Japanese Living Bible

歴代誌Ⅰ 7

イッサカルの子孫

1イッサカルの子はトラ、プア、ヤシュブ、シムロン。

トラの子は次のとおりで、みな氏族の長となりました。ウジ、レファヤ、エリエル、ヤフマイ、イブサム、シェムエル。

ダビデ王の時代には、これらの諸氏族出身の勇士は総計二万二千六百人にのぼりました。

ウジの子はイゼラヘヤ。イゼラヘヤの息子はミカエル、オバデヤ、ヨエル、イシヤなど五人で、みな氏族の長でした。 彼らはみな数人の妻をめとり、多くの子をもうけたので、その子孫は、ダビデの時代には三万六千の兵力になりました。 イッサカル族の全氏族から兵役についた者は計八万七千人で、みな系図に載っている勇士でした。

ベミヤミンの子孫

ベニヤミンの子はベラ、ベケル、エディアエル。

ベラの子はエツボン、ウジ、ウジエル、エリモテ、イリ。この五人の勇士は各氏族の長で、系図に載っている兵士二万二、〇三四人の指導者でした。

ベケルの子は次のとおり。ゼミラ、ヨアシュ、エリエゼル、エルヨエナイ、オムリ、エレモテ、アビヤ、アナトテ、アレメテ。

ダビデの時代には、彼らの子孫から出た勇士は各氏族の長二万二百人に及びました。

10 エディアエルの子はビルハン。

ビルハンの子はエウシュ、ベニヤミン、エフデ、ケナアナ、ゼタン、タルシシュ、アヒシャハル。

11 彼らはみなエディアエルの諸氏族の長となり、その子孫は、ダビデの時代に一万七千二百人の勇士となりました。

12 イルの子はシュピムとフピム。フシムはアヘルの子の一人でした。

ナフタリの子孫

13 ヤコブのそばめビルハの子ナフタリの子は、ヤハツィエル、グニ、エツェル、シャルム。

マナセの子孫

14 マナセがアラム人のそばめに産ませた子は、アスリエルとギルアデの父のマキル。

15 マキルは、フピムとシュピムに妻を見つけてやりました。マキルの妹はマアカ。彼のもう一人の末裔のツェロフハデには娘しかいませんでした。

16 マキルの妻もマアカといいましたが、ペレシュという男の子を産みました。その弟はシェレシュで、ウラムとレケムという二人の子がいました。

17 ウラムの子はベダン。以上はギルアデの子、マキルの孫、マナセのひ孫です。

18 マキルの妹モレケテは、イシュホデ、アビエゼル、マフラを産みました。

19 シェミダの子はアフヤン、シェケム、リクヒ、アニアム。

エフライムの子孫

20-21 エフライムの子孫は次のとおり。シュテラフ、ベレデ、タハテ、エルアダ、タハテ、ザバデ、シュテラフ、それにエゼルとエルアデ。

エルアデとエゼルは、ガテで家畜を盗もうとして土地の農夫に見つかり、殺されました。 22 二人の父エフライムは、長い間喪に服していたので、兄弟たちが彼を慰めました。 23 そののち、エフライムの妻は男の子を産みましたが、悲劇のただ中で生まれたその子を、彼はベリア(「災い」の意)と名づけました。

24 エフライムの娘シェエラは、下および上のベテ・ホロン、それにウゼン・シェエラを建てました。

25-27 エフライムの息子ベリアの家系はレファフ、レシェフ、テラフ、タハン、ラダン、アミフデ、エリシャマ、ヌン、ヨシュアと続きます。

28 彼らは、ベテルとその周辺の村々、東方ではナアラン、西方ではゲゼルと周辺の村々、シェケムと周辺の村々、さらにアヤと近郊の町々に住んでいました。

29 イスラエルの子ヨセフの子孫のマナセ族は、次の町々と周辺の地域を支配していました。ベテ・シェアン、タナク、メギド、ドル。

アシェルの子孫

30 アシェルの子はイムナ、イシュワ、イシュビ、ベリア、姉妹セラフ。

31 ベリアの子はヘベル、ビルザイテの父のマルキエル。

32 ヘベルの子はヤフレテ、ショメル、ホタム、姉妹シュア。

33 ヤフレテの子はパサク、ビムハル、アシュワテ。

34 彼の兄弟ショメルの子はアヒ、ロフガ、フバ、アラム。

35 彼の兄弟ヘレムの子はツォファフ、イムナ、シェレシュ、アマル。

36-37 ツォファフの子はスアハ、ハルネフェル、シュアル、ベリ、イムラ、ベツェル、ホデ、シャマ、シルシャ、イテラン、ベエラ。

38 エテルの子はエフネ、ピスパ、アラ。

39 ウラの子はアラフ、ハニエル、リツヤ。

40 これらアシェルの子孫はみな各氏族の長で、えり抜きの勇士でした。アシェルの子孫のうち、軍人で系図に載せられた者は二万六千人でした。