Japanese Living Bible

へブル人への手紙 10

新しいいのちに至る道

1律法による古い制度は、やがてキリストが与えてくださるもののすばらしさを、かすかに味わわせてくれるにすぎません。いけにえは年ごとに何度もくり返されましたが、それをささげた人たちを救えませんでした。 もし救う力があるのなら、一度だけのいけにえで礼拝する人々はみなきよめられ、その罪意識も消えてしまったことでしょう。 ところが、年ごとのいけにえは、かえって不従順と罪とを思い起こさせました。 雄牛とやぎの血では、罪を取り除くことはできないのです。

そのためキリストは、この世に来られて、こう言われるのです。「神よ。雄牛ややぎの血は、あなたの心にかないません。それで、わたしに肉の体を与え、祭壇の上のいけにえとなさいました。 罪のためのささげ物として、あなたの前で殺されて焼かれる動物のいけにえでは、あなたは満足されませんでした。 そこでわたしは、『まさに聖書に記されてあるとおり、わたしはあなたの御心を行い、いのちを捨てるために来ました』と申し上げたのです。」詩篇40・6-8 すなわちキリストは、「古い制度が要求するさまざまのいけにえやささげ物では、神は満足されない」と語ったあとで、 「わたしはいのちを捨てるために来ました」と言われたのです。キリストは、はるかにすぐれた制度を打ち立てるために、最初の制度を廃止されました。 10 この新しい計画にそって、キリストはただ一度死なれ、それによって私たちは罪を赦され、きよくされているのです。

11 古い契約のもとでは、祭司たちは毎日、祭壇にいけにえをささげますが、それらは決して罪を取り除くことができません。 12 しかしキリストは、いつまでも有効な、ただ一つのいけにえとして、私たちの罪のためにご自分を神にささげ、そのあと神の右の座について、 13 敵が足の下に踏みつけられるその日を待っておられます。 14 キリストは、この一度かぎりの行為によって、ご自分がきよめる人々をみな、永遠に完全なものとしてくださったのです。

15 聖霊も同じ証言をされます。 16 「イスラエル人たちは最初の契約を破ったが、わたしが新たに彼らと結ぼうとしている契約はこれである。わたしは、常にわたしの意思を知らせるために、律法を彼らの心に書き記す。そして、律法を彼らの思いの中に据えるので、彼らは喜んでこれに従うようになる。」エレミヤ31・33 17 さらに聖霊は、こうも言われます。「わたしは、二度と彼らの罪と不法を思い出さない。」エレミヤ31・34 18 このように罪が永久に赦され、また忘れ去られてしまうなら、罪を取り除くためのいけにえを、これ以上ささげる必要はありません。

19 ですから、愛する皆さん。いま私たちは、イエスが血を流されたことによって、神のおられる至聖所に堂々と入って行けるのです。 20 この新しいいのちに至る道は、キリストがご自分の体という幕を引き裂くことによって開いてくださいました。私たちはこの道を通って、きよい神の前に進み出ることができるのです。 21 また、このキリストという偉大な大祭司が神の家を支配しておられるのですから、 22 私たちは、まちがいなく受け入れられるという確信と真実な心をもって、神の御前にまっすぐ進み出ようではありませんか。すでに、私たちの心はキリストの血を注がれてきよめられ、体はきよい水で洗われているのです。 23 いま私たちは、神が約束してくださった救いを、希望をもって待ち望むことができ、救いが確実であることを疑いなく語ることができます。神のことばは必ず実現します。

忍耐強く良いことをする

24 神が成し遂げてくださったすべてのことにこたえて、私たちも互いに愛し合い、善行に励もうではありませんか。 25 集会から離れたりする人たちにならってはいけません。主が再びおいでになる日は、もう間近なのですから、互いに励まし合っていきましょう。

26 もし罪の赦しの真理を知ってから、救い主を拒否して、罪を犯し続ける人がいるとしたら、その人はキリストの死によっても赦されません。もはや、その罪を消す方法はどこにもないのです。 27 その人には、敵対する者を一人残らず焼き尽くす、神の激しい怒りと恐ろしい刑罰が待っているだけです。 28 モーセの律法に従わなかった者たちは、その罪に対する二、三人の証言が得られれば、死刑に処せられました。 29 それならなおさら、神の御子を踏みつけ、罪をきよめるキリストの血を汚れたものとし、神のあわれみを人々にもたらす聖霊を拒絶する者に、どんなに恐ろしい刑罰が下るか、よく考えてみなさい。 30 私たちは、「正義はわたしのものである。復讐はわたしがする」申命32・35、また、「主がその民をさばかれる」申命32・36と言われた方をよく知っています。 31 生ける神の手の中に陥ることは、なんと恐ろしいことでしょう。

