New International Reader's Version

Psalm 27

Psalm 27

A psalm of David.

The Lord is my light, and he saves me.
    Why should I fear anyone?
The Lord is my place of safety.
    Why should I be afraid?
My enemies are evil.
    They will trip and fall
when they attack me
    and try to swallow me up.
Even if an army attacks me,
    my heart will not be afraid.
Even if war breaks out against me,
    I will still trust in God.

I’m asking the Lord for only one thing.
    Here is what I want.
I want to live in the house of the Lord
    all the days of my life.
I want to look at the beauty of the Lord.
    I want to worship him in his temple.
When I’m in trouble,
    he will keep me safe in his house.
He will hide me in the safety of his holy tent.
    He will put me on a rock that is very high.
Then I will win the battle
    over my enemies who are all around me.
At his holy tent I will offer my sacrifice with shouts of joy.
    I will sing and make music to the Lord.

Lord, hear my voice when I call out to you.
    Treat me with kindness and answer me.
My heart says, “Seek him!”
    Lord, I will seek you.
Don’t turn your face away from me.
    Don’t turn me away because you are angry.
    You have helped me.
God my Savior, don’t say no to me.
    Don’t desert me.
10 My father and mother may desert me,
    but the Lord will accept me.
11 Lord, teach me your ways.
    Lead me along a straight path.
    There are many people who treat me badly.
12 My enemies want to harm me. So don’t turn me over to them.
    Witnesses who tell lies are rising up against me.
    They say all sorts of evil things about me.

13 Here is something I am still sure of.
    I will see the Lord’s goodness
    while I’m still alive.
14 Wait for the Lord.
    Be strong and don’t lose hope.
    Wait for the Lord.

Japanese Living Bible

詩篇 27

1主は私の光、また救いです。
だれを恐れる必要がありましょう。
私を亡き者にしようと襲いかかる悪者は、
つまずき倒れます。
たとえ大軍が押し寄せようとも、恐れません。
必ず神が救ってくださると信じているからです。
私が神にお願いすることは、ただ一つです。
私の求めてやまないものとは、
主の宮で黙想にふけり、
いのちある限り主の前で暮らすこと、
比べようもない、主の麗しさと完全と栄光とを
喜ぶ特権です。
悩みの日に、私は宮へ出かけます。
主は私をかくまってくださり、
高い岩の上に座らせて、
敵が手出しできないようにしてくださいます。
そのとき、私は主に供え物をささげ、
大喜びで賛美の歌を歌います。

私の訴えに耳を傾けてください。
主よ。あわれんで、お助けください。
「ここに来なさい。話をしよう。」
この御声を、私の心は聞きました。
そして、こう答えます。
「主よ、参ります。」
どうか、お隠れにならないでください。
私は、あなたを見つけ出そうとしているのです。
怒って、召使の私を退けないでください。
かつてあなたは、私が試練に会うたびに
助けてくださったではありませんか。
私を見放さないでください。
ああ救いの神よ、見捨てないでください。
10 たとえ、父や母が私を勘当しても、
主は迎え入れて、慰めてくださるはずです。
11 ああ主よ。どうすべきか、はっきりと教えてください。
敵が手ぐすねひいて待ちかまえているのです。
12 どうか、敵に捕まったりしませんように。
私が彼らの手中に陥ることがありませんように。
身に覚えのないことを、彼らは告発するのです。
そして、いつも残忍な仕打ちを企んでいます。
13 主は、今度もきっと救い出してくださいます。
人々が生きているこの地上で、
再び主のあわれみを見ることができますように。
14 いらだってはいけません。主を待ち望みなさい。
主は必ず来てくださり、あなたを救ってくださいます。
勇気を出しなさい。主を待ち望みなさい。
主はきっとあなたを救ってくださいます。