New International Reader's Version

1 Timothy 5:1-25

Instructions About Widows, Elders and Slaves

1Correct an older man in a way that shows respect. Make an appeal to him as if he were your father. Treat younger men as if they were your brothers. 2Treat older women as if they were your mothers. Treat younger women as if they were your sisters. Be completely pure in the way you treat them.

3Take care of the widows who really need help. 4But suppose a widow has children or grandchildren. They should first learn to put their faith into practice. They should care for their own family. In that way they will pay back their parents and grandparents. That pleases God. 5A widow who really needs help and is left all alone puts her hope in God. Night and day she keeps on praying. Night and day she asks God for help. 6But a widow who lives for pleasure is dead even while she is still living. 7Give these instructions to the people. Then no one can be blamed. 8Everyone should provide for their own relatives. Most of all, everyone should take care of their own family. If they don’t, they have left the faith. They are worse than someone who doesn’t believe.

9No widow should be put on the list of widows unless she is more than 60 years old. She must also have been faithful to her husband. 10She must be well known for the good things she does. That includes bringing up children. It includes inviting guests into her home. It includes washing the feet of the Lord’s people. It includes helping those who are in trouble. A widow should spend her time doing all kinds of good things.

11Don’t put younger widows on that kind of list. They might want pleasure more than they want Christ. Then they would want to get married again. 12If they do that, they will be judged. They have broken their first promise. 13Besides, they get into the habit of having nothing to do. They go around from house to house. They waste their time. They also bother other people and say things that make no sense. They shouldn’t say those things. 14So here is the advice I give to younger widows. Get married. Have children. Take care of your own homes. Don’t give the enemy the chance to tell lies about you. 15In fact, some have already turned away to follow Satan.

16Suppose a woman is a believer and takes care of widows. She should continue to help them. She shouldn’t let the church pay the expenses. Then the church can help the widows who really need it.

17The elders who do the church’s work well are worth twice as much honor. That is true in a special way of elders who preach and teach. 18Scripture says, “Do not stop an ox from eating while it helps separate the grain from the straw.” (Deuteronomy 25:4) Scripture also says, “Workers are worthy of their pay.” (Luke 10:7) 19Don’t believe a charge against an elder unless two or three witnesses bring it. 20But those elders who are sinning should be corrected in front of everyone. This will be a warning to the others. 21I command you to follow these instructions. I command you in the sight of God and Christ Jesus and the chosen angels. Treat everyone the same. Don’t favor one person over another.

22Don’t be too quick to place your hands on others to set them apart to serve God. Don’t take part in the sins of others. Keep yourself pure.

23Stop drinking only water. If your stomach is upset, drink a little wine. It can also help the other sicknesses you often have.

24The sins of some people are easy to see. They are already being judged. Others will be judged later. 25In the same way, good works are easy to see. But even good works that are hard to see can’t stay hidden forever.

Japanese Contemporary Bible

テモテへの手紙Ⅰ 5:1-25

5

1年上の人に、きついことば遣いをしてはいけません。むしろ父親に対するように、尊敬の念をこめて話しかけなさい。年下の人には、弟に対するように話しなさい。 2年上の女性には母親のように、若い女性には、少しも不純な気持ちをいだかないで、妹のように接しなさい。

3夫に先立たれて、だれにも面倒をみてもらえない女性がいたら、教会は親身になって世話をすべきです。 4しかし、もしその人に子どもか孫がいる場合は、その責任は彼らにあります。なぜなら、親切はまず自分の家庭から、つまり困っている親の面倒をみることから始まるのです。神はそのことをたいへん喜ばれます。 5教会が世話をすべき人は、身寄りのない貧しい未亡人たちです。中でも、ひたすら神に信頼し、多くの時間を祈りに費やす人たちです。 6ふしだらな生活をしている未亡人は、世話をする必要がありません。彼女たちのたましいは死んでいるのです。 7しかし、ほんとうに身寄りのない未亡人が非難されないように、これらのことを明確にしておきなさい。 8自分の親族、ことに家族を顧みないような人は、クリスチャンと呼ぶわけにはいきません。神を知らない人よりも悪いのです。

9教会が認める奉仕者となる未亡人には、一定の条件をつけるべきです。すなわち、少なくとも六十歳以上で、結婚歴は一度に限らなければなりません。 10また、これまで良い行いで認められ、評判の良かった人でなければなりません。次のことを調べる必要があります。子どもをりっぱに育て上げたかどうか。クリスチャンに限らず、見知らぬ旅人をも親切にもてなしたかどうか。病人や困っている人に助けの手を差し伸べたかどうか。だれにでも、やさしくふるまってきたかどうか。

11若い未亡人を、そのような女性たちと同列に扱ってはいけません。それというのも、若い人はキリストへの誓いを捨てて再婚したがるからです。 12その結果、初めの約束を破ったというので、きびしい非難にさらされることになります。 13その上、彼女たちは怠けがちで、あちこちの家を遊び歩いては、うわさ話ばかりし、おせっかいをやきたがるのです。 14それで私は、そういう若い未亡人には再婚を勧め、子どもを産み、家庭を大切にするように指導するのが一番だと思います。そうなれば、だれにも非難されずにすむでしょう。 15実際、すでに教会に背を向け、悪魔の誘いに乗って道を踏みはずした未亡人がいるからです。 16もう一度言いますが、身内に未亡人がいる人は、その人が面倒をみるべきです。教会に余計な負担をかけてはいけません。そうでないと、ほんとうに身寄りのない未亡人を援助することができなくなってしまいます。

牧師を正しく取り扱う

17与えられた仕事を忠実に果たしている牧師〔または長老〕は、それに見合う十分な報酬を受け、尊敬されるべきです。説教と教育の両方にあたっている場合は、特にそうでなければなりません。 18なぜなら聖書に、「穀物を踏んで脱穀している牛に口輪をかけ、その穀物を食べるのを禁じてはいけない」、また、「働く者が報酬を受けるのは当然である」と書いてあるからです。 19牧師に対する訴えは、二人か三人の証人がいなければ、取り上げてはいけません。 20牧師が罪を犯しているなら、教会員全員の前で責めなさい。その悪い例にならう人を出さないためです。 21私は、神と主イエス・キリストと選ばれた天使たちの前で、厳粛な思いで命じます。あなたがその人と親しい間柄であろうとなかろうと、公平に対処しなければなりません。 22牧師を選ぶ時は慎重にしなさい。そうでないと、その人の罪を見のがす結果になり、あなたもその罪を黙認したことになるからです。あなたも、いっさいの罪から離れ、きよい生活をしなさい。 23だからといって、ぶどう酒を全く断つ必要はありません。病気がちの人には、むしろ胃の薬として、時々は少量を飲むように勧めます。

24ある人たちの罪は明白ですぐにもさばかれますが、中にはあとになって、その罪があばかれる場合もあります。 25また同じように、だれの目にも明らかな良い行いもあれば、そうでない場合もあります。しかし、いつまでも隠されたままでいることはありません。