箴言 知恵の泉 14:25-35

真実を言う証人は
無実の罪をはらしてくれますが、
偽りの証人は平気で人を裏切ります。
神を恐れる人は頑健で、
子どもたちは安心して、その人に頼ります。
主を恐れることはいのちの泉です。
その水を飲めば生きる力がわいてきます。
民が増えるのは王にとって栄光であり、
民が減るのは王座の揺らぐしるしです。
利口な人は腹を立てるのは愚かだと知っているので、
自分の感情を抑えます。
心がおおらかだと長生きし、
激しやすい人は寿命を縮めます。
貧しい人をいじめるのは、
その人たちを造った神をさげすむこと、
貧しい人を助けるのは神をほめたたえることです。
神を信じる人には、
死ぬ時にも心の拠り所がありますが、
悪者は罪に押しつぶされます。
知恵は聡明な人の心に住み、
愚か者がそれを聞くには
大声で叫ばなければなりません。
神を敬うことは国を高め、
罪は民をおとしめます。
やるべきことを心得ている召使は王に好かれ、
やっかいな召使は王の怒りを買います。

Read More of 箴言 知恵の泉 14