New International Reader's Version

Psalm 56

Psalm 56

For the director of music. A miktam of David after the Philistines had captured him in Gath. To the tune of “A Dove on Distant Oak Trees.”

Help me, God. Men are chasing me.
    All day long they keep attacking me.
My enemies chase me all day long.
    Many proud people are attacking me.

When I’m afraid,
    I put my trust in you.
I trust in God. I praise his word.
    I trust in God. I am not afraid.
    What can mere people do to me?

All day long they twist my words.
    They are always making plans to destroy me.
They get together and hide.
    They watch my steps.
    They hope to kill me.

Because they are so evil, make sure you don’t let them escape.
    God, bring down the nations in your anger.
Make a record of my sadness.
    List my tears in your book.
    Aren’t you making a record of them?

My enemies will turn back
    when I call out to you for help.
    Then I will know that God is on my side.
10 I trust in God. I praise his word.
    I trust in the Lord. I praise his word.
11 I trust in God. I am not afraid.
    What can mere people do to me?

12 God, I have made promises to you.
    I will bring my thank offerings to you.
13 You have saved me from the darkness of death.
    You have kept me from tripping and falling.
Now I can live with you
    in the light of life.

Japanese Living Bible

詩篇 56

11-2 神よ、私をあわれんでください。
敵の軍勢が、夜も昼も押し寄せて来ます。
尊大にも私に襲いかかって、
私を制圧しようとしています。
3-4 恐れるとき、私はあなたに信頼します。
あなたの約束だけが頼りなのです。
神に信頼している私に、
ただの人間が手出しなどできるわけがありません。

彼らはいつでも私のことばをねじ曲げ、
どうしたら私を傷つけることができるかと
考えているのです。
彼らは計画を練り上げるために集まり、
道ばたに潜んでは、私をねらって待ち伏せています。
彼らは思いどおりに事を運ぶつもりでいるでしょう。
主よ。彼らの思いのままにはさせないでください。
どうか、怒りを燃やし、
彼らを地面に打ちつけてください。

あなたは、私が夜通し
寝返りを打っているのをご存じです。
あなたは、私の涙を一滴残さず、
びんにすくい集めてくださいました。
その一滴一滴は、余すところなく、
あなたの文書に記録されています。
私が助けを呼び求めると、
その日のうちに戦況は変わり、敵は逃げ惑います。
私にわかっているのは、ただこの一事、
神が味方だということだけです。
10-11 私は神への信頼を失いません。
ああ、神のすばらしいお約束!
人間ごときが何をしかけてこようと、私は恐れません。
そうです、神は約束を守ってくださるのです。
12 神よ。あなたへの約束は、きっと果たします。
助けていただいたことを心から感謝しています。
13 なぜなら、あなたは、
私が地上で御前を歩めるように、死から救い出し、
転ばないように支えてくださったからです。