詩篇 34:1-10

何が起ころうと、私は主をほめたたえます。
どんなときにも、主の栄光と恵みを人々に伝えます。
主の温かいご配慮のすべてを誇ります。
失意の中にある人々は気を取り直しなさい。
さあ、共に主をほめたたえ、
その御名をとどろかせましょう。
声の限りに私が呼び求めた時、
主はそれに答えて、
いっさいの恐怖を取り払ってくださいました。
主のなさることを見て、
私以外の人も顔を輝かせました。
もう、その表情は沈んでいません。
大声で叫び求める哀れな者を、
主は苦しみから助け出してくださいました。
主の使いは敬虔な人を守り、
救い出してくれるのです。

さあ、主に信頼しましょう。
そうすれば、どんなに神が恵み深いお方か
知ることができます。
神に信頼する人には恵みが雨のように
降り注ぐことを、
自分で確かめてごらんなさい。
あなたが主のものとなっているのなら、
恐れ敬いなさい。
恐れ敬う者には、必要なものがいっさい与えられます。
若く雄々しいライオンも、
時にはひもじさに襲われます。
しかし、主を敬う私たちに、
祝福が足りなくなることなどありません。

Read More of 詩篇 34