Chinese Contemporary Bible (Simplified)

创世记 1

上帝创造天地

1太初,上帝创造了天地。 那时,大地空虚混沌,还没有成形,黑暗笼罩着深渊,上帝的灵运行在水面上。 上帝说:“要有光!”就有了光。 上帝看光是好的,就把光和暗分开, 称光为昼,称暗为夜。晚上过去,早晨到来,这是第一天[a] 上帝说:“水与水之间要有穹苍,把水分开。” 果然如此。上帝开辟了穹苍,用穹苍将水上下分开。 上帝称穹苍为天空。晚上过去,早晨到来,这是第二天。

上帝说:“天空下面的水要聚在一处,使干地露出来。”果然如此。 10 上帝称干地为陆地,称水汇聚的地方为海洋。上帝看了,感到满意。 11 上帝说:“陆地要长出植物——各类结种子的菜蔬和结果子的树木,果子内都有籽。”果然如此, 12 陆地长出了植物——各类结种子的菜蔬和结果子的树木,果子内都有籽。上帝看了,感到满意。 13 晚上过去,早晨到来,这是第三天。

14 上帝说:“天空要有光体,以区分昼夜,作记号,定节令,计算年日, 15 发光普照大地。”果然如此。 16 上帝造了两个大光体,较大的管白昼,较小的管黑夜,又造了星辰。 17 上帝把这些光体摆列在天空,让它们发光普照大地, 18 管理昼夜,分开明暗。上帝看了,感到满意。 19 晚上过去,早晨到来,这是第四天。

20 上帝说:“水中要充满各种动物,空中要有禽鸟飞翔。” 21 上帝就造了海中的大鱼等各类水族和各类禽鸟。上帝看了,感到满意。 22 上帝赐福给这一切生物,说:“水族要生养繁殖,充满海洋,禽鸟也要在地上多多地繁殖。” 23 晚上过去,早晨到来,这是第五天。 24 上帝说:“大地要繁衍各类动物——各类的牲畜、爬虫和野兽。”果然如此。 25 上帝造了各类的野兽、牲畜和爬虫。上帝看了,感到满意。

上帝照自己的形象造人

26 上帝说:“我们要照着我们的形象,按着我们的样子造人,让他们管理海里的鱼、空中的鸟和地上的牲畜及一切爬虫。” 27 上帝就照着自己的形象造了人,祂照着自己的形象造了男人和女人。 28 上帝赐福给他们,对他们说:“你们要生养众多,遍布地面,治理大地,管理海里的鱼、空中的鸟以及地上的各种动物。” 29 上帝对人说:“看啊,我把地上所有结种子的菜蔬和所有树上有籽的果子都赐给你们作食物。 30 我把植物赐给所有地上的走兽、空中的飞鸟及地上的爬虫作食物。”果然如此。 31 上帝看了,感到非常满意。晚上过去,早晨到来,这是第六天。

Footnotes

  1. 1:5 这是第一天”或译“这是一天”。

Japanese Living Bible

創世記 1

天と地の創造

1まだ何もなかった時、神は天と地を造りました。 地は形も定まらず、闇に包まれた水の上を、さらに神の霊が覆っていました。

「光よ、輝き出よ。」神が言われると、光がさっとさしてきました。 4-5 それを見て、神は大いに満足し、光と闇とを区別しました。しばらくの間、光は輝き続け、やがて、もう一度闇に覆われました。神は光を「昼」、闇を「夜」と名づけました。こうして昼と夜ができて、一日目が終わりました。

「もやは上下に分かれ、空と海になれ」と神が言われると、 7-8 そのとおり水蒸気が二つに分かれ、空ができました。こうして二日目も終わりました。

9-10 「空の下の水は集まって海となり、乾いた地が現れ出よ。」こう神が言われると、そのとおりになりました。神は乾いた地を「陸地」、水の部分を「海」と名づけました。それを見て満足すると、 11-12 神はまた言われました。「陸地には、あらゆる種類の草、種のある植物、実のなる木が生えよ。それぞれの種から同じ種類の草や木が生えるようになれ。」すると、そのとおりになり、神は満足しました。 13 これが三日目です。

14-15 神のことばはさらに続きます。「空に光が輝き、地を照らせ。その光で、昼と夜の区別、季節の変化、一日や一年の区切りをつけよ。」すると、そのとおりになりました。 16 こうして、地を照らす太陽と月ができました。太陽は大きく明るいので昼を、月は夜を治めました。このほかにも、星々が造られました。 17 神はそれをみな空にちりばめ、地を照らすようにしました。 18 こうして昼と夜を分け終えると、神は満足しました。 19 ここまでが四日目の出来事です。

20 神は再び言われました。「海は魚やその他の生き物であふれ、空はあらゆる種類の鳥で満ちよ。」 21-22 神は海に住む大きな生き物をはじめ、あらゆる種類の魚と鳥を造りました。みなすばらしいものばかりです。神はそれを見て、「海いっぱいに満ちよ。鳥たちは地を覆うまでに増えよ」と祝福しました。 23 これが五日目です。

24 次に神は言われました。「地は、家畜や地をはうもの、野の獣など、あらゆる種類の生き物を生み出せ。」そのとおりになりました。 25 神が造った生き物は、どれも満足のいくものばかりでした。

26 そして最後に、神はこう言われました。「さあ、人間を造ろう。地と空と海のあらゆる生き物を治めさせるために、われわれに最も近い、われわれのかたちに似せて人間を造ろう。」 27 このように人間は、天地を造った神の特性を持つ者として、男と女とに創造されました。

28 神は人間を祝福して言われました。「地に増え広がり、大地を治めよ。あなたがたは、魚と鳥とすべての動物の主人なのだ。 29 全地に生える種のある植物を見てみなさい。みなあなたがたのものだ。実のなる木もすべて与えるから、好きなだけ食べるがいい。 30 また、動物や鳥にも、あらゆる草と植物を彼らの食物として与える。」 31 神はでき上がった世界を隅から隅まで見渡しました。とてもすばらしい世界が広がっていました。こうして六日目が終わりました。