Nkwa Asem

Yakobo 1

1Saa krataa yi fi me Yakobo a meyɛ Onyankopɔn ne Awurade Yesu Kristo somfo nkyɛn.

Mikyia mmusuakuw dumien a wɔahwete no nyinaa.

Gyidi ne nyansa

Anuanom, sɛ sɔhwɛ bi ba mo akwan mu a, momma mo ani nnye efisɛ, sɛ mo gyidi tumi gyina sɔhwɛ no ano a, ɛno ansa na munya boasetɔ. Momma boasetɔ no ntena mo mu daa nyinaa sɛnea ɛbɛyɛ a mobɛyɛ pɛ a biribiara ho nhia mo.

Sɛ nyansa ho hia mo mu bi a, ɛsɛ sɛ ɔbɔ mpae srɛ Onyankopɔn na ɔbɛma no bi, efisɛ, Onyankopɔn fi ayamye ne adom mu ma obiara nea ehia no no kwa. Na sɛ worebɔ mpae a, ɛsɛ sɛ wugye di a wunnye ho akyinnye. Obiara a ogye akyinnye no te sɛ ɛpo asorɔkye a mframa bɔ no kɔ baabiara a ɛpɛ. Ɛnsɛ sɛ saa onipa no susuw sɛ obenya biribiara afi Awurade nkyɛn; n’adwene yɛ no ntanta a ontumi nsi biribiara pi.

Ohia ne ahonya

Sɛ Onyankopɔn ma onua hiani so a, ɛsɛ sɛ n’ani gye, 10 na ɔdefo a wɔbrɛ no ase no nso saa ara. Efisɛ, ɔdefo no twam kɔ sɛ wuram afifide bi. 11 Owia pue de ne hyew no hyew afifide no ma n’ahoɔfɛ no sɛe. Saa ara na wɔbɛsɛe ɔdefo no bere a ogu so redi ne dwuma no.

Sɔhwɛ

12 Nhyira nka onipa a onya gyidi wɔ amanehunu mu, efisɛ, ɔno na obenya akyɛde a Onyankopɔn ahyɛ ho bɔ ama wɔn a wɔdɔ no no. 13 Sɛ saa sɔhwɛ no to obi a, ɛnsɛ sɛ ɔka se, “Saa sɔhwɛ yi fi Onyankopɔn.” Efisɛ, ɔbonsam rentumi nsɔ Onyankopɔn nhwɛ, na ɔno ara Onyankopɔn ankasa nso nsɔ obi nhwɛ. 14 Na sɛ onipa twe ne ho na ɔno ara n’akɔnnɔ yi no a, na ayɛ sɔhwɛ ama no. 15 Na sɛ akɔnnɔ no nyinsɛn a, ɛwo bɔne, na bɔne no nyin a ɛwo owu. 16 Me nuanom adɔfo, mommma wɔnnnaadaa mo.

17 Akyɛde pa ne akyɛde a ɛyɛ pɛ nyinaa fi soro; efi Onyankopɔn a ɔbɔɔ soro hann no nkyɛn na ɛba. Ɔnsesa sɛ sunsumma. 18 Ofi ne pɛ mu nam nokware a ɛwɔ asɛm no mu no so woo yɛn sɛnea ɛbɛyɛ a yebedi kan wɔ abɔde nyinaa mu.

Otie ne ɔyɛ

19 Me nuanom adɔfo, monkae sɛ ɛsɛ sɛ mo mu biara tie no ntɛm na ɔnyɛ nyaa nkasa na ɔnyɛ nyaa mfa abufuw. 20 Onipa abufuw no mma onnya Onyankopɔn trenee no. 21 Ɛno nti, montwe mo ho mfi afide ne atirimɔden ho. Momfa mo ho mma Onyankopɔn na asɛm a odua wɔ mo koma mu a ebegye mo nkwa no munnye.

22 Munntie asɛm no sɛ atiefo kwa, na mmom monyɛ asɛm no yɛfo. 23 Obiara a otie asɛm no na ɔmfa nni dwuma no te sɛ obi a ɔhwɛ ahwehwɛ mu na ohu sɛnea ɔte. 24 Ɔhwɛ ne ho wɔ ahwehwɛ no mu yiye na sɛ ofi ahwehwɛ no anim ara pɛ a, ne werɛ fi nea ohui no nyinaa. 25 Nanso obiara a ɔhwɛ mmara pa a wɔahyɛ a ɛma onipa de ne ho, na odi so, na otie, na ne werɛ mfi, na ɔde di dwuma no, Onyankopɔn behyira saa onipa no wɔ biribiara a ɔyɛ mu.

