Japanese Living Bible

へブル人への手紙 10

新しいいのちに至る道

1律法による古い制度は、やがてキリストが与えてくださるもののすばらしさを、かすかに味わわせてくれるにすぎません。いけにえは年ごとに何度もくり返されましたが、それをささげた人たちを救えませんでした。 もし救う力があるのなら、一度だけのいけにえで礼拝する人々はみなきよめられ、その罪意識も消えてしまったことでしょう。 ところが、年ごとのいけにえは、かえって不従順と罪とを思い起こさせました。 雄牛とやぎの血では、罪を取り除くことはできないのです。

そのためキリストは、この世に来られて、こう言われるのです。「神よ。雄牛ややぎの血は、あなたの心にかないません。それで、わたしに肉の体を与え、祭壇の上のいけにえとなさいました。 罪のためのささげ物として、あなたの前で殺されて焼かれる動物のいけにえでは、あなたは満足されませんでした。 そこでわたしは、『まさに聖書に記されてあるとおり、わたしはあなたの御心を行い、いのちを捨てるために来ました』と申し上げたのです。」詩篇40・6-8 すなわちキリストは、「古い制度が要求するさまざまのいけにえやささげ物では、神は満足されない」と語ったあとで、 「わたしはいのちを捨てるために来ました」と言われたのです。キリストは、はるかにすぐれた制度を打ち立てるために、最初の制度を廃止されました。 10 この新しい計画にそって、キリストはただ一度死なれ、それによって私たちは罪を赦され、きよくされているのです。

11 古い契約のもとでは、祭司たちは毎日、祭壇にいけにえをささげますが、それらは決して罪を取り除くことができません。 12 しかしキリストは、いつまでも有効な、ただ一つのいけにえとして、私たちの罪のためにご自分を神にささげ、そのあと神の右の座について、 13 敵が足の下に踏みつけられるその日を待っておられます。 14 キリストは、この一度かぎりの行為によって、ご自分がきよめる人々をみな、永遠に完全なものとしてくださったのです。

15 聖霊も同じ証言をされます。 16 「イスラエル人たちは最初の契約を破ったが、わたしが新たに彼らと結ぼうとしている契約はこれである。わたしは、常にわたしの意思を知らせるために、律法を彼らの心に書き記す。そして、律法を彼らの思いの中に据えるので、彼らは喜んでこれに従うようになる。」エレミヤ31・33 17 さらに聖霊は、こうも言われます。「わたしは、二度と彼らの罪と不法を思い出さない。」エレミヤ31・34 18 このように罪が永久に赦され、また忘れ去られてしまうなら、罪を取り除くためのいけにえを、これ以上ささげる必要はありません。

19 ですから、愛する皆さん。いま私たちは、イエスが血を流されたことによって、神のおられる至聖所に堂々と入って行けるのです。 20 この新しいいのちに至る道は、キリストがご自分の体という幕を引き裂くことによって開いてくださいました。私たちはこの道を通って、きよい神の前に進み出ることができるのです。 21 また、このキリストという偉大な大祭司が神の家を支配しておられるのですから、 22 私たちは、まちがいなく受け入れられるという確信と真実な心をもって、神の御前にまっすぐ進み出ようではありませんか。すでに、私たちの心はキリストの血を注がれてきよめられ、体はきよい水で洗われているのです。 23 いま私たちは、神が約束してくださった救いを、希望をもって待ち望むことができ、救いが確実であることを疑いなく語ることができます。神のことばは必ず実現します。

忍耐強く良いことをする

24 神が成し遂げてくださったすべてのことにこたえて、私たちも互いに愛し合い、善行に励もうではありませんか。 25 集会から離れたりする人たちにならってはいけません。主が再びおいでになる日は、もう間近なのですから、互いに励まし合っていきましょう。

26 もし罪の赦しの真理を知ってから、救い主を拒否して、罪を犯し続ける人がいるとしたら、その人はキリストの死によっても赦されません。もはや、その罪を消す方法はどこにもないのです。 27 その人には、敵対する者を一人残らず焼き尽くす、神の激しい怒りと恐ろしい刑罰が待っているだけです。 28 モーセの律法に従わなかった者たちは、その罪に対する二、三人の証言が得られれば、死刑に処せられました。 29 それならなおさら、神の御子を踏みつけ、罪をきよめるキリストの血を汚れたものとし、神のあわれみを人々にもたらす聖霊を拒絶する者に、どんなに恐ろしい刑罰が下るか、よく考えてみなさい。 30 私たちは、「正義はわたしのものである。復讐はわたしがする」申命32・35、また、「主がその民をさばかれる」申命32・36と言われた方をよく知っています。 31 生ける神の手の中に陥ることは、なんと恐ろしいことでしょう。

