箴言 知恵の泉 1:8-19

序文――知恵を求め、悪者には警戒しなさい

では、どうしたら賢く
なれるのでしょう。
まず主を信じ、主を大切にすることです。
愚かな人は主の教えをさげすみます。
両親の忠告に従いなさい。
そうすれば、あとになって
人々にほめられるようになります。
もし悪い仲間が、「われわれの仲間に入れ」
と言っても、きっぱり断りなさい。
「待ち伏せして人を襲い、
身ぐるみ巻き上げ、殺そう、
正しい者も悪い者も見境なく。
盗んだ物はわれわれのものだ。
あらゆる物が!
さあ、仲間に入れ。山分けしよう」と誘われても、
決してその誘いにのってはいけません。
そんな者たちには近寄らないようにしなさい。
彼らは悪いことをするだけが生きがいで、
人殺しは彼らの専売特許なのです。
鳥は罠が仕掛けられているところを見れば、
近寄りません。
ところが、彼らは自分で自分を罠にかけているのです。
愚かなことに、罠をかけて
自分のいのちをつけねらっているのです。
暴力をふるったり人殺しをしたりする者たちは、
みなこうなるのです。
彼らには悲惨な死が待っています。

Read More of 箴言 知恵の泉 1