詩篇 119:57-64

主は私の大切なお方ですから、喜んでお従いします。
私はひたすら祝福を求めています。
どうか、お約束どおり、私をあわれんでください。
私は、知らないうちに誤った方向に
進んでいる自分に気づき、
あわてて引き返し、神のもとに駆け戻りました。
悪者どもは、私の首に綱を巻き、
罪に引きずり込もうとしました。
しかし、私はあなたのおきてに守られています。
真夜中に私は起きて、
こんなにすばらしいおきてを
授けてくださったお方に感謝します。
主を信じて従う人は、だれでも私の兄弟です。
ああ主よ。大地は恵みであふれています。
正しい道をお教えください。

Read More of 詩篇 119