New Living Translation

Psalm 42

Book two (Psalms 42–72)

Psalm 42

For the choir director: A psalm[a] of the descendants of Korah.

As the deer longs for streams of water,
    so I long for you, O God.
I thirst for God, the living God.
    When can I go and stand before him?
Day and night I have only tears for food,
    while my enemies continually taunt me, saying,
    “Where is this God of yours?”

My heart is breaking
    as I remember how it used to be:
I walked among the crowds of worshipers,
    leading a great procession to the house of God,
singing for joy and giving thanks
    amid the sound of a great celebration!

Why am I discouraged?
    Why is my heart so sad?
I will put my hope in God!
    I will praise him again—
    my Savior and my God!

Now I am deeply discouraged,
    but I will remember you—
even from distant Mount Hermon, the source of the Jordan,
    from the land of Mount Mizar.
I hear the tumult of the raging seas
    as your waves and surging tides sweep over me.
But each day the Lord pours his unfailing love upon me,
    and through each night I sing his songs,
    praying to God who gives me life.

“O God my rock,” I cry,
    “Why have you forgotten me?
Why must I wander around in grief,
    oppressed by my enemies?”
10 Their taunts break my bones.
    They scoff, “Where is this God of yours?”

11 Why am I discouraged?
    Why is my heart so sad?
I will put my hope in God!
    I will praise him again—
    my Savior and my God!

Notas al pie

  1. 42:Title Hebrew maskil. This may be a literary or musical term.

Japanese Living Bible

詩篇 42

1ああ神よ。鹿が水をあえぎ求めるように、
私はあなたを慕い求めます。
焼けつくような渇きを覚えながら、
私は、生きておられる神を求めています。
どこへ行けば、お目にかかれるのでしょうか。
昼も夜も涙にむせびながら、
神の助けを祈っています。
かたわらでは敵が、
「おまえの神はどこへ行った」とあざけるのです。
4-5 さあ、私のたましいよ、元気を出せ。
あの日のことを思い出すのだ。
まさか忘れてはいないだろう。
あの祭りの日、多くの人の先頭に立って神の宮に上り、
喜びに満たされて賛美の歌を歌ったことを。
どうしてそのように沈み込む必要があるのか。
どうして悲しげにふさぎ込んでいるのか。
神に望みを託すがよい。
そうだ、助けを信じて、
もう一度神をほめたたえよう。

それでもなお、私は気落ちし、ふさぎ込んでいます。
しかし、やがて私は、ヨルダン川が流れ、
ヘルモン山やミツァル山のそびえる美しいこの地に
注がれている、神の恵みを思い巡らします。
神のさかまく大波が私の頭上を越え、
悲しみの洪水が、とどろく大滝のように
降りかかってきます。
しかし主は
日ごとに変わらない愛を注いでくださいます。
私は夜通し賛美の歌を歌い、
このいのちを授けてくださった神に祈りをささげます。
「ああ、岩なる神よ」と、私は叫びます。
「なぜ、私をお見捨てになったのですか。
なぜ、私は敵の攻撃にさらされて、
こんなにも苦しまなければならないのですか。」
10 人のあざけりがこの身を突き刺し、
深い傷を負わせます。
彼らは、「おまえの神はいったいどこへ行った」と
あざ笑います。
11 しかし、私のたましいよ、
気落ちするな。動転するな。
神に期待せよ。
神がすばらしいことをしてくださり、
私はきっと賛嘆の声を上げるのだから。
このお方こそ、私の命綱、私の神。