Swedish Contemporary Bible

Psalms 12

Psalm 12

Klagan över ondskan

1För körledaren, enligt sheminit[a]. En psalm av David.

2Herre, rädda mig! De fromma är borta,

de trofasta människorna finns inte kvar.

3Alla ljuger för varandra,

de talar med hala tungor ur delade hjärtan.

4Herren göra slut på de hala tungorna,

tysta deras stora ord.

5De säger: ”Vår tunga upphöjer oss,

våra läppar ger oss makt.

Vem kan stå som herre över oss?”

6”De svaga förtrycks, de fattiga klagar,

och därför vill jag nu gripa in”, säger Herren,

”jag vill ge frälsning åt den som blir föraktad[b].”

7Herrens ord är rena,

som silver som renats i smältugnen sju gånger.

8Herre, du som bevarar dem,

beskydda oss alltid för detta släkte!

9Överallt där uselheten prisas

stryker de gudlösa omkring.[c]

Notas al pie

  1. 12:1 Se not till 6:1.
  2. 12:6 Eller: den som längtar därefter. Grundtextens innebörd är osäker.
  3. 12:9 Grundtextens innebörd är osäker.

Japanese Living Bible

詩篇 12

1主よ、助けてください。
神を敬う者がみるみる減っていきます。
世界中を探しても、信頼できる人などいません。
だれもかれもがだまし合い、
お世辞を並べ立て、うそをつきます。
もはや、一かけらの誠実も残っていません。
3-4 しかし、このようにふるまう者に、
主がおだやかに接するはずはありません。
「好きなだけうそをついてやろう。この舌は自分の舌だ。
だれも止めることはできない。」
こんな高慢なうそつきどもを、主は滅ぼすのです。

主はこう言われます。
「立ち上がって、虐待された者、貧しい者、
困っている者を守ろう。
わたしの救いを待ちこがれてきた人々を助け出そう。」
主の約束は確実です。
不用意なことばが主の口からもれることはなく、
七度も精錬された銀のように、
純粋そのものの真理だけをお語りになります。
ああ主よ。あなたはご自分の民を、
悪者の手の届かないところに
永久にかくまってくださいます。
たとえ、悪者が周囲をうろつき、
国中に不道徳が横行しようとも。