Japanese Living Bible

レビ記 2

穀物の供え物

1穀物の供え物をするときは、上等の小麦粉にオリーブ油を注ぎ、香料を加えなさい。 そのうちの一つかみを、祭司のところへ持って行き、焼いてもらう。わたしはその香りを喜ぶ。 残った粉は、アロンとその子らの食物となるが、それも神聖な焼き尽くすいけにえとみなされる。

かまどで焼いたパンをささげるときは、細かくひいた粉にオリーブ油を混ぜて焼きなさい。パン種(イースト菌)を入れてはならない。オリーブ油を塗った、パン種の入らない薄焼きパンも、ささげ物に使える。 菓子用の鉄板で焼いたものをささげるときは、細かくひいた粉をオリーブ油でこねて作りなさい。パン種を入れてはならない。 でき上がったものを細かくちぎって油をかける。これが穀物の供え物の形式である。 なべで作る場合も、細かくひいた粉をオリーブ油でこねて作る。 こうして用意ができたら、祭司のところへ持って行き、祭壇でささげてもらう。 祭司が焼くのはその一部だけだが、わたしは全部をささげ物と認める。 10 残りは祭司が取ってかまわない。それは全部、主への神聖なささげ物とみなされる。

11 粉で作るささげ物は、パン種を使ってはならない。主へのささげ物にはパン種やみつの使用は許されない。 12 粉で作るささげ物は最初の収穫を感謝する場合に認められ、焼き尽くすいけにえとしては使ってはならない。

13 ささげ物はすべて塩で味をつける。塩〔契約が真実であることを象徴的に表す〕は神の契約を思い出させるものだからである。

14 最初の収穫をささげるときは、初穂を砕くか焼くかしてささげなさい。 15 それにオリーブ油と香料を加えなさい。これが穀物の供え物である。 16 祭司は主の前で、オリーブ油と穀物を混ぜたささげ物を一つかみと、香料の全部をささげ物として焼く。