Japanese Living Bible

ヨブ 記 37

1私の心はおののく。
神の声である雷の音を聞け。
雷が天を渡って来ると、
いなずまの閃光が四方八方に散る。
そのあとで、耳をつんざくような雷鳴がとどろく。
神の威厳を告げ知らせているのだ。
雷鳴は神の声に栄光を添える。
神の力の偉大さは測り知れない。
神が雪や夕立や豪雨を地上に降らせると、
すべての人は仕事の手を休め、神の力を認める。
野獣は岩間やほら穴に避難する。
雨は南から、寒さは北から来る。
10 神が川の上に息を吹きかけると、
急流でさえ凍りつく。
11 神が雲に水分を含ませると、
雲はいなずまをまき散らす。
12 いなずまは神の命令どおり、地を行き巡る。
13 神が嵐を起こすのは懲らしめのため、
また、いつくしみで人々を元気づけるためだ。
14 ヨブさん、あなたには、神のすばらしい奇跡を
じっくり考えてもらいたい。
15 あなたは、どのようにして神が自然界を支配し、
雲間にいなずまをひらめかすのか知っているだろうか。
16-17 雲は完全な調和をもって見事につり合っているし、
南風が吹くと暑くなる。
いったいどうしてそうなるのか、知っているだろうか。
18 あなたは神のように、
途方もなく大きな鏡のような空を
張り広げることができるだろうか。
19-20 自分には豊富な知識があると考える人がいたら、
神に近づく方法を教えてもらいたい。
私たちはあまりにも鈍く、
何もわかっていないからだ。
はて、そんな知識で神に近づけるだろうか。
生きたままのみ込まれてもよいというのか。
21 風が雲を吹き払うと、まぶしくて
太陽をまともに見ることができないように、
22 天の切れ間から差し込む、
目のくらむような輝きを放つ
神の威厳を見つめることは不可能だ。
23 全能者の力を推し量ることはできない。
しかし、神はこの上なく正しく、
思いやりにあふれているので、私たちを滅ぼさない。
24 人々が神を恐れるのは不思議ではない。
世界最高の賢者も、
神を感心させることなどできないのだから。」