イザヤ書 24

ユダが荒地となる

主は地をくつがえし、
広大な荒れ地にしようとしています。
全国民を地上のあちこちに追い散らします。
祭司も一般の民も、召使も主人も、
女奴隷も女主人も、売り手も買い手も、
貸す者も借りる者も、銀行家も債務者も、
一人として免れることはできません。
地は完全にすたれ、
いっさいのものが略奪されます。
主がそれを語りました。
国は民の罪のために苦しみ、地はやせ衰え、
作物はしおれ、空は雨を降らせません。
国は犯罪によって汚れました。
住民が神のおきてに背き、
神の永遠の命令を破ったからです。
そのため神ののろいが下り、
人々は心がすさみ、日照りで死に絶えます。
生き残る者は数えるほどしかいません。
人生の喜びは去り、
ぶどうは収穫期になっても実らず、
ぶどう酒は底をつきます。
陽気だった人も顔をくもらせ、
うなだれます。

竪琴やタンバリンの陽気な音は二度と聞かれません。
楽しかった時代は終わりました。
ぶどう酒を飲みながら歌う喜びはなくなり、
強い酒を飲んでも、口の中が苦くなるばかりです。
町は無法地帯も同然で、
どの家も店も戸締まりを厳重にし、
略奪されないようにと神経をとがらせます。
暴徒は群れをなし、
「酒をくれ」とわめきます。
喜びは失われ、楽しみは忘れ去られました。
町は荒れ放題、
城門は無残な姿をさらすばかりです。

国中どこでも、わずかな生存者しかいません。

しかし、残った者は大喜びで歌います。

西に住む者が神の偉大さをたたえれば、
東に住む者も、喜んで声を合わせます。
地の果てから主をほめ歌い、
正義の神の誉れをたたえる声に耳をすましなさい。
ああ、それなのに、
私の心は憂いのために重く沈んでいます。
悪は依然としてはびこり、
裏切り行為が至るところで見られます。
全世界の人々よ。
あなたがたが恐怖の地獄へ引かれて行く運命に
変わりはありません。
恐ろしくなって逃げようとすると、
穴に落ち込みます。
やっとの思いで穴からはい出せば、
今度は罠にかかります。
天から滅びが降ってくるので、
足の下で大地は揺れ動きます。
地はずたずたに裂け、
何もかも原形をとどめないほどになり、
足の踏み場もなくなります。
世界中が酔った者のようにふらつき、
嵐に会ったテントのように揺れ動きます。
あまりの罪の大きさに耐えきれず、
世界は倒れて、二度と起き上がれません。
その日、主は天上の堕落した天使を罰し、
地上の国々の高慢な支配者に罰を加えます。
彼らは囚人のように駆り集められ、
刑の執行の時まで地下牢に閉じ込められます。
ついに天の軍勢の主はシオンの御座に上り、
イスラエルの長老たちの見ている前で、
エルサレムを中心に世を治めます。
その栄光は、太陽の輝きも月のうるわしさも、
色あせてしまうほどです。

Read More of イザヤ書 24

イザヤ書 25

主への賛美

主よ、私はあなたをあがめ、御名をたたえます。
あなたは私の神であり、
すばらしいことをする方だからです。
あなたはずっと昔から計画しておられたことを、
そのとおり実現しました。
大都市を廃墟とし、
難攻不落を誇っていた要塞を瓦礫の山にしました。
外国人の建てた美しい宮殿は影も形もなくなり、
再建のあてさえありません。
どんなに強い国でも、
神の前に出たら、怖くてひざが震えます。
どんなに血も涙もない冷酷な国でも、
神に服従し、御名をあがめます。
しかし主は、貧しい者にとっては、
嵐を避ける隠れ家、暑さをしのぐ木陰、
土塀をくずす激しい雨のように
非情な人間からかくまう避け所です。
乾燥し熱しきった地が、
上空を覆う雲でほてりを静めるように、
神は血も涙もない国々の思い上がりを冷まします。