26 Sɛ obi susuw sɛ ɔyɛ Onyamesomfo na wanto ne tɛkrɛma nnareka a, ne nyamesom no ho nni mfaso na ɔdaadaa ne ho nso. 27 Nea Agya Onyankopɔn fa no sɛ ɛyɛ nyamesom pa no ni: kɔhwɛ nyisaa ne akunafo wɔ wɔn ahohia mu, na yi wo ho fi nneɛma porɔwee ho.

Japanese Living Bible

ヤコブの手紙 1

1神と主イエス・キリストに仕えているヤコブから、国外にいるユダヤ人クリスチャンの皆さんにごあいさつ申し上げます。

困難は人を忍耐強くする

愛する皆さん。あなたがたの人生は、多くの困難と誘惑に満ちていますか。そうであれば喜びなさい。 行く道が険しければ、それは忍耐を養う良いチャンスとなるからです。 忍耐力を十分に養いなさい。さまざまな問題が持ち上がった時、そこから逃げ出そうともがいてはいけません。忍耐力が十分身につけば、完全に成長した、どんなことにもびくともしない、強い人になれるでしょう。

神が何を望んでおられるか知りたいなら、遠慮なく、直接尋ねなさい。神は喜んで教えてくださいます。願い求める人には、神はいつでも惜しみなく、あふれるばかりの知恵を授けてくださるからです。そのことで、決してとがめたりはなさいません。 6-8 ただ、その場合、神は必ず答えてくださると確信して願い求めなさい。疑う人の心は、風に波立つ水面のように不安定なものです。そんな疑いの心では、主に何を期待してもむだです。

あなたがたの中で、貧しいために見下されている人は、そのことを喜びなさい。主が高く評価してくださるからです。 10-11 また裕福な人は、主にとっては富が無に等しいことを知って、喜びなさい。裕福な人の一生は、美しく咲いては枯れる花のように、はかなく過ぎ去ってしまうからです。忙しく飛び回っていても、その働きの完成を見ないうちに死んでしまうのです。

12 誘惑に負けて悪に走らない人は幸いです。なぜなら、神を愛する人に約束されたいのちの冠を、ほうびとしていただけるからです。 13 悪に手を出しそうになった時、神から誘惑されたなどと言ってはなりません。神が悪を望まれるはずはありませんし、また、悪へ誘ったりするわけもないのです。 14 人は、自分の欲や悪い考えに引かれて誘惑されるのです。 15 その欲や悪い考えが悪へと駆り立て、ついには、神から永遠に引き離される死の刑罰へと追いやるのです。 16 ですから、だまされてはいけません。

良いものは神から来る

17 すべての良いもの、完全なものは、光を造られた神から来るのです。神にはわずかの変化もくもりもなく、いつまでも輝いています。 18 神は御心のままに、真理のことばによって、私たちに新しいいのちを与えてくださいました。こうして私たちは、神の新しい家族の最初の子どもとされたのです。

19 愛する皆さん。人のことばにまず耳を傾け、自分はあとから語り、怒るのは最後にしなさい。 20 怒りは、神の義から私たちを遠く引き離すからです。 21 ですから、自分の生活を総点検して、どんな悪をもすっかり取り除き、神のことばをすなおに受け入れなさい。神のことばには、私たちの心をとらえ、たましいを救う力があるからです。

22 また聞くだけでなく、それを実行することも忘れてはなりません。みことばを聞くだけは聞いて、自分を偽った行動をとることがありませんように。 23 聞いただけで実行に移さない人は、鏡に映る自分の顔をながめているようなものです。 24 鏡から離れると、自分がどんな表情をしていたか、すっかり忘れてしまいます。 25 しかし、〔完全な律法、自由の律法である〕神の教えを一心に見つめて離れない人は、すぐに忘れたりしないばかりか、その命令を実行します。神は、そのような人の行いに大きな祝福を与えてくださいます。

26 もしも、「私はクリスチャンです」と言いながら、平気でとげのあることばを口にする人がいれば、その人は自分を偽っていることになります。そのような信仰には何の価値もありません。 27 父なる神の目から見て、純粋で汚れのない信仰とは、みなしごや未亡人が困っていれば世話をし、この世から自分をきよく守ることです。