The Message

Habakkuk 2

1What’s God going to say to my questions? I’m braced for the worst.
    I’ll climb to the lookout tower and scan the horizon.
I’ll wait to see what God says,
    how he’ll answer my complaint.

Full of Self, but Soul-Empty

2-3 And then God answered: “Write this.
    Write what you see.
Write it out in big block letters
    so that it can be read on the run.
This vision-message is a witness
    pointing to what’s coming.
It aches for the coming—it can hardly wait!
    And it doesn’t lie.
If it seems slow in coming, wait.
    It’s on its way. It will come right on time.

“Look at that man, bloated by self-importance—
    full of himself but soul-empty.
But the person in right standing before God
    through loyal and steady believing
    is fully alive, really alive.

5-6 “Note well: Money deceives.
    The arrogant rich don’t last.
They are more hungry for wealth
    than the grave is for cadavers.
Like death, they always want more,
    but the ‘more’ they get is dead bodies.
They are cemeteries filled with dead nations,
    graveyards filled with corpses.
Don’t give people like this a second thought.
    Soon the whole world will be taunting them:

6-8 “‘Who do you think you are—
    getting rich by stealing and extortion?
How long do you think
    you can get away with this?’
Indeed, how long before your victims wake up,
    stand up and make you the victim?
You’ve plundered nation after nation.
    Now you’ll get a taste of your own medicine.
All the survivors are out to plunder you,
    a payback for all your murders and massacres.

9-11 “Who do you think you are—
    recklessly grabbing and looting,
Living it up, acting like king of the mountain,
    acting above it all, above trials and troubles?
You’ve engineered the ruin of your own house.
    In ruining others you’ve ruined yourself.
You’ve undermined your foundations,
    rotted out your own soul.
The bricks of your house will speak up and accuse you.
    The woodwork will step forward with evidence.

12-14 “Who do you think you are—
    building a town by murder, a city with crime?
Don’t you know that God-of-the-Angel-Armies
    makes sure nothing comes of that but ashes,
Makes sure the harder you work
    at that kind of thing, the less you are?
Meanwhile the earth fills up
    with awareness of God’s glory
    as the waters cover the sea.

15-17 “Who do you think you are—
    inviting your neighbors to your drunken parties,
Giving them too much to drink,
    roping them into your sexual orgies?
You thought you were having the time of your life.
    Wrong! It’s a time of disgrace.
All the time you were drinking,
    you were drinking from the cup of God’s wrath.
You’ll wake up holding your throbbing head, hung over—
    hung over from Lebanon violence,
Hung over from animal massacres,
    hung over from murder and mayhem,
From multiple violations
    of place and people.

18-19 “What’s the use of a carved god
    so skillfully carved by its sculptor?
What good is a fancy cast god
    when all it tells is lies?
What sense does it make to be a pious god-maker
    who makes gods that can’t even talk?
Who do you think you are—
    saying to a stick of wood, ‘Wake up,’
Or to a dumb stone, ‘Get up’?
    Can they teach you anything about anything?
There’s nothing to them but surface.
    There’s nothing on the inside.

20 “But oh! God is in his holy Temple!
    Quiet everyone—a holy silence. Listen!”

Japanese Living Bible

ハバクク書 2

1今、私は見張り台に立ち、
神が私の訴えにどう答えるか待っていましょう。

主の答え

すると主はこう言いました。

「板に、わたしの答えを書き記せ。
だれでもひと目で読んで
ほかの者にすぐ伝えることができるように、
大きな字で、はっきり書きなさい。
だが、わたしが計画しているこのことは、
今すぐには起こらない。
ゆっくりと、着実に、確かに、
幻が実現する時が近づいている。
遅いように思えても、失望してはならない。
これらのことは必ず起こる。
忍耐していなさい。
ただの一日も遅れることはない。
今から言うことをよく聞いておけ。
このカルデヤ人たちがそうするように、
悪者は自分だけを信頼して失敗する。
だが正しい人は、わたしを信頼して生きる。
そのうえ、このおごり高ぶったカルデヤ人は、
自分たちのぶどう酒によって裏切られる。
ぶどう酒は人を欺くものだからだ。
彼らは貪欲で、多くの国をかき集めてきたが、
まるで死や地獄のように、決して満足しない。
捕らえられた者たちが彼らをあざける時が
こようとしている。
『強盗ども。とうとう年貢の納め時だ。
人を虐げ、ゆすり取った当然の報いを受けろ』と。」

「突然、おまえに借りのある者たちが怒って刃向かい、
おまえの持ち物を奪い取る。
その時、おまえはなすすべもなく立ち尽くし、
震える。
おまえは多くの国を破滅させた。
今度はおまえが破滅する番だ。
人殺しめ。
おまえは田舎とすべての町を無法状態にした。
邪悪な手段で富を得ながら、
危険を逃れて生きようとしているおまえは災いだ。
10 殺人を犯すことで自分の名を辱め、
いのちさえ失っている。
11 まさに、自分の家の壁の石がおまえを訴え、
天井の梁がそれに同調している。

12 殺人と強奪で得た金で町を築くおまえは災いだ。

13 主に逆らう国々の利益は

彼らの手の中で灰になると、主は定めていなかったか。
彼らがどんなに精を出しても、すべてが水の泡だ。
14 (海が水で満たされているように、
全地が主の栄光を知ることで満たされる時がくる。)
15 酔っぱらいをこづくように、
近隣の国々をよろめかせ、
その裸と恥を眺めて楽しんでいるおまえは災いだ。
16 やがておまえの全盛期は終わり、辱められる。
神のさばきの杯を飲み干すがいい。
よろめいて倒れよ。
17 おまえはレバノンの森を切り倒した。
今度はおまえが切り倒される。
おまえは罠で捕らえた野獣を恐ろしい目に会わせた。
今度はおまえが恐ろしい目に会う。
至るところの町々で、殺人と暴虐を行ったからだ。

18 人間が造った偶像を拝んで、何の得があったのか。
そんな物が助けになるなど、全く愚かなうそだ。
自分で造った物を信頼していたとは、
なんと愚かな者か。
19 いのちのない木の偶像に、
起きて自分たちを救えと命じる者、物言わぬ石に、
何をすべきか教えてほしいと呼びかける者は災いだ。
偶像は、神の代わりに語ることができるのか。
金銀で覆われているが、その中にいのちは全くない。
20 しかし主は、ご自分の聖なる神殿にいる。
全地はその御前に静まれ。」