Japanese Living Bible

エレミヤ書 47

1ガザがエジプト軍に占領される前に、この町のペリシテ人について神がエレミヤに語ったことばは、次のとおりです。

主はこう言います。

「北から洪水が押し寄せて、
ペリシテ人の地にあふれようとしている。
それは、町々とその中にあるものを何もかも破壊する。
強い男たちでも恐れて悲鳴を上げ、
国中の民が泣きわめく。
遠くから聞こえるひづめの音と、
地響きを立てる戦車の車輪の音を聞きなさい。
父親は、泣き叫ぶわが子には目もくれず、
一目散に逃げる。
すべてのペリシテ人と、ツロおよびシドンの同盟軍の
滅ぼされる時が、ついにきたのだ。
主が、カフトル(クレテ島周辺)からの開拓者である
ペリシテ人を滅ぼすのだ。
ガザとアシュケロンの町は、
跡をとどめないまでに破壊され、廃墟となる。
アナク人の子孫は、
どれほど嘆き悲しまなければならないことか。」
主の剣は、いつになったら休むつもりでしょう。
さやに収まって、静かに休みなさい。
しかし、いったん主が使命を与えたからには、
じっとしていることはできません。
アシュケロンの町と、海岸沿いの住民は、
どうしても滅ぼされなければならないのです。

モアブについてのメッセージ

モアブ人について――