Japanese Living Bible

エレミヤ書 21

ゼデキヤへの宣告

11-2 次もまた、神からエレミヤにあったことばです。ゼデキヤ王は、マルキヤの子パシュフルと、マアセヤの子で祭司のゼパニヤをエレミヤのもとへ遣わし、こう言わせました。「主がお助けくださるように祈ってほしい。バビロンのネブカデネザル王が、宣戦布告をしてきたからだ。もしかしたら主は私たちへの恵みを忘れず、昔のようにすばらしい奇跡を行って、王が軍隊を撤退させるようにしてくださるかもしれない。」

3-4 エレミヤは答えました。「ゼデキヤ王のところへ戻り、イスラエルの主が、こう語ったと伝えなさい。『わたしは、バビロンの王と、おまえたちを包囲しているカルデヤ人との前で、おまえたちの武器を役に立たないようにする。それどころか、敵を町の真ん中に引き入れ、 自らおまえたちと戦う。わたしは激しく怒っているからだ。 そのうえ、恐ろしい疫病をはやらせるので、人も家畜も共に死ぬ。 ゼデキヤ王も町に残っている者も、バビロンのネブカデネザル王の手に渡す。彼らは少しもあわれみをかけられることがなく、家畜のように殺される。

この民にそう知らせてやるのだ。』そう主は告げます。

『生きるか死ぬかの、どちらかを選べ。 エルサレムに残り、敵の手にかかって殺されたり、飢えや病気で死んだりするほうを取るか。それとも、町を出てカルデヤ軍に降伏し、生きるほうを取るか。 10 わたしはこの町をこらしめようとしているのだ。この町の敵となり、友とはならない。この町はバビロン王の手に渡され、灰となる。』」

11 ユダの王に、神はこう告げます。

12 「おまえのしているいっさいの悪のため、
おまえをさばくことにした。
さあ、急いで公平な裁判をするのだ。
わたしの燃える憤りが、
だれにも消せない火となっておまえに燃え移る前に、
正しいことを始めなさい。
13 『われわれは安全だ。
ここにいる以上、だれも指一本ふれることはできない』と、うそぶいているエルサレムを相手に、わたしは戦う。
14 自ら手を下し、罪を犯した罰として
おまえたちを滅ぼす。
わたしが森に火を放つので、
周りのものは何もかも灰になる。」