New Living Translation

Psalm 129

Psalm 129

A song for pilgrims ascending to Jerusalem.

From my earliest youth my enemies have persecuted me.
    Let all Israel repeat this:
From my earliest youth my enemies have persecuted me,
    but they have never defeated me.
My back is covered with cuts,
    as if a farmer had plowed long furrows.
But the Lord is good;
    he has cut me free from the ropes of the ungodly.

May all who hate Jerusalem[a]
    be turned back in shameful defeat.
May they be as useless as grass on a rooftop,
    turning yellow when only half grown,
ignored by the harvester,
    despised by the binder.
And may those who pass by
    refuse to give them this blessing:
“The Lord bless you;
    we bless you in the Lord’s name.”

Notas al pie

  1. 129:5 Hebrew Zion.

Japanese Living Bible

詩篇 129

1イスラエルは言う。
「私は若いころから迫害され、
長い間差別に甘んじてきましたが、
滅ぼされることはありませんでした。
敵には、私の息の根を止めることは
できなかったのです。
3-4 彼らは私の背中をむちで引き裂きましたが、
主はあわれみ深く、
悪者どもが巻きつけた鎖を断ち切ってくださいました。
ユダヤ人を憎む者どもに、
屈辱的な敗北を味わわせてください。
6-7 彼らが、
土の浅い地に生えた草のように
なりますように。
しおれて黄色くなり、
刈り取る者からも束ねる者からも、
見向きもされない草のような者になりますように。
道行く人々も、
「主の祝福がありますように。
神の名によって祈ります」などと言って
彼らを祝福することがありませんように。