Japanese Living Bible

レビ記 9

アロンによる最初の任務執行

1任職式の八日目にモーセは、アロン、その息子たち、イスラエルの指導者たちを集め、 雄牛一頭を罪の赦しのためのいけにえとして、傷のない雄羊を焼き尽くすいけにえとして、主にささげるようアロンに命じました。 「人々に、罪の赦しのためのいけにえ用に雄やぎを、焼き尽くすいけにえ用に傷のない一歳の子牛と子羊を用意させなさい。 また、雄牛と雄羊を和解のいけにえ用に、また、オリーブ油でこねた小麦粉を穀物の供え物用に持って来させなさい。今日、主があなたがたに現れるからだ。」

そこで人々は、命じられたとおりのものを幕屋の入口へ持って来て、主の前に立ちました。 モーセは、「主のご命令に従えば、必ずそのご栄光を仰げるのだ」 と言うと、アロンに、「祭壇に進み出て、罪の赦しのためのいけにえと、焼き尽くすいけにえをささげ、まず自分の罪の償いをし、次に民の罪の償いをしなさい」と命じました。主が命じたとおりです。

アロンは祭壇に進み出て、自分の罪が赦されるためのいけにえとして、子牛をほふりました。 息子たちがその血を手にすくうとアロンはそれに指を浸し、祭壇の角に塗り、残りは祭壇の土台に注ぎました。 10 そして主の命令どおり、祭壇でいけにえの脂肪、腎臓、胆のうを焼きました。 11 ただし、肉と皮は宿営の外で焼き捨てました。

12 次に焼き尽くすいけにえを殺し、息子たちがその血をすくい、それをアロンが祭壇の回りに振りかけました。 13 続いて息子たちは死体をばらばらにし、頭といっしょにアロンのところに持って来ました。アロンはそれを一つ残らず祭壇で焼きました。 14 そして、内臓と足もきれいに洗い、焼き尽くすいけにえとして祭壇で焼きました。

15 次は民のささげ物の番です。アロンは自分のときと同じ要領で、罪の赦しのためのいけにえとして、やぎをささげました。 16 さらに、主の指示どおり、焼き尽くすいけにえもささげました。 17 穀物の供え物がそれに続きます。その中から一つかみを取り、朝ごとのささげ物とは別に、祭壇で焼いてささげました。

18 ついで、雄牛と雄羊をほふりました。民のための和解のいけにえです。アロンの息子たちがその血をアロンのところに持って行き、アロンは祭壇の回りに振りかけました。 19 続いて、背骨に沿ってついている脂肪と内臓を覆う脂肪、腎臓と胆のうを取り出しました。 20 脂肪はいけにえの胸に載せ、祭壇で焼きました。 21 ただし胸と右ももは、モーセが命じたとおり、主の前でゆっくり揺り動かしてささげました。

22 それから民に向かって両手を上げ、彼らを祝福し、罪の赦しのためのいけにえ、焼き尽くすいけにえ、和解のいけにえをささげて祭壇から降りました。 23 今度はモーセとアロンがそろって幕屋に入ります。やがて出て来た二人が民を祝福すると、なんと彼らが見ている前で主の栄光が現れたのです。 24 その時、主の火が下り、祭壇のいけにえと脂肪を焼き尽くしました。民はみな大声を上げ、ひれ伏しました。