Japanese Living Bible

エレミヤ書 22

邪悪な王へのさばき

1神は私に語りました。「出かけて行って、直接ユダの王に伝えよ。 ダビデの王座についているユダ王国の王と家来たち、それに民よ、わたしのことばを聞きなさい。 これがわたしの命令だ。公平で正しいことを行え。正義を求める人を助け、悪いことは即刻やめよ。外国人や移民、それに孤児と未亡人の権利を守り、罪のない者を殺してはならない。 もしおまえが、今している恐ろしいことに終止符を打つなら、わたしはこの国を解放し、再びダビデの王座に次々と王をつかせる。しかも、すべての民が栄えるようになる。 だが、もしおまえがこの警告を聞かないなら、わたしは自分の名にかけて誓うが、この宮殿は必ず廃墟となる。 この宮殿については、こう宣告する。

おまえは、わたしにとっては豊作の地ギルアデであり、
青々としたレバノンの森林だ。
だが、わたしはおまえを滅ぼし、
人の住まない、荒れ果てた場所にする。
おまえを解体する道具を持った者たちを集める。
彼らは、木目の美しい杉の木を引き抜き、
火に投げ込む。

多くの国々の民が、この町の廃墟のそばを通り、口々に言う。『イスラエルの主はなぜ、このようなことをしたのだろう。なぜ、こんなに大きな都をつぶしたのだろう。』 この疑問に、次のような答えが返ってくる。『この住民が、神を忘れ、神との契約を破ったからだ。彼らは偶像を拝んだのだ。』

10 死人のために泣いてはならない。

連れて行かれた捕虜のために泣きなさい。
彼らは二度と祖国の土を踏めないからだ。

11 また、父ヨシヤの跡を継いで王位につき、捕虜として連れ去られたエホアハズについては、こう宣告する。

12 彼は遠い異国で死に、二度と故国を見ることができない。

13 エホヤキム王よ。おまえはひどい目に会う。

強制労働によって宮殿を建てているからだ。
おまえは、賃金を支払わないという不正を
宮殿の壁に塗り込み、
戸のわくと天井に虐待をはめ込んでいる。
14 そして、こう言っている。
『広々した部屋が幾つもあり、窓のたくさんついた、
壮大な宮殿を建てよう。
香りの高い杉材をふんだんに使い、
鮮やかな朱に塗り上げよう。』
15 だが、美しい宮殿ができたからといって、
りっぱな王になれるわけではない。
おまえの父ヨシヤは、
なぜ長い間王位についていたのか。
彼が正しく、公平を第一としたからだ。
だからこそ、彼には神の祝福があった。
16 彼は、貧しい人や困っている人に
正義と援助の手が差し伸べられるようにした。
それで、何もかもうまくいったのだ。
このような人こそ、神のそば近くにいることができる。
17 だが、おまえはどうだ。
自己中心で、貪欲であり、不誠実この上もない。
罪のない者を虫けらのように殺し、貧しい者を苦しめ、
血も涙もない暴君になり下がっている。
18 だから、父ヨシヤの跡を継いだエホヤキム王に、
次の刑罰を下す。
彼が死んでも、家族の者はだれも泣かない。
家来は、彼が死んだことなど気にもかけない。
19 彼はエルサレムの外に引きずり出され、
門の向こうのごみ捨て場に投げ込まれて、
死んだろばのように埋められる。
20 頼みの連合軍は姿を消したのだから、
大声を上げて泣くがいい。
レバノンに行って彼らを捜し、バシャンで叫べ。
アバリムで彼らを尋ねよ。
彼らは一人残らず死んでいて、
助けてくれる者は一人も残っていない。
21 おまえに勢いがあった時、わたしは警告したが、
おまえは『干渉しないでください』と言った。
おまえは子どものころから、
わたしのことばを聞いたためしがない。
22 おまえの連合軍は、
ひと吹きの風で姿を消した。
友人はみな、奴隷となって連れて行かれる。
こうして、いやでも自分の悪を認めざるをえなくなり、
おまえは恥をかく。
23 レバノンの杉の木立の中の美しい宮殿で
優雅な生活を送ることは、快適この上ない。
だが、まもなくおまえは大声を上げ、
陣痛に襲われた産婦のようにうめき苦しむ。

24-25 それから、ユダ王国のエホヤキム王の子エコヌヤよ。たとえ、おまえがわたしの右手にはめた印鑑つきの指輪だったとしても、わたしはおまえを抜き取り、おまえが最も恐れているバビロンのネブカデネザル王と、その強力な軍隊に渡す。 26 おまえとおまえの母親をこの国から放り出す。おまえは外国で死ぬ。 27 慕っている祖国へは決して帰れない。

28 エコヌヤは、壊れて捨てられた皿のようだ。彼も彼の子どもも、遠い国に流される。」 29 地よ、主のことばを聞きなさい。 30 主はこう語ります。「エコヌヤを、子どものない者として記録しておけ。彼の子どものうち一人も、ダビデの王座につき、ユダを支配することはないからだ。こうして、彼の一生はあわのように消える。」