Japanese Living Bible

エレミヤ書 18

陶器師の家

1主からエレミヤに、次のようなことばがありました。 「さあ、陶器を作っている者の家に行きなさい。そこで、おまえに話そう。」 言われたとおりにすると、陶器師はろくろを回している最中でした。 ところが、彼は手がけていたつぼが気に入らなかったので、それをつぶして粘土のかたまりに戻し、初めからやり直しました。

その時、主が語りました。

「イスラエルよ。この陶器師と同じことを、わたしがおまえたちにできないというのか。陶器師の手の中に粘土があるように、おまえたちもわたしの手の中にある。 わたしが、一つの国が引き抜かれて滅ぼされると言ったとき、 その国が悪の道を捨てるなら、わたしは予定を変更して、その国を滅ぼすのをやめる。 また、わたしが、ある国を強くすると言ったとしても、 10 その国が途中で考えを変えて悪の道に走り、わたしに従わなくなれば、わたしも考えを変えて、祝福の約束を撤回する。 11 だから出かけて行って、ユダとエルサレムの全住民に、こう警告しなさい。さあ、神のことばを聞きなさい。わたしは今おまえたちのために、良いことではなく悪いことを計画している。だから悪の道を捨て、正しいことを行うのだ。」 12 ところが彼らは、こう答えました。「おせっかいはやめてくれ。神の言われたことを行う気など全くない。私たちはだれからも束縛されない。強情を張りとおし、悪を身につけたまま、いつまでも好き勝手な生活をしたい。」

13 そのとき、主はこう言いました。

「たとえ異教の民の間でも、
こんなことを聞いた者はいない。
考えただけでもおぞましいことを
わたしの民がしたのだ。
14 レバノン山頂の雪は決してとけず、
ヘルモン山から流れ下る冷たい水は決してかれない。
15 これらのものは、いつもあてにできる。
ところがわたしの民は、全くあてにならない。
彼らはわたしを置き去りにし、
むなしい偶像のもとに走った。
昔からの正しい道をはずれ、罪の泥沼に迷い込んだ。
16 そのため、国は荒れ果て、
そこを通る人は思わず息をのみ、
あまりにもすさまじい光景に驚いて頭を振る。
17 わたしはわたしの民を、
東風がちりを巻き上げるように、敵の前でまき散らす。
彼らがどんなに悩んでも、知らないふりをし、
彼らの苦しみを心に留めない。」

18 すると、人々はこう相談しました。「エレミヤを殺してしまおう。われわれには、祭司や学者、それに預言者がついている。彼の忠告などいらない。二度とわれわれに不利なことを語り、われわれを苦しめないように、彼の口を封じよう。」

19 ああ主よ、私を助けてください。

彼らが私にどんなことをしようとしているか、
見てください。
20 彼らは、悪をもって善に報いようとするのですか。
彼らは私を殺そうと、罠をしかけました。
それでも私は神に、彼らのことを良く伝え、
何とかして、神の怒りが彼らに向かないように
努力しました。
21 神よ、彼らの子どもを飢え死にさせてください。
彼らを剣にかけてください。
彼らの妻を未亡人とし、
子どもを一人残らず奪ってください。
男は疫病で死なせ、
若者は戦場で倒れさせてください。
22 兵士の一隊が不意に襲うとき、
彼らの家から泣き叫ぶ声が聞こえますように。
彼らは落とし穴を掘り、
私の歩く道に、こっそり罠をしかけたからです。
23 主よ。
あなたは、私を殺そうとする彼らの計画をご存じです。
彼らを赦さないでください。
彼らの罪を赦さず、御前で滅ぼしてください。
彼らに御怒りをもって罰してください。