詩篇 35:11-18

これらの悪者どもは、宣誓したその舌で
うその証言をします。
身に覚えのないことで私を告訴します。
良いことをしてやっても、悪でそれに報いるのです。
私はもう力尽きてくずおれそうです。
彼らが病気の時、
私は彼らを治してやってくださいと
神に泣いてすがりました。
そのために食を断ち、ひたすら祈り続けました。
しかし、神はお聞き入れになりませんでした。
私はまるで、
親兄弟や友人が危篤ででもあるかのように、
悲しみに暮れました。
ところが、いざ私が困難にぶつかると、
彼らは手を打って喜び、
ひとつになって押しかけて来ては、
絶えず中傷するのです。
中には、私の知らない顔もありました。
私をのろわせるのに、
町のならず者まで駆り集めていたからです。
主よ、いつまで何もせずに、
立ちつくしていらっしゃるのですか。
どうか助け出してください。
若いライオンが牙をむいて、
私のただ一つのいのちをねらっています。
お救いください。
そうすれば、私は強い人々の群れをもものともせず、
感謝の祈りをささげます。

Read More of 詩篇 35