Nkwa Asem

Galatifo 6

Papa yɛ

1Anuanom, sɛ obi yɛ bɔne na mokyere no a, mo a moyɛ honhom mu nnipa no monka n’asɛm no honhom mu. Nanso ɛyɛ a monhwɛ mo ho yiye na wɔansɔ mo anhwɛ. Monsoa mo ho mo ho nnesoa abia. Sɛ moyɛ saa a, mudi Kristo mmara no so. Sɛ obi fa ne ho sɛ ɔyɛ biribi nanso onse hwee a, obu ne ho kwasea.

Ɛsɛ sɛ obiara bu ne ho atɛn ansa na watumi de nea wayɛ no aka asɛm a ɛho nhia sɛ ɔde ne ho bɛto nea obi ayɛ ho. Efisɛ, ɛsɛ sɛ obiara soa n’adesoa.

Ɛsɛ sɛ wɔn a wɔkyerɛ wɔn Asɛmpa no tua wɔn akyerɛkyerɛfo no ka.

Monnnaadaa mo ho; obiara rentumi nsi Onyankopɔn atwetwe. Nea onipa dua no, ɛno ara na otwa. Nea odua ma ɛsɔ ɔhonam ani no betwa no owu mu; na nea odua ma ɛsɔ Honhom no ani no fi Honhom no mu benya nkwa a enni awiei. Ne saa nti, mommma yɛmmmrɛ papayɛ ho, efisɛ, sɛ yɛammrɛ a, bere bi bɛba a yebetwa nnɔbae no. 10 Enti mmere dodow a bere no wɔ hɔ ma yɛn no, ɛsɛ sɛ yɛyɛ obiara papa, ne titiriw no, wɔn a yɛne wɔn bɔ abusua wɔ gyidi mu no.

11 Monhwɛ nsɛm mmaako mmaako akɛse a mede m’ankasa me nsa akyerɛw abrɛ mo. 12 Wɔn a wɔpɛ sɛ wɔhoahoa wɔn ho no ara na wɔpɛ sɛ wɔhyɛ mo ma mutwitwa twetia. Wɔyɛ saa sɛnea ɛbɛyɛ a wɔrentaa wɔne Kristo wɔ asɛnnua no ho. 13 Wɔn a wotwa twetia no mpo nni Mmara no so. Pɛ ara na wɔpɛ sɛ wotwa wɔn twetia sɛnea ɛbɛyɛ a wobetumi ahoahoa wɔn ho wɔ twetiatwa no ho.

14 Nanso, me de, Awurade Yesu Kristo asɛnnua no nko ara na mede bɛhoahoa me ho, efisɛ, n’asɛnnua no nti, wiase awu ama me na me nso mawu ama wiase. 15 Sɛ obi atwa twetia anaa ontwaa twetia no nka hwee. Nea ɛho hia ne sɛ wobɛyɛ abɔde foforo.

16 Wɔn a wodi saa mmara yi so wɔ wɔn asetena mu no, asomdwoe ne mmɔborɔhunu nka wɔn; nka wɔn ne Onyankopɔn nkurɔfo nyinaa.

17 Asɛm a mede rewie ne sɛ: Obiara nhaw m’adwene bio, efisɛ, atwa a ɛwɔ me honam ani no kyerɛ sɛ, meyɛ Yesu somfo.

18 Me nuanom, Awurade Yesu Kristo adom no nka mo nyinaa. Amen.

Japanese Living Bible

ガラテヤ人への手紙 6

1愛する皆さん。もしだれかがあやまちを犯したら、聖霊によって歩むあなたがたは、やさしく謙遜な気持ちでその人を助け、正しい道に立ち返らせてあげなさい。また、自分自身も悪の道に落ち込まないように気をつけなさい。 互いの悩み、苦しみを共に負い、キリストの命令に従いなさい。 りっぱな人間である自分が、なにもそこまで身を低くする必要はないと思う人は、自分を偽っているのです。 ほんとうに最善を尽くしているかどうか、もう一度、自分を点検しなさい。そうすれば、ほかの人と比較することもなくなるでしょう。 人はみな、それぞれ自分の分をわきまえ、自分の分を果たすべきです。

失望せずに祝福を待つ

神のことばを教えてくれる人には、報酬を払い、援助しなさい。 思い違いをしてはいけません。神を無視することなどできません。人は種をまけば必ずその刈り取りもすることになるのです。 自分の欲望を満足させるために種をまく者は、その結果、霊的な滅びと死とを刈り取るはめになります。しかし、聖霊の良い種をまく者は、聖霊が与えてくださる永遠のいのちを刈り取ります。 正しい行いをすることに疲れ果ててしまわないようにしましょう。失望せず、あきらめずにいれば、やがて祝福を刈り取る日が来るからです。 10 ですから、機会あるたびに、だれに対しても、特に信仰を持つ人たちには親切にしましょう。

11 この最後のことばは、自筆で書いています。見てください、この大きな字を。 12 何のために、例の教師たち使徒15・1が、あなたがたに割礼を受けさせようと図るのかわかりますか。その理由はただ一つです。すなわち、そのようにして評判や人気を得て、迫害を免れたいからです。その迫害とは、キリストの十字架が唯一の救いの道であると認めるなら、必ず受けるものです。 13 そうした、割礼を主張する教師たちは、割礼以外の律法は守ろうとしません。それなのに、あなたがたに割礼を強要するのは、弟子をふやして誇るためなのです。 14 しかし私は、主イエス・キリストの十字架のほかに、誇るものなど何もありません。十字架によって、私は、この世のものすべてに対して興味を失ってしまいました。この世も、私に対する興味をすっかり失ってしまったのです。 15 割礼を受けているかいないかは、今は、全く問題ではありません。大切なのは、私たちがほんとうに別の新しい人に造り変えられているかどうか、ということです。 16 どうか、この原則に従って生きる人々、そして真に神のものとなった人々に、神のあわれみと平安がありますように。

17 もう二度と、こんな問題で論じ合わなくていいようにしたいものです。私の体には、イエスに敵対する者からむち打たれ、傷つけられた跡が残っていますが、それこそ、キリストの奴隷であることのしるしなのですから。

18 どうか、私たちの主イエス・キリストの恵みが、あなたがた一同と共にありますように。アーメン。

パウロ