない。 31 主のことばを軽んじ、わざとその命令を破った罰だ。』」

安息日の違反

32 人々が荒野にいたある日のことです。安息日にたきぎを集めているのが見つかって、 33 一人の男が捕らえられました。男は、モーセとアロン、他の指導者たちの前に連れて来られましたが、 34 どう裁いてよいかわからず、ひとまず監禁しておくことになりました。

35 やがて、主はモーセに言いました。「あの男を死刑にしなさい。宿営の外で、全員が石を投げつけて殺さなければならない。」

36 そこで人々は、男を宿営の外へ引いて行き、命じられたとおりに処刑しました。

37-38 主はまた、モーセに命じました。「人々にこう言いなさい。『着物のすその四隅に青いひもで房をつけなさい。これから代々そうするのだ。 39 その房を見るたびに、わたしの命令を思い出すためだ。もう以前のように、自分勝手にやりたいことをやったり、他の神々に仕えたりしてはいけない。主のおきてをしっかり守りなさい。 40 その房は、イスラエルの神だけに従っていかなければならないことを思い出させてくれるだろう。 41 あなたがたをエジプトから助け出したのはわたしである。わたしがあなたがたの神なのだ。』」