Japanese Living Bible

エレミヤ書 50

バビロンについてのメッセージ

1次は、主が預言者エレミヤを通して、カルデヤ人の国バビロンについて語ったことばです。

「全世界の人に、バビロンは滅びると告げなさい。
その国の神であるメロダクは恥をかく。

北から一つの国が攻め上り、この地を二度と人が住めないほど徹底的に荒らすからだ。人も家畜も逃げる。 その時、イスラエルとユダの民は泣きながら、彼らの神であるわたしを尋ね求める。 シオン(エルサレム)に通じる道を尋ね、故国をめざして帰る。『二度と破られない永遠の誓いを立て、主にしっかり結びつこう』と、彼らは言う。 わたしの民は迷った羊だ。羊飼いたちはとんでもない方向に彼らを連れて行き、山の中に置き去りにした。彼らは道に迷い、どうすれば元の場所へ帰れるかと途方にくれた。 彼らを見つけた者は彼らをさんざん食い物にし、『彼らを好きなように料理しよう。彼らは、正義の神であり、彼らの先祖の望みであった主に罪を犯したのだから』と言った。

しかし今度は、

カルデヤ人の国バビロンから逃げ出すのだ。
わたしの民を故国に連れ帰りなさい。
わたしは北方の強い国々の軍隊を奮い立たせ、
バビロンに敵対させるからだ。
バビロンは滅びる。
敵の矢は的をめがけて飛んで来て、一本もはずれない。

10 バビロンは丸裸になる。

11 わたしの民から身ぐるみはぎ取ったカルデヤ人よ。

おまえたちは喜び、
みずみずしい草の茂る放牧地の牛のように肥え太り、
種馬のようにいなないても、
12 おまえたちの母は恥をかいて顔を伏せる。
おまえたちは一番弱い国となり、
荒野となり、乾ききった砂漠となるからだ。
13 わたしの怒りによって、
バビロンはさびれた荒れ地となる。
そこを通り過ぎる者は血の気を失い、
そのすべての傷を見てあざける。
14 周りを囲むすべての国々よ、
バビロンと戦う準備をしなさい。
弓を引く者は、バビロンをめがけて矢を放て。
彼は神に逆らって罪を犯したのだから、矢を惜しまず、
容赦なく射かけるのだ。
15 四方から、いっせいにときの声を上げなさい。
城壁はくずれ、バビロンは降伏する。
わたしはとうとう復讐した。
バビロンがしたとおりのことを、やり返しなさい。
16 畑で働く外国人は、みな逃げなさい。
敵の軍勢が攻めて来るから、
自分の国に走って帰りなさい。

17 イスラエル人はライオンに追われる羊のようだ。初めはアッシリヤの王がその肉を食い、次にはバビロンのネブカデネザル王が、骨まで食いつくした。」 18 そこで、イスラエルの神である天の軍勢の主は、こう言います。「わたしは今度は、アッシリヤを罰したように、バビロンの王とその国に罰を加える。 19 わたしはイスラエル人を故国に連れ戻す。彼らはカルメルとバシャンで草を食べ、もう一度、エフライムとギルアデの山々で幸せに暮らすようになる。 20 その日には、イスラエルにもユダにも、罪は一つも見当たらなくなる。わたしは残った者たちを赦すからだ。

