The Message

1 Samuel 2

1Hannah prayed:

I’m bursting with God-news!
    I’m walking on air.
I’m laughing at my rivals.
    I’m dancing my salvation.

2-5 Nothing and no one is holy like God,
    no rock mountain like our God.
Don’t dare talk pretentiously—
    not a word of boasting, ever!
For God knows what’s going on.
    He takes the measure of everything that happens.
The weapons of the strong are smashed to pieces,
    while the weak are infused with fresh strength.
The well-fed are out begging in the streets for crusts,
    while the hungry are getting second helpings.
The barren woman has a houseful of children,
    while the mother of many is bereft.

6-10 God brings death and God brings life,
    brings down to the grave and raises up.
God brings poverty and God brings wealth;
    he lowers, he also lifts up.
He puts poor people on their feet again;
    he rekindles burned-out lives with fresh hope,
Restoring dignity and respect to their lives—
    a place in the sun!
For the very structures of earth are God’s;
    he has laid out his operations on a firm foundation.
He protectively cares for his faithful friends, step by step,
    but leaves the wicked to stumble in the dark.
    No one makes it in this life by sheer muscle!
God’s enemies will be blasted out of the sky,
    crashed in a heap and burned.
God will set things right all over the earth,
    he’ll give strength to his king,
    he’ll set his anointed on top of the world!

11 Elkanah went home to Ramah. The boy stayed and served God in the company of Eli the priest.

Samuel Serves God

12-17 Eli’s own sons were a bad lot. They didn’t know God and could not have cared less about the customs of priests among the people. Ordinarily, when someone offered a sacrifice, the priest’s servant was supposed to come up and, while the meat was boiling, stab a three-pronged fork into the cooking pot. The priest then got whatever came up on the fork. But this is how Eli’s sons treated all the Israelites who came to Shiloh to offer sacrifices to God. Before they had even burned the fat to God, the priest’s servant would interrupt whoever was sacrificing and say, “Hand over some of that meat for the priest to roast. He doesn’t like boiled meat; he likes his rare.” If the man objected, “First let the fat be burned—God’s portion!—then take all you want,” the servant would demand, “No, I want it now. If you won’t give it, I’ll take it.” It was a horrible sin these young servants were committing—and right in the presence of God!—desecrating the holy offerings to God.

18-20 In the midst of all this, Samuel, a boy dressed in a priestly linen tunic, served God. Additionally, every year his mother would make him a little robe cut to his size and bring it to him when she and her husband came for the annual sacrifice. Eli would bless Elkanah and his wife, saying, “God give you children to replace this child you have dedicated to God.” Then they would go home.

21 God was most especially kind to Hannah. She had three more sons and two daughters! The boy Samuel stayed at the sanctuary and grew up with God.

A Hard Life with Many Tears

22-25 By this time Eli was very old. He kept getting reports on how his sons were ripping off the people and sleeping with the women who helped out at the sanctuary. Eli took them to task: “What’s going on here? Why are you doing these things? I hear story after story of your corrupt and evil carrying on. Oh, my sons, this is not right! These are terrible reports I’m getting, stories spreading right and left among God’s people! If you sin against another person, there’s help—God’s help. But if you sin against God, who is around to help?”

25-26 But they were far gone in disobedience and refused to listen to a thing their father said. So God, who was fed up with them, decreed their death. But the boy Samuel was very much alive, growing up, blessed by God and popular with the people.

27-30 A holy man came to Eli and said: “This is God’s message: I revealed myself openly to your ancestors when they were Pharaoh’s slaves in Egypt. Out of all the tribes of Israel, I chose your family to be my priests: to preside at the Altar, to burn incense, to wear the priestly robes in my presence. I put your ancestral family in charge of all the sacrificial offerings of Israel. So why do you now treat as mere loot these very sacrificial offerings that I commanded for my worship? Why do you treat your sons better than me, turning them loose to get fat on these offerings, and ignoring me? Therefore—this is God’s word, the God of Israel speaking—I once said that you and your ancestral family would be my priests indefinitely, but now—God’s word, remember!—there is no way this can continue.

I honor those who honor me;
those who scorn me I demean.

31-36 “Be well warned: It won’t be long before I wipe out both your family and your future family. No one in your family will make it to old age! You’ll see good things that I’m doing in Israel, but you’ll see it and weep, for no one in your family will live to enjoy it. I will leave one person to serve at my Altar, but it will be a hard life, with many tears. Everyone else in your family will die before their time. What happens to your two sons, Hophni and Phinehas, will be the proof: Both will die the same day. Then I’ll establish for myself a true priest. He’ll do what I want him to do, be what I want him to be. I’ll make his position secure and he’ll do his work freely in the service of my anointed one. Survivors from your family will come to him begging for handouts, saying, ‘Please, give me some priest work, just enough to put some food on the table.’”

