箴言 知恵の泉 6:1-11

愚かな者にならないように

わが子よ。見ず知らずの人の保証人になり、
借金の肩代わりをすることになったら、
それは深刻な問題です。
あなたは自分が承諾したことによって、
罠に陥ったのです。
もしそうなったら、すぐに手を打ちなさい。
プライドを捨て、恥をかくことを覚悟して
相手のところへ飛んで行き、
証書から名前を消してもらいなさい。
先に延ばさず、今すぐしなさい。
眠るのはそのあとにしなさい。
鹿が猟をする者の手を逃れ、
鳥が網から逃れるように、うまく逃れるのです。
怠け者よ、蟻を見ならいなさい。
蟻のやり方を見て学びなさい。
蟻には、働けと命じる支配者がいません。
それでも夏の間懸命に働き、冬の食糧を集めます。
ところが、あなたがたは眠ってばかりいます。
いったいいつ目を覚ますのですか。
「まだしばらく寝かせてほしい」と言っていますが、
その「ほんの少し」が問題なのです。
のんびり眠っている間に
泥棒のように貧しさが近づいてきて、
気がついたときには手遅れです。

Read More of 箴言 知恵の泉 6