Japanese Living Bible

出エジプト記 38

1焼き尽くすいけにえの祭壇も、アカシヤ材で作りました。上部は五キュビト(二・二メートル)四方の正方形、高さは三キュビトです。 四隅に、他の部分と切れ目なく続くよう、四本の角をつけました。祭壇には青銅を張り、 祭壇で使うつぼ、十能(灰をすくう道具)、鉢、肉刺し、火皿などの器具類も青銅で作りました。 次に、炉の半ばあたりに棧を張り、そこに青銅の格子を置きました。 環を四つ作り、格子の四隅の部分でかつぎ棒を通せるようにしました。 かつぎ棒はアカシヤ材で、青銅をかぶせてあります。 祭壇の側面につけた環に、その棒を通します。祭壇の側面は板で、中は空洞でした。

幕屋の入口で奉仕していた女たちが、青銅の鏡をささげたので、それを使って青銅の洗い鉢とその台を作りました。

次は庭です。南側は百キュビト(四十四メートル)で、細い上等の撚り糸を織って幕を作り、それを張り巡らしました。 10 幕を垂らす柱を二十本立てました。土台は青銅で、柱には銀のかぎと環をつけました。

11 北側にも百キュビトの幕を張り、青銅の柱二十本とその土台、銀のかぎと環があります。 12 西側は五十キュビトで、十本の柱と土台で幕を支えました。柱には、やはり銀のかぎと環がついています。 13 東側も五十キュビトです。 14-15 入口の両側には、幅十五キュビトの幕を垂らし、それぞれ三個の土台に立てた三本の柱で支えました。 16 庭の仕切りとして巡らした幕は、どれも細い上等の撚り糸で織ったものです。 17 柱はみな青銅の土台にはめ込み、かぎと環は銀です。柱の頭部には銀をかぶせ、幕を垂らす環は純銀でした。 18 庭の入口に垂らすカーテンは上質の亜麻布で作り、青、紫、緋色の撚り糸で美しい刺しゅうをしました。幕の幅は二十キュビト、高さは五キュビトで、庭の仕切りとした他の幕と同じ高さです。 19 幕は四本の柱と四個の青銅の土台、銀のかぎと環で支えました。柱の頭部も銀でした。 20 幕屋と庭を作るのに用いた釘は、すべて青銅です。

21 これが、契約の箱を納める幕屋(聖所)の建設工事の諸工程です。幕屋ができ上がり、ようやくレビ族が奉仕につけるようになりました。いっさいの工事は、モーセが立てた計画どおり行われ、祭司アロンの子イタマルが監督しました。 22 ユダ族のウリの子で、フルの孫に当たるベツァルエルが技術面での責任者となり、 23 ダン族のアヒサマクの子オホリアブが助手を務めました。彼も熟練した職人で、彫刻、設計、色とりどりの刺しゅうをするのに、すぐれた腕を発揮しました。

24 人々が奉納し、幕屋建設に使った金は約一千キログラムに達しました。 25-26 銀は三、四四〇キロ使われました。これは、人口調査の時に登録する二十歳以上の人から取り立てた、半シェケルの人頭税でまかなわれました。登録したのは、計六十万三、五五〇人です。 27 聖所の壁となるわく組みの土台と、垂れ幕を支える柱の土台には、一個につき三十四キログラム、計三、四〇〇キログラムの銀が必要でした。 28 残った銀は柱頭にかぶせたり、環やかぎを作るために使いました。 29 青銅は約二、四〇〇キログラム奉納され、 30-31 天幕の入口に立てる柱の土台、祭壇、格子、祭壇に付属する器具類、庭を仕切る引き幕を支える柱の土台、天幕と庭の釘などを作るのに使われました。