Japanese Living Bible

エレミヤ書 46

エジプトについてのメッセージ

1ほかの国々についてエレミヤが聞いた神のことばを、次に書き留めておきます。

エジプト人について――

ユダ王国のヨシヤの子エホヤキム王が即位して四年目に、エジプトのネコ王の率いる軍隊が、ユーフラテス川沿岸のカルケミシュで、バビロンのネブカデネザル王に敗れた時、エジプトについて次のことばがありました。

「エジプト人はよろいに身を固め、戦いに出て行け。
馬に鞍をつけ、いつでも乗れるようにしておくのだ。
かぶとをかぶり、槍の穂先をみがき、よろいを着よ。
だがどうしたわけか、
エジプトの軍勢は恐れに取りつかれて逃げて行く。
人一倍の武勇を誇る兵士さえ、
うしろを振り向きもせず、一目散に逃げる。
恐れが四方八方から彼らを取り囲む。
どんなに足の速い者も、どんな勇士も、
逃げることはできない。
北のユーフラテス川のほとりで、
彼らはつまずき倒れる。
洪水の時期のナイル川のようにわき上がり、
各地にあふれていくこの強大な軍隊は、
どこの国のものか。
それは、すべての国々を洪水のように覆い、
すべての敵を破るとうそぶく、エジプトの軍隊だ。
馬と戦車、それに無敵を誇るエジプト兵たちよ、
さあ、来なさい。
盾を取り、弓を引きしぼるエチオピヤ、
プテ、ルデの人たちも来るがいい。
10 今日こそ、天の軍勢の主の日、
わたしが敵に復讐する日だ。
剣は、おまえたちの血に飽き、酔うまで働く。
今日、天の軍勢の主であるわたしに、
北の地ユーフラテス川のほとりで、
いけにえがささげられるからだ。
11 エジプトの娘よ、薬を探しにギルアデに上れ。
だが、それでも、おまえの傷は治らない。
どんなに薬を使っても、元の健康は取り戻せない。
12 国々はおまえの恥を聞いた。
地はおまえの絶望と敗北の叫び声で満ちる。
おまえの勇士たちは鉢合わせして、共に倒れる。」

13 次に神は、バビロンのネブカデネザル王が

エジプトを攻撃することについて、こう語りました。

14 「エジプトで、バビロン軍の来襲を大声で伝えよ。
ミグドル、メンピス、タフパヌヘスの町の人々に
言い広めよ。
滅びの剣が周囲を食い尽くすから、
兵士を集めて戦いの準備をせよ。
15 なぜ、おまえたちの雄牛の神アピスは、
真っ青になって逃げたのか。
主が敵の前で、彼を打ちのめしたからだ。
16 数えきれないほどの人が倒れ、死人の山ができる。
その時、ユダヤ人の残った者は言う。
『さあ、生まれ故郷のユダへ帰ろう。
こんな恐ろしい虐殺の現場から遠ざかろう。』
17 エジプトの王ホフラの名を、
『力はないが、実に騒がしい男』と変える。」
18 天の軍勢の主である王は、こう言います。
「タボル山か海に突き出たカルメル山のように
背の高い者が、エジプトに襲いかかる。
19 エジプトの住民は、荷物をまとめ、
捕虜となって連れて行かれるしたくをせよ。
メンピスの町は根こそぎにされ、
一人も生き残らないからだ。
20-21 エジプトは若い雌牛のように肌がつややかだ。
だが、北からあぶが飛んで来て彼女を追い回す。
名高い傭兵たちも、
おびえきった子牛のようになり、向きを変えて逃げる。
徹底的な罰がエジプトに下り、
大災害の見舞う時がきたからだ。
22-23 エジプトは、蛇が身をくねらせて姿を消すように、
音もなく逃げる。
代わりに侵略軍が入って来て、
数えきれないほどの兵士が、
森の木立を切り払うきこりのように、
人々をなで切りにする。
24 この北から来た民の前では、
エジプトは少女のように無力だ。」

25 イスラエルの神である天の軍勢の主は、こう言います。「わたしはテーベの神アモン、その他のエジプトの神々を罰する。また、エジプト王と、王を頼りとするすべての者を罰する。 26 彼らを、彼らを殺すことを生きがいとするバビロンのネブカデネザル王と、その軍隊の手に渡す。しかし後に、エジプトは戦争の荒廃から立ち直る。

27 祖国に帰るわたしの民よ、

怖がったり、うろたえたりしてはならない。
わたしは遠くにいるおまえたちを救い、
おまえたちの子孫を遠くの国から連れ戻すからだ。
イスラエルは帰って来て平穏無事に住み、
何ものにもおびえない。
28 わたしのしもべヤコブよ、恐れるな。
わたしがついている。
わたしは、おまえの寄留していたすべての国々を
滅ぼすが、おまえには手をかけない。
懲らしめはするが、
それはおまえを正しい者とするためだ。

ペリシテ人についてのメッセージ

ペリシテ人について――