The Message

1 Kings 2

11-4 When David’s time to die approached, he charged his son Solomon, saying, “I’m about to go the way of all the earth, but you—be strong; show what you’re made of! Do what God tells you. Walk in the paths he shows you: Follow the life-map absolutely, keep an eye out for the signposts, his course for life set out in the revelation to Moses; then you’ll get on well in whatever you do and wherever you go. Then God will confirm what he promised me when he said, ‘If your sons watch their step, staying true to me heart and soul, you’ll always have a successor on Israel’s throne.’

5-6 “And don’t forget what Joab son of Zeruiah did to the two commanders of Israel’s army, to Abner son of Ner and to Amasa son of Jether. He murdered them in cold blood, acting in peacetime as if he were at war, and has been stained with that blood ever since. Do what you think best with him, but by no means let him get off scot-free—make him pay.

“But be generous to the sons of Barzillai the Gileadite—extend every hospitality to them; that’s the way they treated me when I was running for my life from Absalom your brother.

8-9 “You also will have to deal with Shimei son of Gera the Benjaminite from Bahurim, the one who cursed me so viciously when I was on my way to Mahanaim. Later, when he welcomed me back at the Jordan, I promised him under God, ‘I won’t put you to death.’ But neither should you treat him as if nothing ever happened. You’re wise, you know how to handle these things. You’ll know what to do to make him pay before he dies.”

10-12 Then David joined his ancestors. He was buried in the City of David. David ruled Israel for forty years—seven years in Hebron and another thirty-three in Jerusalem. Solomon took over on the throne of his father David; he had a firm grip on the kingdom.

Solomon

13-14 Adonijah son of Haggith came to Bathsheba, Solomon’s mother. She said, “Do you come in peace?”

He said, “In peace.” And then, “May I say something to you?”

“Go ahead,” she said, “speak.”

15-16 “You know that I had the kingdom right in my hands and everyone expected me to be king, and then the whole thing backfired and the kingdom landed in my brother’s lap—God’s doing. So now I have one request to ask of you; please don’t refuse me.”

“Go ahead, ask,” she said.

17 “Ask King Solomon—he won’t turn you down—to give me Abishag the Shunammite as my wife.”

18 “Certainly,” said Bathsheba. “I’ll speak to the king for you.”

19 Bathsheba went to King Solomon to present Adonijah’s request. The king got up and welcomed her, bowing respectfully, and returned to his throne. Then he had a throne put in place for his mother, and she sat at his right hand.

20 She said, “I have a small favor to ask of you. Don’t refuse me.”

The king replied, “Go ahead, Mother; of course I won’t refuse you.”

21 She said, “Give Abishag the Shunammite to your brother Adonijah as his wife.”

22 King Solomon answered his mother, “What kind of favor is this, asking that Abishag the Shunammite be given to Adonijah? Why don’t you just ask me to hand over the whole kingdom to him on a platter since he is my older brother and has Abiathar the priest and Joab son of Zeruiah on his side!”

23-24 Then King Solomon swore under God, “May God do his worst to me if Adonijah doesn’t pay for this with his life! As surely as God lives, the God who has set me firmly on the throne of my father David and has put me in charge of the kingdom just as he promised, Adonijah will die for this—today!”

25 King Solomon dispatched Benaiah son of Jehoiada; he struck Adonijah and he died.

26 The king then told Abiathar the priest, “You’re exiled to your place in Anathoth. You deserve death but I’m not going to kill you—for now anyway—because you were in charge of the Chest of our ruling God in the company of David my father, and because you shared all the hard times with my father.”

27 Solomon stripped Abiathar of his priesthood, fulfilling God’s word at Shiloh regarding the family of Eli.

28-29 When this news reached Joab, this Joab who had conspired with Adonijah (although he had remained loyal in the Absalom affair), he took refuge in the sanctuary of God, seizing the horns of the Altar and holding on for dear life. King Solomon was told that Joab had escaped to the sanctuary of God and was clinging to the Altar; he immediately sent Benaiah son of Jehoiada with orders, “Kill him.”

30 Benaiah went to the sanctuary of God and said, “King’s orders: Come out.”

He said, “No—I’ll die right here.”

Benaiah went back to the king and reported, “This was Joab’s answer.”

31-33 The king said, “Go ahead then, do what he says: Kill him and bury him. Absolve me and my father’s family of the guilt from Joab’s senseless murders. God is avenging those bloody murders on Joab’s head. Two men he murdered, men better by far than he ever was: Behind my father’s back he brutally murdered Abner son of Ner, commander of Israel’s army, and Amasa son of Jether, commander of Judah’s army. Responsibility for their murders is forever fixed on Joab and his descendants; but for David and his descendants, his family and kingdom, the final verdict is God’s peace.”

