The Message

Psalm 63

A David Psalm, When He Was out in the Judean Wilderness

1God—you’re my God!
    I can’t get enough of you!
I’ve worked up such hunger and thirst for God,
    traveling across dry and weary deserts.

2-4 So here I am in the place of worship, eyes open,
    drinking in your strength and glory.
In your generous love I am really living at last!
    My lips brim praises like fountains.
I bless you every time I take a breath;
    My arms wave like banners of praise to you.

5-8 I eat my fill of prime rib and gravy;
    I smack my lips. It’s time to shout praises!
If I’m sleepless at midnight,
    I spend the hours in grateful reflection.
Because you’ve always stood up for me,
    I’m free to run and play.
I hold on to you for dear life,
    and you hold me steady as a post.

9-11 Those who are out to get me are marked for doom,
    marked for death, bound for hell.
They’ll die violent deaths;
    jackals will tear them limb from limb.
But the king is glad in God;
    his true friends spread the joy,
While small-minded gossips
    are gagged for good.

Japanese Living Bible

詩篇 63

ダビデの賛歌。ユダの荒野に潜伏している時の作。

1ああ神よ。いったいどこにおられるのですか。
一滴の水もない、からからの荒れ地で、
私は必死になって神を慕い求めています。
神の聖所へ行ってお力とご栄光を拝したいと、
どれほど願っていることでしょう。
私にとって、あなたの愛と恵みは、
いのちよりも大切なのです。
ああ、あなたはなんとすばらしいお方でしょう。
生きている限り、私はあなたをほめたたえ、
両手を上げて祈ります。
こうして、ついには身も心も満ち足りるのです。
私は喜びにあふれて賛美します。

私は夜、横になったまま、
今までどれほどあなたに助けていただいたかを
思い巡らします。
そうして、御翼の下にいこいながら、
夜通し喜びにひたるのです。
あなたのふところに飛び込めば、
右の手でしっかり抱きしめていただけます。
一方、私のいのちをつけねらう者どもは、
地獄の底に突き落とされるのです。
10 彼らは剣に倒れ、野獣のえじきとなるでしょう。
11 しかしこの私は、神に抱かれて
喜びにあふれます。
神に信頼する者は歓声を上げ、
うそつきどもは、黙り込むのです。