Japanese Living Bible

イザヤ書 5

ぶどう園の歌

1さあ、私の愛する方のために、
ぶどう園の歌を歌いましょう。
私の愛する方のぶどう園は、
よく肥えた丘の上にありました。
その方は畑を十分に耕し、石ころを全部取り除き、
最上のぶどうの木を植えました。
見張り台を建て、岩を掘って酒ぶねを造り、
収穫期を楽しみに待ったのです。
ところが、実ったぶどうは野生ですっぱく、
全くの期待はずれでした。
「エルサレムとユダ王国の者たちよ。
このような訴えがなされた。あなたが裁判官だ。
わたしはこのうえ、いったい何ができよう。
ここまでしたのに、なぜわたしのぶどう園は
甘いぶどうではなく、野生のぶどうを実らせたのか。
さくを壊し、ぶどう園を牧場にして、
家畜や羊の踏みにじるままにするほかない。
枝を下ろしたり雑草を除いたりせず、
いばらのはびこるままにしておこう。
もう二度と雨を降らせないよう、雲に命じよう。」

このぶどう園というのは神の民のことです。
イスラエルとユダは、神のお気に入りの土地でした。
神はそこが正義の国となるのを期待していたのに、
実際に目にしたのは流血でした。
正しいことが行われるようにと願っていたのに、
実際に耳にしたのは、
しいたげられた人たちの叫びでした。
土地はどんどん買い占められ、
住む所さえない人が大ぜいいました。
それなのにあなたがたは、広々とした土地の真ん中に
大邸宅をかまえ、まるでこの地は全部
自分のものだと言わんばかりの顔をしています。
しかし、それも今のうちです。
天の軍勢の主は、あなたがたが
きっと恐ろしい目に会うと予告しています。
「多くの美しい邸宅が荒れ果て、
そこに住む者は殺されるか、行方不明になる」
と告げるのを、この耳ではっきり聞きました。
10 十ツェメド(十組の牛が一日で耕す面積)のぶどう園から、
たった一バテ(二十三リットル)のぶどう汁も取れず、
一ホメル(二百三十リットル)の種をまいても、
たった一エパ(二十三リットル)の収穫しかありません。
11 朝早くから夜ふけまで酒をあびる者は、
必ず災難に会います。
飲んだくれはひどい目に会います。
12 あなたがたの豪勢な宴会には心地よい音楽が流れ、
雇った音楽隊も一流のものです。
ところが主のことは頭にありません。
13 「だから、おまえたちを捕虜として
遠い国へ連れて行く。
おまえたちは、わたしにどんなによくされたか
知りもせず、心にも留めていない。
大いに尊敬される者さえ飢え、
庶民は飲む水もなく、渇きで死ぬ。」
14 地獄は、エルサレムという、
おいしそうなごちそうを前にして舌なめずりし、
その市民を飲んだくれた群衆もろとものみ込みます。
15 その日には、傲慢な者もちりの中にひれ伏し、
尊大な者も腰を低くします。
16 天の軍勢の主だけが、ひときわたたえられるのです。
きよく正しい方は主だけだからです。
17 その時、廃墟の中では家畜の群れが草を食べ、
子羊と子牛、子やぎがたわむれます。
18 雄牛に綱をつけて引くように
自分の罪を引きずり歩く者はひどい目に会います。
19 イスラエルのきよい神さえさげすみ、
罰を受けることなど平気だという顔で言うのです。
「主よ、罰するなら早く罰してください。
あなたの力のほどを拝見したいものです。」
20 彼らは白を黒、黒を白と言い、
苦いものを甘い、甘いものを苦いと言い張ります。
21 自分には知恵があると思い、利口ぶる者は、
ひどい目に会います。

22 酒ならだれにも負けないと豪語する者も同じです。

23 彼らはわいろをもらって正義を曲げ、

悪者を保釈して罪のない者を牢にたたき込みます。
24 それゆえ神は彼らをきつく罰し、火で焼くのです。
彼らはわらのように、あっという間に燃え尽きます。
その根はたちまち腐り、花はしぼみます。
主の教えを捨て、
イスラエルのきよい神のことばを軽んじたからです。

25 だからこそ、主は
イスラエルに向かって怒りを燃え上がらせ、
御手を下して彼らを打ったのです。
丘々は震え、
人々のしかばねがごみのように町の中に捨てられます。
それでもまだ神の怒りが収まったわけではありません。
御手はなおも重くのしかかります。
26 神が遠く離れた国々に合図を送り、
地の果ての人たちを笛で呼ぶと、
彼らはエルサレムへなだれ込みます。
27 彼らは全く疲れを知らず、
つまずいたり立ち止まったりしません。
腰のベルトはきつく締まり、
くつひもも丈夫で切れません。
休むことも眠ることもなく走り続けます。
28 その矢じりは研ぎすまされ、弓はいっぱいに張られ、
馬のひづめは火花を散らし、
戦車の車輪は風車のように回ります。
29 彼らはライオンのようにほえ、獲物に襲いかかって
わたしの民をつかまえ、捕虜として連れ去りますが、
誰ひとり彼らを救い出す者はいません。
30 海鳴りのようなうなり声とともに、
犠牲者を、ひと呑みにします。
イスラエル中が絶望のやみと悲しみに沈み、
空は暗黒になります。

