Japanese Living Bible

イザヤ書 15

モアブについての預言

1これは、モアブへの神のことばです。
「たった一夜で、アルとキルの町は灰になる。
ディボンの住民は、災難に会ったネボとメデバを
悼もうと、泣きながら神殿へ行く。
彼らは頭をそり、ひげを切り落として悲しみ嘆く。
荒布を着て町を歩けば、
どの家からも泣き声が聞こえる。
ヘシュボンとエルアレの住民の叫びは、
ずっと離れたヤハツまで聞こえる。
モアブで一番勇敢な勇士でさえ、
すっかりおじ気づいて泣き声を上げる。
わたしはモアブのために涙を流す。
人々はツォアルとエグラテ・シェリシヤまで落ち延び、
泣きながらルヒテに通じる坂道を登る。
その泣き声は、ホロナイムの道で
ひっきりなしに聞こえる。
ニムリム川でさえ干上がり、
青々としていた土手は茶褐色に変わり、
柔らかい芽をふく木々はなくなり、見る影もない。
避難民は両手に持てるだけの物を持ち、
命からがらアラビム川を渡って逃げる。
モアブの全土は端から端まで泣き声で満ちる。
ディモンの流れは血で真っ赤に染まるが、
それでもまだ、わたしはさばきの手を緩めない。
やっとの思いで逃げ延びた生き残りの者に、
ライオンを襲いかからせる。