32 あなたがたは、初めてキリストを知った時の祝福された日々を、いつまでも忘れないようにしなさい。また、死ぬほどの苦しみに会いながらも、主と共に戦い抜いてきたことを、いつも心にとめていなさい。 33 時には、あなたがた自身があざけられたり、打ちのめされたりし、また、同じ苦しみを味わっている人たちの友となったりしました。 34 牢獄に捕らわれの身となった人たちと共に苦しみ、また全財産を奪われても、喜んでそれに耐え抜きました。それはあなたがたが、もっとすぐれた、永遠に残るものを持っていることを知っていたからです。 35 このようなすばらしい祝福が待っているのですから、どんなことがあっても、主を信じ続けなさい。やがて主から受ける報いを思いなさい。 36 神の約束されたものをいただきたいと願うなら、忍耐しなければなりません。 37 キリストが再び来られる日が、これ以上遅れることはありません。 38 神の前に義と認められる人たちは、信仰によって生きるのです。しりごみするような人を、神は喜ばれません。 39 私たちは、神に背を向けて滅びる者ではなく、信じていのちを得る者なのです。

Nkwa Asem

Hebrifo 10

Nsonoe a ɛda foforo ne dedaw no mu

1Mmara no yɛ nneɛma pa nsusuwso a ɛreba na mmom ɛnyɛ nneɛma pa no ankasa. Wɔbɔ afɔre koro no ara afe biara. Na ɛbɛyɛ dɛn na saa Mmara yi nam afɔre a wɔbɔ yi so ama nnipa a wɔba Onyankopɔn nkyɛn no ayɛ pɛ? Sɛ nnipa a wɔresom Onyankopɔn no fi wɔn bɔne mu ayɛ pɛ a, ɛnne wɔrenni bɔne ho fɔ bio na ne saa nti, afɔrebɔ nyinaa to betwa. Saa afɔrebɔ no kae wɔn wɔn bɔne afe biara. Anantwi ne mmirekyi mogya rentumi mpopa bɔne.

Esiane saa nti, bere a Kristo rebɛba wiase no, ɔka kyerɛɛ Onyankopɔn se, “Wompɛ afɔrebɔ ne ayɛyɛde nanso woasiesie ɔhonam ama me. W’ani nnye ɔhyew ne bɔne afɔre anaa afɔre a wɔbɔ de popa bɔne ho. Afei mekae se, ‘Mewɔ ha, rebɛyɛ nea wopɛ sɛ meyɛ sɛnea wɔakyerɛw afa me ho wɔ Mmara nhoma no mu no.’ “

Kan no, ɔkae se, “Wompɛ, na w’ani nso nnye afɔrebɔ ne ayɛyɛde anaa ɔhyew afɔre ne ayɛyɛde a wɔde popa bɔne ho.” Ɛwom na Mmara no kyerɛ sɛ wɔnyɛ saa. Na ɔkae se, “Mewɔ ha rebɛyɛ nea wopɛ sɛ meyɛ.” Ɛno nti, Onyankopɔn agu tete afɔrebɔ no nyinaa na ɔde Kristo afɔrebɔ no asi ananmu. 10 Esiane sɛ Yesu Kristo yɛɛ sɛnea Onyankopɔn hwehwɛ sɛ ɔnyɛ no nti, ɔnam ne honam a ɔde bɔɔ afɔre prɛko maa yɛn no so ama yɛn ho atew afi bɔne ho.

11 Da biara Yudani ɔsɔfo sɔre yɛ n’asɔfodwuma na wabɔ afɔre mpɛn pii. Nanso saa afɔre yi rentumi mpopa bɔne. 12 Kristo de, ɔbɔɔ bɔne ho afɔre. Afɔre a ɛtena daa nyinaa. Na ɛno akyi, ɔtenaa Onyankopɔn nifa so. 13 Ɛhɔ na ɔretwɛn mprempren kosi sɛ Onyankopɔn bɛma n’atamfo ayɛ ne nan ase ntiaso. 14 Ɔnam afɔrebɔ baako so ama nnebɔneyɛfo ho atew daa nyinaa.

