Chinese Union Version (Simplified)

傳 道 書 5

1你 到 神 的 殿 要 谨 慎 脚 步 ; 因 为 近 前 听 , 胜 过 愚 昧 人 献 祭 ( 或 译 : 胜 过 献 愚 昧 人 的 祭 ) , 他 们 本 不 知 道 所 做 的 是 恶 。

你 在 神 面 前 不 可 冒 失 开 口 , 也 不 可 心 急 发 言 ; 因 为 神 在 天 上 , 你 在 地 下 , 所 以 你 的 言 语 要 寡 少 。

事 务 多 , 就 令 人 做 梦 ; 言 语 多 , 就 显 出 愚 昧 。

你 向 神 许 愿 , 偿 还 不 可 迟 延 , 因 他 不 喜 悦 愚 昧 人 , 所 以 你 许 的 愿 应 当 偿 还 。

你 许 愿 不 还 , 不 如 不 许 。

不 可 任 你 的 口 使 肉 体 犯 罪 , 也 不 可 在 祭 司 ( 原 文 是 使 者 ) 面 前 说 是 错 许 了 。 为 何 使 神 因 你 的 声 音 发 怒 , 败 坏 你 手 所 做 的 呢 ?

多 梦 和 多 言 , 其 中 多 有 虚 幻 , 你 只 要 敬 畏 神 。

你 若 在 一 省 之 中 见 穷 人 受 欺 压 , 并 夺 去 公 义 公 平 的 事 , 不 要 因 此 诧 异 ; 因 有 一 位 高 过 居 高 位 的 鉴 察 , 在 他 们 以 上 还 有 更 高 的 。

况 且 地 的 益 处 归 众 人 , 就 是 君 王 也 受 田 地 的 供 应 。

10 贪 爱 银 子 的 , 不 因 得 银 子 知 足 ; 贪 爱 丰 富 的 , 也 不 因 得 利 益 知 足 。 这 也 是 虚 空 。

11 货 物 增 添 , 吃 的 人 也 增 添 , 物 主 得 甚 麽 益 处 呢 ? 不 过 眼 看 而 已 !

12 劳 碌 的 人 不 拘 吃 多 吃 少 , 睡 得 香 甜 ; 富 足 人 的 丰 满 却 不 容 他 睡 觉 。

13 我 见 日 光 之 下 有 一 宗 大 祸 患 , 就 是 财 主 积 存 资 财 , 反 害 自 己 。

14 因 遭 遇 祸 患 , 这 些 资 财 就 消 灭 ; 那 人 若 生 了 儿 子 , 手 里 也 一 无 所 有 。

15 他 怎 样 从 母 胎 赤 身 而 来 , 也 必 照 样 赤 身 而 去 ; 他 所 劳 碌 得 来 的 , 手 中 分 毫 不 能 带 去 。

16 他 来 的 情 形 怎 样 , 他 去 的 情 形 也 怎 样 。 这 也 是 一 宗 大 祸 患 。 他 为 风 劳 碌 有 甚 麽 益 处 呢 ?

17 并 且 他 终 身 在 黑 暗 中 吃 喝 , 多 有 烦 恼 , 又 有 病 患 呕 气 。

18 我 所 见 为 善 为 美 的 , 就 是 人 在 神 赐 他 一 生 的 日 子 吃 喝 , 享 受 日 光 之 下 劳 碌 得 来 的 好 处 , 因 为 这 是 他 的 分 。

19 神 赐 人 资 财 丰 富 , 使 他 能 以 吃 用 , 能 取 自 己 的 分 , 在 他 劳 碌 中 喜 乐 , 这 乃 是 神 的 恩 赐 。

20 他 不 多 思 念 自 己 一 生 的 年 日 , 因 为 神 应 他 的 心 使 他 喜 乐 。

Священное Писание (Восточный перевод), версия с «Аллахом»

Разм 5

1Подумай, прежде чем что-то сказать,
    не торопись произнести слово перед Аллахом.
Аллах на небе,
    а ты на земле,
    так будь же немногословен.
И как снятся беспокойные сны при множестве забот,
    так и речь глупца рождается при множестве слов.

Когда даёшь обет Аллаху, не замедли исполнить его. Ему не угодны глупцы; исполни то, что обещал. Лучше не давать обещания, чем дать и не исполнить. Не позволяй устам своим ввести тебя в грех. И не говори посланнику[a]: «Моё обещание было ошибкой». Зачем тебе, чтобы Аллах прогневался на слова твои и уничтожил дело рук твоих? Пустота во множестве сноведений, как и в многословии, поэтому бойся Аллаха!

Богатство – пусто

Если ты увидишь, что в какой-то местности притесняют бедного и не соблюдается правосудие и справедливость, то не удивляйся этому, потому что над одним правителем стоит другой, который наблюдает за ним, а над ними есть ещё более высокое начальство. Но всё же лучше для страны, чтобы у неё был царь, заботящийся о земле.[b]

Кто любит деньги,
    тому их никогда не хватает,
и кто любит богатство,
    никогда не будет доволен своим доходом.
    И это тоже пустое.
10 Когда увеличивается имущество,
    увеличивается и число нахлебников.
В чём польза его владельцу,
    кроме как смотреть на него?

11 Сон работника сладок,
    много ли он съел или мало.
Но объевшийся богач
    всё ворочается в своей кровати.

12 И видел я ужасное зло под солнцем:

человек зря копил богатство –
13     оно было потеряно из-за неудачной сделки,
    а теперь ему нечего оставить своему сыну.
14 Нагим человек выходит из утробы матери,
    и каким он пришёл, таким и уходит.
Он ничего не возьмёт от труда своего,
    не унесёт с собой и горсти.

15 И это тоже ужасное зло:

каким человек пришёл, таким и уходит,
    и какая польза ему,
    что он трудится на ветер?
16 Все дни его жизни проходят во тьме,
    в большом разочаровании, огорчении и гневе.

17 Затем я понял, что хорошо и правильно для человека есть и пить и находить наслаждение в труде своём под солнцем в течение немногих дней жизни, что дал ему Аллах, ведь такова его доля. 18 Более того, если Аллах даёт кому-либо богатство, имущество и возможность пользоваться ими, получить свою долю и наслаждаться своим трудом, то это дар Аллаха. 19 Редко такой человек размышляет о своей жизни, потому что Аллах наполняет радостью сердце его.

Footnotes

  1. 5:5 Этот посланник, скорее всего, священнослужитель, пришедший из храма за обещанным. Однако слово, стоящее в оригинале, можно перевести и как «ангел».
  2. 5:8 Или: «Каждый получает прибыль от земли, и даже царь извлекает из неё свою пользу».