34-35 So Benaiah son of Jehoiada went back, struck Joab, and killed him. He was buried in his family plot out in the desert. The king appointed Benaiah son of Jehoiada over the army in place of Joab, and replaced Abiathar with Zadok the priest.

36-37 The king next called in Shimei and told him, “Build yourself a house in Jerusalem and live there, but you are not to leave the area. If you so much as cross the Brook Kidron, you’re as good as dead—you will have decreed your own death sentence.”

38 Shimei answered the king, “Oh, thank you! Your servant will do exactly as my master the king says.” Shimei lived in Jerusalem a long time.

39-40 But it so happened that three years later, two of Shimei’s slaves ran away to Achish son of Maacah, king of Gath. Shimei was told, “Your slaves are in Gath.” Shimei sprang into action, saddled his donkey, and went to Achish in Gath looking for his slaves. And then he came back, bringing his slaves.

41 Solomon was told, “Shimei left Jerusalem for Gath, and now he’s back.”

42-43 Solomon then called for Shimei and said, “Didn’t I make you promise me under God, and give you a good warning besides, that you would not leave this area? That if you left you would have decreed your own death sentence? And didn’t you say, ‘Oh, thank you—I’ll do exactly as you say’? So why didn’t you keep your sacred promise and do what I ordered?”

44-45 Then the king told Shimei, “Deep in your heart you know all the evil that you did to my father David; God will now avenge that evil on you. But King Solomon will be blessed and the rule of David will be a sure thing under God forever.”

46 The king then gave orders to Benaiah son of Jehoiada; he went out and struck Shimei dead.

The kingdom was now securely in Solomon’s grasp.

Japanese Living Bible

列王記Ⅰ 2

ダビデの最期

1死期が近づいたことを悟ったダビデは、息子のソロモンに次のように言い含めました。 「私はもうすぐ、だれもが行くべき所へ行く。あなたは、たくましく、りっぱな後継者になってほしい。あなたを信じている。 主の教えを守り、いつも主にお従いするのだ。モーセの律法にあるおきての一つ一つを守りなさい。そうすれば、どんなことをしても、どこへ行っても祝福される。 また、あなたの子孫たちが正しく歩み、主に忠誠を尽くすなら、イスラエルの王位は一族の間で継承され、ダビデ王朝は絶えないという約束を主は果たしてくださる。

さあ、よく聞きなさい。あなたは、ヨアブが私の二人の将軍、アブネルとアマサを虐殺したことを知っているだろう。戦いの最中で、しかたなくそうしたと言っているが、実は平和な時に起こっているのだ。 あなたは利口者だから、どうしたらいいかわかるだろう。彼を安らかに死なせてはならない。 しかし、ギルアデ人バルジライの子らには親切にし、いつも王の食卓で食事をさせてやりなさい。彼らは、私があなたの兄アブシャロムから逃げた時、親身に世話をしてくれたからだ。 また、バフリム出身のベニヤミン人、ゲラの子シムイのことを覚えているだろう。私がマハナイムに落ち延びた時、激しく私をのろった男だ。それでも、私を迎えにヨルダン川まで下って来たものだから、いのちだけは助けると約束してやった。 しかし、そのような約束はあなたにかかわりのないことだ。あなたなら、どうすればあの男にむごたらしい死を遂げさせられるかわかっているだろう。」

10 こうしてダビデは死に、エルサレムに葬られました。 11 彼は四十年間イスラエルを治めましたが、そのうち七年はヘブロンで、あとの三十三年はエルサレムで治めました。 12 ソロモンが父ダビデに代わって王となり、王国はますます栄えていました。

ソロモンの王位の確立

13 ある日、ハギテの子アドニヤが、ソロモン王の母バテ・シェバにお目どおりを願い出ました。

「私を困らせるために、おいでになったのですか」と、バテ・シェバは尋ねました。

「とんでもありません。 14 実は、折り入ってお願いがあるのです。」

「いったい何でしょう。」

15 「私にとって、今まではすべてがうまくいっておりました。王国は私のものになるはずでしたし、だれもが、次の王になるのは私だと思っておりました。ところが形勢は逆転し、すべて弟のものとなりました。そうなることを、主が望んでおられたからです。 16 そこで今、ほんのちょっとしたことをお願いしたいのです。どうか、お聞き届けください。」