天の軍勢の主は、エルサレムにあるシオンの山で、
全世界の人々のために豪華な宴会を催します。
おいしいごちそうと、熟成したぶどう酒、
それに脂肪ののった肉が出ます。
その時、神は、地表を覆っている
死の雲を取り除き、
永久にのみ尽くします。
神である主は、すべての涙をぬぐい、
ご自分の国と国民に対するいっさいの侮辱と
さげすみとを、永久に取り除きます。
主がそう語ったのですから、
必ずそのとおりになります。
その日、人々は、
「このお方こそ、私たちが信頼し、
長い間待ち続けた神だ。
とうとう、おいでになったのだ」と大声で叫びます。
なんと喜びにあふれた日でしょう。
主の恵みの御手はエルサレムにとどまり、
一方、モアブは御足の下でわらのように
踏みにじられ、腐ってしまうのです。
泳ぐ人が水をかくように、
モアブも必死に手を伸ばしますが、
神は彼らを押さえつけます。
彼らの思い上がりと、
いっさいの悪を終わらせるのです。
モアブの高い城壁はくずれ落ち、
ただの土くれになります。

Read More of イザヤ書 25

イザヤ書 26

賛美の歌

ユダの民の歌う声を聞きなさい。
その日、国中にこのような歌が流れます。
「私たちの町はびくともしない。
神の救いの城壁で囲まれているからだ。」
門を開けて、自由に入らせなさい。
神を愛する人なら、だれでも中に入れます。
神を信頼し、いつも主のことに思いをはせる者を、
神は何の心配もないように守ってくださいます。
どんなときでも、神である主に信頼しなさい。
あなたの永遠の力は主のうちにあるからです。
主は思い上がった者を辱め、
横柄な町をひざまずかせ、城壁をくずします。
神はそれを、貧しい人や困っている人に与えます。
正しい人の道は、息の切れる坂や、
歩きにくいでこぼこ道ではありません。
神が道をならし、平らにするのです。
主よ、私たちは、神がお喜びになることを
行いたいと思っています。
私たちの心からの願いは、
御名を高らかにたたえることです。
私は夜通し神を探し求めます。真剣に尋ねます。
あなたがさばきの神として地上に下り、
罰を加えなければ、
人々は悪を離れ、正しいことを行わないからです。

あなたがどんなに親切にしても、
悪者は善人になりません。
彼らは悪事を働くだけで、
あなたの偉大さやすばらしさを心に留めないのです。
神の警告を聞いても、いっこうに気にかけず、
振り上げられたこぶしを見ようともしません。
どうか、イスラエルをどんなに愛しているかを、
はっきり示してください。
そうすれば彼らも恥じ入るでしょう。
神の敵のために取っておいた火で、
彼らを焼き尽くしてください。
主よ、私たちに平和を与えてください。
私たちが今持っているもの、私たちの今の境遇は、
みなあなたから頂いたものばかりです。
私たちの神、主よ。
私たちは以前、ほかの神々を拝んでいましたが、
今はあなただけを礼拝しています。
私たちが仕えた神々は死んで姿を消し、
もう息を吹き返しません。
あなたが彼らに立ち向かい、滅ぼしたからです。
彼らはすっかり忘れ去られました。
主はなんとすばらしい方でしょう。
私たちの国境を広げ、
私たちを偉大な民にしました。

神よ、彼らは苦しいときに神を求めました。
神の罰が下った時、絶え入るような声で祈りました。
神よ、私たちはなぜ、
あなたのもとから遠ざかったのでしょう。
そのため、苦しみもだえる産婦のように苦しみました。
身もだえしてうめきました。
どんなに努力しても、自由の身になれませんでした。
しかし私たちは、
神に従う者は必ず生き返ると確信しています。
そのような人の体はよみがえります。
ちりの中に住んでいる者は、やがて目を覚まし、
喜びの歌声を上げるはずです。
神のいのちの光が、露のように降ってくるからです。

私の民よ、家へ帰って、戸に鍵をかけなさい。
敵に対する主の憤りが過ぎ去るまで、
ほんのしばらく隠れていなさい。
主は、地に住む者の罪を罰するために、
天から下りて来ます。
地は、もはや人殺しをかくまいません。
一人一人の罪状が明らかになるのです。

Read More of イザヤ書 26