Japanese Living Bible

ヨブ 記 33

1そこでヨブさん、私の言い分を聞いてもらいたい。
いったん口を開いたからには、話を続けさせてほしい。
私は腹を割ってほんとうのことを言う。
神の御霊が私を造り、
全能者の息が私にいのちを与えるからだ。
反論できるなら、遠慮しないで反論してほしい。
6-7 私はあなたが求めているような、
あなたと神の間に立ち、
双方の代弁者になれる人物だ。
あなたを脅したり、怖がらせたりする人たちとは違う。
私も、あなたと同じ、ただの人間だから。
確かに、あなたは私の聞いているところで、
何度も言った。
『私は潔白だ。罪など犯していない』と。
10 神は重箱の隅をつつくように、
一つのあらも見のがすまいと目を光らせ、
あなたを敵視しているとあなたは言う。
11 また、『神は私に足かせをはめ、
ちょっとした動きでも監視する』とこぼしている。
12 私の答えを言おう。
このように神を悪しざまに言うことこそが、
そもそも罪なのだ。
神は人より偉大ではないか。
13 神が自分のすることを、
あなたにいちいち説明しないからといって、
なぜ神に文句を言うのか。
14 神は何度でもお語りになる。
15 それも、人が深い眠りについたあと、
夜の夢と幻の中で。
16 神はこのような方法で、
人の耳を開き、知恵と訓戒を授け、
17-18 その心を変え、思い上がらないように守り、
罪には刑罰のあることを警告し、
罠に落ちないように守る。
19 神は、骨は折らないにしても、
人に病気と痛みを送る。
20 それで人は、生きる楽しみどころか食欲すら失い、
いかにもおいしそうなごちそうでさえ
見向きもしなくなる。
21 彼はやせ細って骨と皮だけになり、
22 死の一歩手前に近づく。
23-24 しかし、そこに御使いがいて、
友人として彼をとりなし、
彼がいかに正しいかを告げるなら、
神は彼をあわれんでこう言う。
『彼を自由の身にせよ。死なせるな。
彼の身代わりができたからだ。』
25 すると彼は、子どものように元気になり、
若さを取り戻して健康になる。
26 彼が祈ると、神はすぐさま答え、
喜んで彼を受け入れ、彼を元の働き場に戻す。
27 彼は大声で友人に言う。
『私は罪を犯したが、神は釈放してくださった。
28 私が死ぬのをお許しにならなかった。
これからは光の中で生活しよう。』
29 神はたびたび、このようにして、
30 人のたましいを深い穴から引き上げ、
いのちの光の中で生きるようにしてくださる。
31 ヨブさん、そのことをよく考えてもらいたい。
話すことはまだある。続けて聞いてもらいたい。
32 これまでのところで何か言い分があるなら、
遠慮しないで言ってほしい。
私はあなたの正しさを認めたいと思っているのだから、
喜んで聞く。
33 言うことがなければ、
黙って、おとなしく聞いてもらいたい。
これから、あなたに知恵を教えよう。」