Japanese Living Bible

サムエル記Ⅰ 2

ハンナの祈り

1ハンナは祈りました。

「ああ、うれしゅうございます、主よ。
こんなにも祝福していただいて。
私は敵にはっきり答えることができます。
主が悩みを取り去ってくださいましたから。
私は喜びでいっぱいです。
主のように聖なるお方はありません。
あなたのほかに神はないのです。
私たちの神のような大岩はありません。
思い上がりも、尊大さも許されません。
主は何もかもご存じで、
すべての行為をおさばきになるのです。
力を誇った者が弱くなり、
弱かった者が今や強くなっています。
満ち足りていた者が今は飢え、
飢えていた者が満ち足りています。
不妊の女が今は七人の子持ちとなり、
多産の女がもう子を産めません。
主は殺し、
主はいのちをお与えになります。
主は、ある人々を貧しくし、
また、ある人々を裕福になさいます。
主はある者を倒し、
また、ある者を立ち上がらせてくださいます。
主は、貧しい者をちりの中から、灰の山から引き上げ、
高貴な者のように取り扱い、
栄光の座につかせてくださいます。
この世はすべて主のものですから。
主はこの世界をふさわしくされました。
主は信仰者を守られます。
しかし、悪者は暗闇に葬り去られます。
だれも自力でははい上がれません。
10 主は手向かう者を打ちのめし、
天から彼らに雷鳴をとどろかせます。
主は地を隅々までさばき、
ご自分が選んだ王に特別な力を授け、
主に油注がれた者に大きな栄誉をお与えになるのです。」

11 そののちエルカナとハンナは、サムエルを残してラマに帰りました。幼いサムエルは、祭司エリのもとで主に仕える者となりました。

エリの息子たち

12 ところでエリの息子たちは、主をないがしろにする、不道徳でよこしまな者たちでした。 13-14 いけにえをささげている人がいると、しもべを送り、いけにえの動物の肉が煮えている大なべの中に、そのしもべが三つ又の肉刺しを突き刺して、これらはみなエリの息子のものだと宣告しました。彼らは、いけにえをささげて礼拝するためにシロにやって来るすべてのイスラエル人に対して、このように行っていました。 15 時には、祭壇で脂肪を焼く儀式が行われないうちから、しもべをやって、生の肉をよこせと言うことさえありました。焼き肉にして食べるためでした。

16 いけにえをささげている人が、「いくらでもお取りになってけっこうです。しかし、まず〔律法のとおりに〕脂肪をすっかり焼いてしまわなければなりません」と答えると、使いの者はこう言うのです。「いや、たった今ほしいのだ。つべこべ言うなら、力ずくでももらうぞ。」

17 こんなふうに、彼らは主の前に非常に大きな罪を犯しました。主へのささげ物を侮るようなことをしたからです。

18 サムエルはまだ子どもでしたが、一人前の祭司のように、小さな亜麻布の儀式服を着て、主に仕えていました。 19 毎年、母親が小さな上着をこしらえ、夫とともに、いけにえをささげに来る時に持って来てくれていたのです。 20 エルカナとハンナが家路につく前に、エリは二人を祝福し、主にささげた子の代わりに、もっと子どもが授かるよう主に願い求めてくれました。 21 それで主はハンナに、三人の息子と二人の娘を授けました。一方、少年サムエルは、主のもとで成長していきました。

22 エリはすでに高齢に達していましたが、身辺の出来事についてはよくわきまえていました。例えば、息子たちが幕屋(聖所)の入口で仕えている女たちを誘惑したことも、ちゃんと知っていました。

23-25 エリは息子たちを呼びつけて注意しました。「私は民から、おまえたちのおぞましい悪行についてさんざん聞かされた。よくも民を罪に惑わすようなことをしてくれたものだ。少しの罪でもきびしい罰が下るのに、主に対するおまえたちの罪には、どれほど重い罰が下るか知れたものではない。」

しかし、息子たちは耳を貸そうともしませんでした。というのは、主がすでに、この二人のいのちを絶とうとしていたからです。

26 一方、少年サムエルはすくすく育ち、人からも神からも愛されました。

エリへの預言

27 ある日、一人の預言者が来て、エリに主のことばを伝えました。「イスラエルの民がエジプトで奴隷だった時、わたしははっきり力を示したではないか。 28 そして、なみいる同胞の中からあなたの先祖レビを選んで、祭司としたのではなかったか。その務めは、わたしの祭壇でいけにえをささげ、香をたき、祭司の服を着て仕えることだった。わたしは、あなたがた祭司にも、いけにえのささげ物を分け与えたではないか。 29 それなのに、どうしてささげ物を一人占めしようとするのか。わたしよりも息子のほうが大事なのか。よくも親子して最上のささげ物によって肥え太ったものだ。

30 それゆえ、イスラエルの神であるわたしは、こう宣言する。レビ族の一門であるあなたの家系が常に祭司となると約束したのは確かだが、今や、それがいつまでも続くと考えたら、大きな間違いである。わたしは、わたしを重んじる者を重んじる。わたしを侮る者は、わたしも軽んじる。 31 あなたの家系は断絶する。これ以上、祭司を務めるには及ばない。家族全員、長寿を全うせずに死ぬのだ。よわいを重ねる者は一人もいない。 32 あなたがたは、わたしが民に与える繁栄をうらやむだろう。あなたの一族は苦難と窮乏に陥る。だれ一人、長生きできない。 33 かろうじて生き残った者も、悲嘆にくれて日を過ごす。子どもたちは、剣によって殺される。 34 わたしのことばに偽りがないことを見せよう。二人の息子ホフニとピネハスは、同じ日に死ぬことになる。

35 代わりに、わたしは一人の忠実な祭司を起こす。彼はわたしに仕え、わたしが告げるとおり正しく行うだろう。その子孫を末代まで祝福し、その一族を王の前に永遠の祭司とする。 36 だから、あなたの子孫はみな、彼に頭を下げ、金と食物を乞うようになる。彼らはこう言ってすがるだろう。『どうか、祭司のどんな仕事でもさせてください。何とか食べていきたいのです』と。」