The Message

Isaiah 5

Looking for a Crop of Justice

11-2 I’ll sing a ballad to the one I love,
    a love ballad about his vineyard:
The one I love had a vineyard,
    a fine, well-placed vineyard.
He hoed the soil and pulled the weeds,
    and planted the very best vines.
He built a lookout, built a winepress,
    a vineyard to be proud of.
He looked for a vintage yield of grapes,
    but for all his pains he got junk grapes.

3-4 “Now listen to what I’m telling you,
    you who live in Jerusalem and Judah.
What do you think is going on
    between me and my vineyard?
Can you think of anything I could have done
    to my vineyard that I didn’t do?
When I expected good grapes,
    why did I get bitter grapes?

5-6 “Well now, let me tell you
    what I’ll do to my vineyard:
I’ll tear down its fence
    and let it go to ruin.
I’ll knock down the gate
    and let it be trampled.
I’ll turn it into a patch of weeds, untended, uncared for—
    thistles and thorns will take over.
I’ll give orders to the clouds:
    ‘Don’t rain on that vineyard, ever!’”

Do you get it? The vineyard of God-of-the-Angel-Armies
    is the country of Israel.
All the men and women of Judah
    are the garden he was so proud of.
He looked for a crop of justice
    and saw them murdering each other.
He looked for a harvest of righteousness
    and heard only the moans of victims.

You Who Call Evil Good and Good Evil

8-10 Doom to you who buy up all the houses
    and grab all the land for yourselves—
Evicting the old owners,
    posting no trespassing signs,
Taking over the country,
    leaving everyone homeless and landless.
I overheard God-of-the-Angel-Armies say:
“Those mighty houses will end up empty.
    Those extravagant estates will be deserted.
A ten-acre vineyard will produce a pint of wine,
    a fifty-pound sack of seed, a quart of grain.”

11-17 Doom to those who get up early
    and start drinking booze before breakfast,
Who stay up all hours of the night
    drinking themselves into a stupor.
They make sure their banquets are well-furnished
    with harps and flutes and plenty of wine,
But they’ll have nothing to do with the work of God,
    pay no mind to what he is doing.
Therefore my people will end up in exile
    because they don’t know the score.
Their “big men” will starve to death
    and the common people die of thirst.
Sheol developed a huge appetite,
    swallowing people nonstop!
Big people and little people alike
    down that gullet, to say nothing of all the drunks.
The down-and-out on a par
    with the high-and-mighty,
Windbag boasters crumpled,
    flaccid as a punctured bladder.
But by working justice,
    God-of-the-Angel-Armies will be a mountain.
By working righteousness,
    Holy God will show what “holy” is.
And lambs will graze
    as if they owned the place,
Kids and calves
    right at home in the ruins.

18-19 Doom to you who use lies to sell evil,
    who haul sin to market by the truckload,
Who say, “What’s God waiting for?
    Let him get a move on so we can see it.
Whatever The Holy of Israel has cooked up,
    we’d like to check it out.”

20 Doom to you who call evil good
    and good evil,
Who put darkness in place of light
    and light in place of darkness,
Who substitute bitter for sweet
    and sweet for bitter!

21-23 Doom to you who think you’re so smart,
    who hold such a high opinion of yourselves!
All you’re good at is drinking—champion boozers
    who collect trophies from drinking bouts
And then line your pockets with bribes from the guilty
    while you violate the rights of the innocent.

24 But they won’t get by with it. As fire eats stubble
    and dry grass goes up in smoke,
Their souls will atrophy,
    their achievements crumble into dust,
Because they said no to the revelation
    of God-of-the-Angel-Armies,
Would have nothing to do
    with The Holy of Israel.

25-30 That’s why God flamed out in anger against his people,
    reached out and knocked them down.
The mountains trembled
    as their dead bodies piled up in the streets.
But even after that, he was still angry,
    his fist still raised, ready to hit them again.
He raises a flag, signaling a distant nation,
    whistles for people at the ends of the earth.
And here they come—
    on the run!
None drag their feet, no one stumbles,
    no one sleeps or dawdles.
Shirts are on and pants buckled,
    every boot is spit-polished and tied.
Their arrows are sharp,
    bows strung,
The hooves of their horses shod,
    chariot wheels greased.
Roaring like a pride of lions,
    the full-throated roars of young lions,
They growl and seize their prey,
    dragging it off—no rescue for that one!
They’ll roar and roar and roar on that Day,
    like the roar of ocean billows.
Look as long and hard as you like at that land,
    you’ll see nothing but darkness and trouble.
Every light in the sky
    will be blacked out by the clouds.