「それはまた、どんな願いですか。」

17 「どうか、ソロモン王にお願いしてください。あなた様のお口添えがあれば、王はかなえてくださるはずです。実は、シュネムの女アビシャグを妻に欲しいのです。」

18 「わかりました。お願いしてみましょう。」

19 そこでバテ・シェバは、ソロモン王に頼みに出かけました。王は彼女が入って行くと、王座から立ち上がり、深く一礼しました。それから、自分の右に席を設けるように命じ、彼女をそこに座らせました。

20 「小さなお願いがあります。ぜひ、聞き届けてください。」

「母上、どんなことでしょう。何なりと伺いましょう。」

21 「あなたの兄アドニヤとアビシャグの結婚を許してほしいのです。」

22 「何ですって? 気がおかしくなられたのですか。アビシャグをアドニヤに与えるとは、王国を与えたも同然ではありませんか。彼は私の兄です。そんなことをしたら、彼は祭司エブヤタルや将軍ヨアブと組んで、私を出し抜くに違いありません。」 23-24 王は激しく怒り、「反逆を企てたアドニヤをこの日のうちに始末しなかったら、主が私を打ち殺してくださるように。父上の王座を私に与え、約束どおり王国を確立してくださった神にかけて誓う」と言いました。

25 そして、王からアドニヤを処刑する役を言いつかったベナヤは、剣でアドニヤを殺しました。

26 それから王は、祭司エブヤタルに命じました。「アナトテの実家に帰りなさい。あなたも殺されて当然だが、今は、そうしたくない。父が王位にあった時、あなたはいつも主の箱をかつぎ、父と苦難を共にしてきたからだ。」

27 こうして、エブヤタルは祭司職を罷免されました。シロでエリの子孫に下った主の宣告が、このようにして実現したのです。

28 ヨアブは、アブシャロムの反乱には加担しませんでしたが、アドニヤの反乱には手を貸したので、彼はアドニヤが殺されたと聞くと主の幕屋に逃げ込み、祭壇の角にしがみつきました。 29 報告を受けた王は、ベナヤにヨアブの処刑を命じました。

30 ベナヤは幕屋に入り、「王が、出て来るようにと仰せだ」と声をかけました。ヨアブは、「いやだ。ここで死なせてくれ」と言って応じません。ベナヤは帰って、王に指示を仰ぎました。

31 「では、彼が言うとおりにせよ。祭壇のそばでヨアブを殺し、葬るがよい。こうして、ヨアブの殺人の罪を、私と父の家から取り除くのだ。 32 彼よりりっぱな二人の人物を殺した責任は、すべて彼にある。父上は、イスラエルの将軍アブネルと、ユダの将軍アマサの死には、全くかかわりがなかった。 33 ヨアブとその子孫は、この殺人の罪を永久に負わなければならない。どうか主が、ダビデとその子孫には、この二人の死についていっさい責任がないことを明らかにしてくださるように。」

34 ベナヤは幕屋に引き返してヨアブを打ち殺し、荒野にある彼の家の近くに葬りました。 35 王はベナヤを軍の司令官に任命し、また、ツァドクをエブヤタルに代わる祭司としました。

36-37 さらに、シムイを呼び寄せて、こう申し渡しました。「このエルサレムに家を建てて住み、町の外へは一歩も出てはならない。町を出てキデロン川を渡ったら、いのちはないものと思いなさい。それでおまえが死んでも、責任は負わない。」

38 「よくわかりました。おっしゃるとおりにいたします。」シムイは、言われたとおりエルサレムに住みつきました。

39 ところが、それから三年後、シムイの奴隷が二人、ガテの王アキシュのもとへ逃亡したのです。そのことを聞くと、 40 シムイはすぐろばに鞍をつけ、アキシュ王に会おうとガテへ向かいました。奴隷は見つかり、エルサレムへ連れ戻されました。 41 シムイがエルサレムを離れてガテに行き、また戻って来たことは、ソロモン王の耳にも入りました。 42 そこで、すぐにシムイを呼び出し、問いただしました。「主にかけて、エルサレムを離れるな、さもないと死ぬことになると言っておいたはずだ。あの時おまえは、『よくわかりました。そのとおりにいたします』と答えた。 43 それなのに、なぜ命令に背いたのだ。 44 私の父にどんな悪事を働いたか、間違っても忘れてはいないはずだ。主がおまえに復讐してくださるように。 45 そして、この私を祝福し、ダビデの子孫をいつまでもこの王座につけてくださるように。」

46 ベナヤは王の命令で、シムイを連れ出して打ち殺しました。こうして、ソロモンの支配は揺るぎないものとなっていったのです。