21 わたしの勇士たちよ。

メラタイム(南部バビロニヤ)と
ペコデ(東部バビロニヤ)に攻め上りなさい。
わたしがさばこうとしている反逆の国バビロンに、
威勢よく進撃しなさい。
命令しておいたとおり、彼らを根絶やしするのだ。
22 国中に戦いの雄たけび、
大きな破滅の叫びが上がるように。
23 地上のすべての国々を打った強力な金槌は、
粉々になった。
バビロンは国々の中で、荒れ果てた地となった。
24 バビロンよ。
わたしがおまえに罠をしかけ、おまえを捕まえた。
おまえがわたしに戦いをいどんだからだ。
25 わたしは兵器庫を開き、
敵に怒りを表そうと武器を取り出した。
バビロンに降りかかった恐怖は、
天の軍勢の主であるわたしが指図したものだ。
26 遠くから来てバビロンに攻めかかりなさい。
穀物倉に押し入り、城壁と家々を壊して高く積み上げ、
とことん荒らすのだ。
めぼしいものは何一つ残してはならない。
27 家畜にまで、のろいが下るように。
それを一頭残らず殺すのだ。
バビロンの荒廃の時がきたのだから。
28 だが、わたしの民は逃げ出す。
彼らは故国に逃れ、
彼らの神であるわたしが怒りに燃え、
神殿を壊した者たちに仕返ししたと報告する。
29 弓を引く者をバビロンに呼び集めなさい。
この都を包囲し、
蟻一匹はい出るすきもないようにするのだ。
バビロンがほかの国々にしたとおりに報いなさい。
彼らはイスラエルのきよい神であるわたしに
大言壮語し、公然と反抗したからだ。

30 若者は路上に倒れて死に、勇士は皆殺しになる。

31 思い上がっている者たちよ。

わたしはおまえたちの敵になる。
おまえたちのさばきの日が、ついにきたのだ。
32 高ぶる国よ。
おまえはつまずいて倒れるが、だれも起こしてくれない。
わたしが町々に火をつけ、何もかも灰にするからだ。」

33 天の軍勢の主はこう言います。「捕虜になったイスラエルとユダの民は虐待されている。主人たちは彼らを釈放しようとしない。 34 だが、彼らを救い出す者は強く、その名は天の軍勢の主だ。わたしは彼らの訴えを聞き、彼らが自由の身となり、再びイスラエルの地で平穏に暮らせるように取り計らう。だが、バビロンの住民に安息はない。

35 破滅の剣がカルデヤ人に切りかかる。

その剣はバビロンの住民を、
重立った者も知恵のある者も区別なしに切りまくる。
36 賢い助言者も愚かになり、
何ものをも恐れない勇士もあわてふためく。
37 戦いが起こって、馬も戦車ものみ尽くす。
同盟を結んだほかの国々の者たちは、
女のように弱くなり、財宝はみな略奪される。
38 そればかりか、水の補給さえなくなる。
どうして、このようになるのだろうか。
国中に神々の像が立ち、
民が熱心に偶像を慕っているからだ。

39 バビロンの都は、だちょうや山犬、荒野の野獣の住みかとなり、人は二度と住みつかない。永久に荒れ果てた地となる。 40 わたしは、ソドムとゴモラとその近くの町々を滅ぼしたように、バビロンを滅ぼす。これらの町々に人が住まなくなったように、バビロンにも人が寄りつかなくなる。」

41 北から大軍が押し寄せて来ます。神が多くの国から呼び集めた王たちが、この軍隊を指揮しています。 42 彼らは完全武装していて、残忍で容赦しません。その雄たけびは、海辺に打ち寄せる波のように響き渡ります。バビロンよ。彼らは戦いのしたくを整え、馬に乗って攻めかかります。 43 バビロンの王は、敵が来たという報告を受けると、肩を落としました。産みの苦しみをしている女のように、恐怖の苦痛に取りつかれたからです。 44 「ヨルダンの密林から出て、草を食べている羊に飛びかかるライオンのような侵略者が、彼らに突然襲いかかるようにする。彼らを守る者たちを追い払い、わたしの気に入った指導者を立てる。わたしのような者がいるだろうか。わたしの決めたことに反抗する支配者が、どこにいるだろうか。だれがわたしを呼びつけて、説明を求めることができようか。 45 カルデヤ人の国バビロンへの、わたしの計画を聞きなさい。

小さな子どもたちでさえ、奴隷になって引かれて行く。
身の毛もよだつほど恐ろしいことではないか。
46 バビロンの倒れる地響きで、全地は揺れ動く。
その断末魔の叫びは、世界の隅々に届く。」