15 Na Honhom Kronkron no nso di adanse. Nea edi kan no, ɛka se, 16 “Eyi ne apam a me ne wɔn bɛpam wɔ bere a ɛreba no mu, Awurade na ose: Mede me mmara bɛhyɛ wɔn koma mu na makyerɛw agu wɔn adwene mu.” 17 Na afei waka se, “Merenkae wɔn bɔne ne wɔn amumɔyɛ bio.”

18 Sɛ wɔde eyinom nyinaa kyɛ a, na afɔre a wɔbɔ de popa bɔne no ho nhia bio.

Momma yɛmmɛn Onyankopɔn

19 Anuanom, esiane Yesu wu no nti, yɛade yɛn ho koraa sɛ yɛbɛkɔ Kronkronbea hɔ. 20 Ɔnam ɔno ara ne honam so abue kwan foforo a nkwa wɔ mu ama yɛn.

21 Yɛwɔ ɔsɔfo kɛse bi a ɔhwɛ Onyankopɔn fi so. 22 Momma yɛmfa koma pa, gyidi a emu yɛ den, koma a esiane atiboa bɔne nti, wɔatew ho ne honam a wɔde nsu a ɛyɛ kronn aguare no ntwiw mmɛn Onyankopɔn.

23 Momma yennyina gyidi a yɛaso mu no mu dennen, efisɛ, yɛde yɛn ho to Onyankopɔn so sɛ ɔrenni yɛn hwammɔ.

Dwen papayɛ ho

24 Momma yɛn ho yɛn ho asɛm nhia yɛn na yɛnnodɔ yɛn ho yɛn ho na yɛnyɛ papa. 25 Mommma yennnyae yɛn ho yɛn ho nhyiam da sɛnea afoforo bi yɛ no. Mmom, momma yɛnhyɛ yɛn ho yɛn ho nkuran denneennen, efisɛ, mo ara muhu sɛ ɛrenkyɛ na ɛda no aba.

26 Sɛ moboapa kɔ so yɛ bɔne a, afɔrebɔ biara nni hɔ a ɛbɛpopa mo bɔne, efisɛ, wɔada nokware no adi akyerɛ yɛn. 27 Nea aka ara ne sɛ obiara suro nea ɛbɛba a ɛyɛ atemmu ne ogya a ɛbɛba abɛhyew wɔn a wotia Onyankopɔn no. 28 Obiara a obu Mose Mmara no so no, sɛ adansefo baanu anaa baasa adansedi nti, wobu atɛn tia no a, wobekum no a wɔrenhu no mmɔbɔ. 29 Na obi a watiatia Onyankopɔn Ba no so, na ɔmfa Onyankopɔn mogya apam no a egyee no fii bɔne mu no nyɛ hwee anaa nea otiatia Honhom a ɛma adom no anim no, ɛdɛn na ɛbɛto no? Asotwe a onii no benya no nyɛ adewa.

30 Efisɛ, yenim nea ɔkae se, “Mɛtɔ were, na metua ka,” na ɔno ara na ɔsan kae se, “Awurade bebu ne nkurɔfo atɛn.” 31 Onyankopɔn a ɔte ase no nsam amanenya yɛ hu.

32 Monkae tebea a na mowɔ mu tete no. Saa bere no, sɛ Onyankopɔn hann tɔ mo so na ɔhaw pii to mo a, na ɔpere a mopere no ntumi nni saa ɔhaw no so. 33 Ebi ne sɛ, mpɛn pii wɔyaw mo, gu mo anim ase baguam; na ɛtɔ da bi mpo a, na moasiesie mo ho sɛ mobɛka wɔn a wɔreyɛ wɔn saa no ho. 34 Mo ne nneduafo daa afiase na wɔfaa mo ahode nyinaa no mpo, munyaa ho boasetɔ, efisɛ, munim sɛ ɛyɛ dɛn ara a, mowɔ ade pa bi a ɛbɛtena hɔ daa.

35 Mommma mo koma nntu na moanhwere mo akatua. 36 Ɛsɛ sɛ motɔ mo bo ase na moatumi ayɛ Onyankopɔn apɛde ama mo nsa aka nea wɔahyɛ mo ho bɔ no. 37 Efisɛ, Kyerɛwsɛm no ka se, “Ɛrenkyɛ koraa na nea ɛsɛ sɛ ɔba no aba; ɔrentwentwɛn. 38 M’atreneefo begye adi na wɔatena ase na sɛ wɔn mu bi dan n’akyi kyerɛ a, m’ani rennye ne ho.

39 Yɛnyɛ nnipa a yɛdan yɛn akyi kyerɛ na yɛyera. Mmom, yɛwɔ gyidi nti wɔagye yɛn nkwa.