Псалтирь 122 NRT - 詩篇 122 JLB

New Russian Translation

Psalms 122

Псалом 122

1Песнь восхождения.

К Тебе поднимаю глаза свои,

Обитающий на небесах!

2Вот, как глаза слуг смотрят на руку своего господина,

и глаза служанки на руку своей госпожи,

так наши глаза обращены на Господа,

до тех пор, пока Он не смилуется над нами.

3Помилуй нас, Господи, помилуй нас,

потому что мы по горло насыщены презрением.

4Душа наша наполнена до краев оскорблением надменных

и презрением гордых.

Japanese Living Bible

詩篇 122

1エルサレムの主の宮に行こうと
誘われた時のうれしさは忘れられません。
2-3 私たちは今、都の雑踏の中に立っています。
神のおきてに従って、
イスラエル中の主の民がここに集まり、
主を礼拝し、感謝と賛美をささげるのです。
都の門のそばでは、
裁判官が人々の論争を裁いています。

エルサレムの平和のために祈ってください。
この都を愛する人々に繁栄がもたらされますように。
エルサレムの城壁のうちに平和がみなぎり、
宮殿は富み栄えますように。
この都に住む友、兄弟のために願います。
主の宮にふさわしい平和で満たされますようにと。