Nkwa Asem

Nnwom 42

NKYƐM A ƐTO SO ABIEN

NNWOM 42-72

Onipa a wɔatwa no asu mpaebɔ

1Sɛnea ɔforote pere hwehwɛ nsu no, saa ara na mepere hwehwɛ wo, O Onyankopɔn. Wo ho sukɔm de me. Onyankopɔn teasefo, bere bɛn na metumi akɔ akɔsom wo wɔ w’anim? Misu awia ne anadwo na nusu nko ne m’aduan. Bere nyinaa m’atamfo bisa me se, “Wo Nyankopɔn wɔ he?”

Sɛ mekae mmere bi a atwam no a, ɛhye me koma mu; bere a me ne nnipakuw kɔɔ Onyankopɔn fi na midii wɔn anim bere a yɛnam na wɔde anigye ne ahosɛpɛw to dwom yi Onyankopɔn ayɛ no. Adɛn na me werɛ ahow? Adɛn na nsɛm rehaw me? Mede m’ani bɛto Onyankopɔn so, na bio, mɛkamfo no, m’agyenkwa ne me Nyankopɔn. O’ me Nyankopɔn, awerɛhow ahyɛ me kra so, enti mefi Yordan asase so, Hermon Bepɔw ne Misar Bepɔw so akae wo. W’asorɔkye abu afa me so, na awerɛhow ahyɛ me so sɛ nsuyiri, sɛ nsuworo a egyigye. Awurade nkyerɛ ne daa dɔ no nnɛ sɛnea ɛbɛma mato dwom anadwo abɔ me kra ho mpae akyerɛ Onyankopɔn.

Mibisa wo, Awurade, me gyefo se, “Adɛn nti na wo werɛ afi me? Adɛn nti na ɛsɛ sɛ mekɔ so hu amane wɔ m’atamfo atirimmɔden mu? 10 Wɔn kasatia abubu me; sɛ wɔkɔ so bisa me se, “Wo Nyankopɔn no wɔ he?” no. 11 Adɛn nti na me werɛ ahow saa? Adɛn nti na me ho yeraw me? Mede me ho bɛto Onyankopɔn so, na bio, mɛkamfo no, m’agyenkwa ne me Nyankopɔn.

Japanese Living Bible

詩篇 42

1ああ神よ。鹿が水をあえぎ求めるように、
私はあなたを慕い求めます。
焼けつくような渇きを覚えながら、
私は、生きておられる神を求めています。
どこへ行けば、お目にかかれるのでしょうか。
昼も夜も涙にむせびながら、
神の助けを祈っています。
かたわらでは敵が、
「おまえの神はどこへ行った」とあざけるのです。
4-5 さあ、私のたましいよ、元気を出せ。
あの日のことを思い出すのだ。
まさか忘れてはいないだろう。
あの祭りの日、多くの人の先頭に立って神の宮に上り、
喜びに満たされて賛美の歌を歌ったことを。
どうしてそのように沈み込む必要があるのか。
どうして悲しげにふさぎ込んでいるのか。
神に望みを託すがよい。
そうだ、助けを信じて、
もう一度神をほめたたえよう。

それでもなお、私は気落ちし、ふさぎ込んでいます。
しかし、やがて私は、ヨルダン川が流れ、
ヘルモン山やミツァル山のそびえる美しいこの地に
注がれている、神の恵みを思い巡らします。
神のさかまく大波が私の頭上を越え、
悲しみの洪水が、とどろく大滝のように
降りかかってきます。
しかし主は
日ごとに変わらない愛を注いでくださいます。
私は夜通し賛美の歌を歌い、
このいのちを授けてくださった神に祈りをささげます。
「ああ、岩なる神よ」と、私は叫びます。
「なぜ、私をお見捨てになったのですか。
なぜ、私は敵の攻撃にさらされて、
こんなにも苦しまなければならないのですか。」
10 人のあざけりがこの身を突き刺し、
深い傷を負わせます。
彼らは、「おまえの神はいったいどこへ行った」と
あざ笑います。
11 しかし、私のたましいよ、
気落ちするな。動転するな。
神に期待せよ。
神がすばらしいことをしてくださり、
私はきっと賛嘆の声を上げるのだから。
このお方こそ、私の命綱、私の神。