Nkwa Asem

Nnwom 129

Mpae a wɔbɔ tia Israel atamfo

1Israel, ka efi wo mmofraase, taa a w’atamfo ataa wo, nanso wɔantumi anni wo so kyerɛ yɛn. “Efi me mmofraase, m’atamfo ataa me atirimɔden so, nanso wɔantumi anni me so.

“Wotwaa kam kɛse te sɛ asase a wɔafuntum wɔ m’akyi. Nanso Awurade, ɔtreneeni no, agye me afi nkoasom mu.”

Obiara a ɔtan Sion no, wobedi ne so na wɔapam no asan n’akyi. Ma wɔn nyinaa nyɛ sɛ sare a enyin wɔ adan atifi ma ewu no; Obiara mmoaboa ano, na obiara nsoa no afiafi nkɔ. Obiara a obetwam wɔ hɔ no renka se, “Awurade nhyira mo! Yehyira mo wɔ Awurade din mu.”

Japanese Living Bible

詩篇 129

1イスラエルは言う。
「私は若いころから迫害され、
長い間差別に甘んじてきましたが、
滅ぼされることはありませんでした。
敵には、私の息の根を止めることは
できなかったのです。
3-4 彼らは私の背中をむちで引き裂きましたが、
主はあわれみ深く、
悪者どもが巻きつけた鎖を断ち切ってくださいました。
ユダヤ人を憎む者どもに、
屈辱的な敗北を味わわせてください。
6-7 彼らが、
土の浅い地に生えた草のように
なりますように。
しおれて黄色くなり、
刈り取る者からも束ねる者からも、
見向きもされない草のような者になりますように。
道行く人々も、
「主の祝福がありますように。
神の名によって祈ります」などと言って
彼らを祝福することがありませんように。