32 あなたがたは、初めてキリストを知った時の祝福された日々を、いつまでも忘れないようにしなさい。また、死ぬほどの苦しみに会いながらも、主と共に戦い抜いてきたことを、いつも心にとめていなさい。 33 時には、あなたがた自身があざけられたり、打ちのめされたりし、また、同じ苦しみを味わっている人たちの友となったりしました。 34 牢獄に捕らわれの身となった人たちと共に苦しみ、また全財産を奪われても、喜んでそれに耐え抜きました。それはあなたがたが、もっとすぐれた、永遠に残るものを持っていることを知っていたからです。 35 このようなすばらしい祝福が待っているのですから、どんなことがあっても、主を信じ続けなさい。やがて主から受ける報いを思いなさい。 36 神の約束されたものをいただきたいと願うなら、忍耐しなければなりません。 37 キリストが再び来られる日が、これ以上遅れることはありません。 38 神の前に義と認められる人たちは、信仰によって生きるのです。しりごみするような人を、神は喜ばれません。 39 私たちは、神に背を向けて滅びる者ではなく、信じていのちを得る者なのです。

The Message

Hebrews 10

The Sacrifice of Jesus

11-10 The old plan was only a hint of the good things in the new plan. Since that old “law plan” wasn’t complete in itself, it couldn’t complete those who followed it. No matter how many sacrifices were offered year after year, they never added up to a complete solution. If they had, the worshipers would have gone merrily on their way, no longer dragged down by their sins. But instead of removing awareness of sin, when those animal sacrifices were repeated over and over they actually heightened awareness and guilt. The plain fact is that bull and goat blood can’t get rid of sin. That is what is meant by this prophecy, put in the mouth of Christ:

You don’t want sacrifices and offerings year after year;
    you’ve prepared a body for me for a sacrifice.
It’s not fragrance and smoke from the altar
    that whet your appetite.
So I said, “I’m here to do it your way, O God,
    the way it’s described in your Book.”

When he said, “You don’t want sacrifices and offerings,” he was referring to practices according to the old plan. When he added, “I’m here to do it your way,” he set aside the first in order to enact the new plan—God’s way—by which we are made fit for God by the once-for-all sacrifice of Jesus.

11-18 Every priest goes to work at the altar each day, offers the same old sacrifices year in, year out, and never makes a dent in the sin problem. As a priest, Christ made a single sacrifice for sins, and that was it! Then he sat down right beside God and waited for his enemies to cave in. It was a perfect sacrifice by a perfect person to perfect some very imperfect people. By that single offering, he did everything that needed to be done for everyone who takes part in the purifying process. The Holy Spirit confirms this:

This new plan I’m making with Israel
    isn’t going to be written on paper,
    isn’t going to be chiseled in stone;
This time “I’m writing out the plan in them,
    carving it on the lining of their hearts.”

He concludes,

I’ll forever wipe the slate clean of their sins.

Once sins are taken care of for good, there’s no longer any need to offer sacrifices for them.

Don’t Throw It All Away

19-21 So, friends, we can now—without hesitation—walk right up to God, into “the Holy Place.” Jesus has cleared the way by the blood of his sacrifice, acting as our priest before God. The “curtain” into God’s presence is his body.

22-25 So let’s do it—full of belief, confident that we’re presentable inside and out. Let’s keep a firm grip on the promises that keep us going. He always keeps his word. Let’s see how inventive we can be in encouraging love and helping out, not avoiding worshiping together as some do but spurring each other on, especially as we see the big Day approaching.

26-31 If we give up and turn our backs on all we’ve learned, all we’ve been given, all the truth we now know, we repudiate Christ’s sacrifice and are left on our own to face the Judgment—and a mighty fierce judgment it will be! If the penalty for breaking the law of Moses is physical death, what do you think will happen if you turn on God’s Son, spit on the sacrifice that made you whole, and insult this most gracious Spirit? This is no light matter. God has warned us that he’ll hold us to account and make us pay. He was quite explicit: “Vengeance is mine, and I won’t overlook a thing” and “God will judge his people.” Nobody’s getting by with anything, believe me.

32-39 Remember those early days after you first saw the light? Those were the hard times! Kicked around in public, targets of every kind of abuse—some days it was you, other days your friends. If some friends went to prison, you stuck by them. If some enemies broke in and seized your goods, you let them go with a smile, knowing they couldn’t touch your real treasure. Nothing they did bothered you, nothing set you back. So don’t throw it all away now. You were sure of yourselves then. It’s still a sure thing! But you need to stick it out, staying with God’s plan so you’ll be there for the promised completion.

It won’t be long now, he’s on the way;
    he’ll show up most any minute.
But anyone who is right with me thrives on loyal trust;
    if he cuts and runs, I won’t be very happy.

But we’re not quitters who lose out. Oh, no! We’ll stay with it and survive, trusting all the way.