New International Reader's Version

Psalm 137

Psalm 137

We were sitting by the rivers of Babylon.
    We wept when we remembered what had happened to Zion.
On the nearby poplar trees
    we hung up our harps.
Those who held us as prisoners asked us to sing.
    Those who enjoyed hurting us ordered us to sing joyful songs.
    They said, “Sing one of the songs of Zion to us!”

How can we sing the songs of the Lord
    while we are in another land?
Jerusalem, if I forget you,
    may my right hand never be able to play the harp again.
If I don’t remember you,
    may my tongue stick to the roof of my mouth so I can’t sing.
May it happen if I don’t consider Jerusalem
    to be my greatest joy.

Lord, remember what the people of Edom did
    on the day Jerusalem fell.
“Tear it down!” they cried.
    “Tear it down to the ground!”

People of Babylon, you are sentenced to be destroyed.
    Happy is the person who pays you back
    according to what you have done to us.
Happy is the person who grabs your babies
    and smashes them against the rocks.

Japanese Living Bible

詩篇 137

1バビロンの川のほとりに座り、
私たちはエルサレムのことを思って泣きました。
手にしていた竪琴も、柳の枝にかけてしまいました。
3-4 それなのに、冷酷な征服者たちは、
余興にシオンの歌を歌えと言うのです。
歌う気になどなれません。
5-6 ああエルサレムよ。
もし私がおまえを忘れるようなことがあれば、
私の右手が琴の弾き方を忘れるように。
私がおまえへの愛を失うようなことがあれば、
もう二度と歌えなくなるように。

主よ、バビロン軍によるエルサレム陥落の日の、
エドム人たちの仕打ちを忘れないでください。
彼らは「エルサレムを破壊してしまえ」
と叫んだのです。
どう猛な野獣バビロンよ。おまえは滅ぼされる。
おまえを滅ぼす人に、祝福があるように。
おまえは私たちを滅ぼしたからだ。
おまえの赤ん坊を、岩に投げつける人に、
祝福があるように。